トラウトフィッシングにおすすめなランディングネットやその選び方をご紹介!

トラウトフィッシングでは繊細なトラウトをできるだけダメージを抑えて捕獲することが重要になります。そこでポイントとなるのがランディングネットの選び方です。今回釣りラボでは、トラウトフィッシング用ランディングネットについて詳しく解説します。

初心者
スポンサーリンク

ランディングネット(タモ網)とは?

ランディングネット

出典:写真AC

魚を釣りあげたときに、虫取り網のような形状のランディングネットを使って魚を確保します。
ランディングネットを使わないと、釣りあげた魚をつかもうとしている間に針が外れて逃げられてしまったり、魚に傷がついてしまったりすることがあります。

小さな魚だとランディングネットを使用しなくても済むことが多いですが、大き目の魚やとげのある魚は暴れたりすると危険だったり、傷がついてしまったりするので、使用した方がよいでしょう。

ランディングネットの選び方

ランディングネットは、フレームの形状やネットの素材、柄の長さなどが選ぶポイントになります。
自分の釣りたい魚の大きさや、釣り場所によって選びます。

丸いフレームはよくある形状で、魚が入れやすく強度が均一なので壊れにくく初心者の方に向いています。
大型の魚を狙っているのであれば、楕円形や卵型でサイズが大き目のフレームを選びましょう。

ネットの素材は、ナイロンやラバーがあり、ナイロンの場合水がよく切れますが、細いので魚の表面やヒレが若干傷つきやすいです。
一方ラバーは水の切れはよくありませんが、魚が傷つくことはあまりありませんので、リリースするのであればぜひラバー素材にしてください。

また、釣りの足場が高い場所であれば柄が長い方が魚をキャッチしやすいです。

ランディングネットの使い方

釣り場が水面から近ければ、魚を水面近くに誘導し、ランディングネットですくいあげます。
水中ですくいあげると魚が無理に暴れないのでダメージを減らすことができます。
水面から距離がある場合は、魚が少し弱るのを待ってから釣りあげ、ランディングネットでキャッチしてください。

スポンサーリンク

トラウト釣りに最適なランディングネットの選び方

トラウト

出典:写真AC

トラウトと言っても、サケやマスといった大型のものから、イワナやヤマメといった小型~中型まで大きさが様々です。
大きさは異なりますが共通して傷が付きやすいので、ランディングネットを使うと素手でつかまえるよりもダメージを減らすことができます

トラウト釣りのときはぜひランディングネットを使用してください。
また、使いやすいランディングネットを求めて自作する方もいます。

選ぶポイント1:網の素材がラバーかどうか

トラウトはぬめぬめしていてつかみにくく、ちょっとした衝撃でも表面に傷がつきやすいです。

陸揚げするときに地面に当たったり、素手で触ったりするだけでも傷んでしまいますので網の素材にはラバーを選んでください
ラバー素材のほうが釣り糸がからみにくい利点もあります。

また、リリースの場合にも傷がつくと死んでしまったり弱ってしまうのでラバーのランディングネットを使用してあげましょう。

選ぶポイント2:フレームの種類

ランディングネットは、フレームによって印象や使い勝手が変わるので自分の用途に合う使いやすいものを選んでください。

ウッドフレームが定番

トラウト釣り用にはウッドフレームが比較的軽く丈夫なため、昔から使用されており定番になっています。
サイズや種類が多くありますので使いやすいものを選ぶことができます。

また、釣りはアウトドアが好きな若い方や女性にも人気が出てきていますので、アイテムにこだわってナチュラルな感じの強いウッドフレームのものを選ぶことで気分を変えることができます。

エリアトラウトではアルミフレームも人気

エリアトラウトと呼ばれる管理釣り場ではアルミフレームのランディングネットが軽いので人気があります。
こうした養殖の釣り場では、大型のトラウトがいることもありますので、釣り場に応じて大きめのランディングネットを持っていきましょう。
エリアトラウトではランディングネットの使用が義務になっている所もあり、有料で貸してくれる場合もあります。

選ぶポイント3:ランディングネットのサイズ

トラウトフィッシングで使うランディングネットのサイズには、小、中、大程度の3種類があります。
小サイズは全長35㎝程度で、小型のウグイやイワナには適しますが、少し大きくなった個体には小さすぎるところがあります。
ただ、持ち運びが容易なので荷物のかさを減らしたい方やランディングネットを試してみたい方にはおすすめです。

一般的には50㎝

柄の長さも含めて全長が大体50㎝程度のランディングネットが一般的にMサイズ、中サイズとして利用されています。
トラウトフィッシングで定番のイワナ、ヤマメは大体が20cm程度ですが、まれに30㎝程度まで育っている個体に出会う場合があります。
フレームサイズが50㎝程度あれば、少々荷物になりますが大きめの個体にも対応でき、トラウトフィッシングに十分な大きさです。

大型を狙う場合は60㎝

ニジマスやサケなど大型のトラウトは体長が50㎝~60㎝以上ありますので、こういった大型のトラウトを狙う場合は、全長が60㎝以上の大型のランディングネットがよいです。
大型になるほど、網の深さが深くなります。

選ぶポイント4:柄の長さ

柄の長さは、海釣り用のランディングネットより短めのものがトラウトフィッシング用になっています。

スポンサーリンク

おすすめのトラウトフィッシングランディングネット

トラウト

出典:写真AC

トラウトフィッシングランディングネットは柄の長さやフレームの形などいろいろなバリエーションで販売されています。
使用する場所や狙う大きさによって使い分けることができます。
おすすめのネットを5点紹介しますので、気になるものがありましたらぜひ使用してみてください。

【プロックス】PX70412CR

アルミフレームで、価格が安く、手軽なランディングネットです。
アルミなので軽くて丈夫で、これから持つ方にオススメです。

【バレーヒル】ラバーコーティングネット

大手メーカーのランディングネットで、網の深さがあるので使いやすいです。
見た目よりも小さい印象があるので、気持ち大きめのサイズを購入されることをおすすめします。

【SOLFIESTA】TROUT LANDING NET

強化軽量フレームなので軽いのに頼りがいのあるしっかりした作りです。
マグネットリリーサーがついていて大変便利です。

【ダイワ】ワンタッチランディングネット

トラウトフィッシング用折りたたみランディングネットです。
場所を取らず持ち運びに便利です。

ナイロンネットですが傷つきにくい素材を使用しています。
ベルトに通せるようになっているので邪魔になりません。

【雅木鐸】木製フィッシングネット

ウッドフレームが独特の形状で光沢があり、高級感があります。
網に深さがあり使いやすいです。
ワンタッチのリリーサーがついていて便利です。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのトラウト用ランディングネット1選

続いて、2021年シーズンに向けた新作の製品をご紹介します。

【アートライズ】ランディングネット

2021年8月、アートライズから発売のトラウト用ランディングネットになります。

フレーム枠は魚に優しいウッド製ですので、リリースする際にも魚を傷めずに戻すことが出来ます。
リリーサーも付属してありますので、別途購入の必要はありません。
ハンドル部分は熱収縮チューブ等で工夫すれば、扱いも楽になるでしょう。

スポンサーリンク

トラウトフィッシング用ランディングネットのまとめ

トラウト

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「トラウトフィッシングにおすすめなランディングネットやその選び方をご紹介!」というテーマに沿って、

  • ランディングネット(タモ網)とは?
  • トラウト釣りに最適なランディングネットの選び方
  • おすすめのトラウトフィッシングランディングネット

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ランディングネットおすすめ8選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!
釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ランディングネットの選び…
ラバー素材のランディングネット(タモ網)の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介
ランディングネットは釣りの際に必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットは素材によって使いやすさが違…
ランディングネット(タモ網)の携帯方法を解説!おすすめの商品も紹介
渓流釣りなどでランディングネットを用いる際には持ち運びやすさがとても重要になってきます。そこで今回釣りラボでは、ランディ…
青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る…
ランディングネットの簡単な編み方を解説!網目の種類や減らし目の方法も紹介
釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットを自分で編むことはで…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン