【2022年】クローワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、クローワームをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、クローワームの特徴、おすすめのクローワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のクローワームをご紹介します。

ワーム ロックフィッシュ
スポンサーリンク

クローワームの選び方

エコギア(Ecogear) ルアー ロッククロー2インチ#409 ロックベイトシナモン

クローワームは主に甲殻類を模して作られています。
バス釣りやアイナメ・ヒラメなどのロックフィッシュの他、チヌをターゲットにしたチニングなどさまざまな釣りで使用されるワームです。

主にバス釣りではテキサスリグをセットして使用され、ザリガニやエビを演出して魚にアピールします。

ロックフィッシュは甲殻類を捕食していることが多いので、それらを模したクローワームにテキサスリグをセットしてよく使用されます。

クローワームの独特な形状はボトム攻略に特化したものが多く、ロックフィッシュでは必須なワームと言えます。

現在各メーカーから数多くのクローワームが販売されているため、選び方やどの商品がいいか悩まれている方も多いはずです。

そこでここから、クローワームの選び方のポイントからおすすめの商品をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...

選ぶポイント1:ワームのカラー

甲殻類をイメージしたい場合は赤やオレンジが定番のカラーです。
アピール力を求める際はシルエットがはっきり出せる黒系やチャート系がおすすめです。

よりナチュラルさを求めるのであればグリパンやウォーターメロンがおすすめです。
釣り場の状況に対して臨機応変にカラーを選択してみてください。

選ぶポイント2:ワームの形状

クローワームにはツメやひげ、足などのさまざまなパーツが付いており大きさやパーツの数によって、アクションや動きに違いが出てきます。

パーツの数が多いほどアピール力が高く、それぞれのパーツが水中で連動して自発的アクションをします。

一方で比較的パーツが少ない形状のものは、カバーなどの障害物に対して引っ掛かる要素が少なく積極的にアプローチができます。

アピール力を重視するか、すり抜け性能を重視するかにより選択は分かれますのでぜひ意識してみてください。

スポンサーリンク

クローワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

ワンナック(One Knock) デビルエイトクロー 23g チャート

それでは実際におすすめのクローワームを6つご紹介します。
クローワーム上位のものや、コスパがいいおすすめ商品を厳選しています。

釣り初心者の方や、クローワームに悩まれている方必見です。
ぜひ参考にしてみて下さい。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】ロッククロー

ロックフィッシュゲームで実績がありロングセラーのワームです。
パーツの大きさと数が絶妙なのでいいアクションをしてくれます。
また匂いにもこだわり、ハイプレッシャーなフィールドで頼りになるワームです。

ワンナック(One Knock)

【ワンナック】デビルエイトクロー

根がかり回避能力に優れた形状に、ツメ部分にエアホールを設けているため威嚇ポーズを得意としたワームです。
また自発的反響を発し魚にアピールします。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】ガルプ! SWパルスクロー

独特な味と匂いが特徴のワームです。
パーツが少ないため障害物との干渉が少なく積極的にアプローチできます。
また柔らかい質感ながら針もちがいいのもおすすめのポイントです。

deps(デプス)

【デプス】スパイニークロー

コンパクトなボディに対し大きなツメが付いているのが特徴のワームです。
ツメ以外にも細かな足やひげが付いており、着底後ゆっくりと倒れ自発的アクションをします。

バス釣りはもちろんロックフィッシュでも使用できるタイプで、耐久性にも配慮されています。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】ドライブクロー

クロー系ワームの中でも、実績が高い人気の商品です。
バスやロックフィッシュが好物な甲殻類を模したデザインに、2本の爪が強い波動を出します。
爪以外のパーツもわずかな水流で動き、大胆かつ繊細に誘えるワームです。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】キッカーバグ

各パーツの先端がボール状になっているため、フォール時やアクション時に微波動を生み出します。
さまざまなリグと相性がいいためアングラーの使い方や動かし方次第で、デカい魚を誘うことができる優秀なワームです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのクローワーム3選

バークレイ(Berkley) ワーム ガルプ SWパルスクロー 3インチ レッド G2SQPC3-RD

最後に2022年最新のクローワームをご紹介します。
近年販売される新製品は、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、でかい魚もキャッチしていきましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】カバークローグランデ

塩を多く配合した、高比重マテリアルを使用しています。
ナチュラルにアピールするパーツが付いており、着底後は倒れ込みアクションで魚の本能を刺激します。
高比重なため飛距離がよく出て、カバーなども快適にアプローチ可能です。

一誠+

【一誠】ダニー

全脚独立自発アクションがコンセプトの甲殻類型ワームです。
水流を受けた時に8本の脚が艶かしく動き、多脚生物を演出します。
またテキサスリグ・ジグヘッド・ノーシンカーなどあらゆるリグに対応しています。

メガバス(Megabass)

【メガバス】フワバグ 2.5inch

2021年にメガバスから発売されたフワバグ 2.5inchは、大型アームを纏った本格派のクローワームになります。

ボディー構造を中空にすることで、どのリグにセットしても自立してくれるため、アクションも最小限の動きで魚にアピールすることが出来ます。

自ずと根掛りも減少し、全身に形成されたリブから波動を発し、魚を寄せてくれます。

スポンサーリンク

クローワームについてまとめ

deps デプス スパイニークロー 3.5inch deps SPINY CRAW 【1】 #117ボスザリ 3.5inch

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】クローワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • クローワームの選び方
  • クローワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのクローワーム3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】クロー系ワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
さまざまな種類があるクロー系ワーム選びに迷われている方必見です!今回、釣りラボでは、クロー系ワームの特徴、おすすめのクロ...
ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2023年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2023年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2023年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2022年】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンパーにおすすめのワンタッチテントはどれ?今回、キャンプライクでは、ソロ用ワンタッチテントの特徴、おすすめのソロ...
【2022年】コンパクトな寝袋マットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
キャンパーさん必見!今年度注目のコンパクトな寝袋マットはこちら!今回、キャンプライクでは、コンパクトな寝袋マットの特徴、...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン