【2022年】ハゼ釣り向けのワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームのなかでも、ハゼ釣りに使えるものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、ハゼ釣り向けのワームの特徴、おすすめのハゼ釣り向けのワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のハゼ釣り向けのワームをご紹介します。

ワーム
スポンサーリンク

ハゼ釣り向けのワームの選び方

JACKALL(ジャッカル) ワーム ペケリング 2インチ イソメグロークラッシュ

ハゼ釣りはワームとジグヘッドを組み合わせた”ジグ単”が多用されます。
専用のワームはあまり見かけないので、ライトソルト用のアイテムを代用すると良いでしょう。

ここからは、ハゼ釣り向けのワームの選び方や、コスパに優れたおすすめのアイテムをご紹介していきます。

まずは、ワームの選び方を見ていきましょう。

選ぶポイント1:ワームの種類

ハゼ釣りで使用されるワームは「イソメタイプ」「ストレート系」「ピンテール系」です。
これらのワームはハゼの小さな口でも吸い込みしやすいため、僅かなアタリを拾いフッキング率を上げてくれます。

選ぶポイント2:サイズ

ワームのサイズは「2インチ〜4インチ」前後の範囲を選びます。
この範囲のサイズを基準に、釣り場の状況や狙うハゼのサイズなどに合わせてピックアップしましょう。

スポンサーリンク

ハゼ釣り向けのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

マルキュー(MARUKYU) ワーム パワーミニイソメ 約4.5cm 桜イソメ(夜光) ルアー

ここからはおすすめの「ハゼ釣り向けのワーム」を6つご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを厳選しました。

購入を検討している方、ぜひチェックしてみてください。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ペケリング

ボディにリング状のリブを張り巡らしたハゼ釣り向けのワームです。
水噛みが良いため、小型ながらパワフルな波動を生み出し広範囲にアピールをしてくれます。

また、極薄のテールを搭載し、繊細なハゼの吸い込みを妨げない仕様を備えています。

マルキュー(MARUKYU)

【マルキュー】パワーミニイソメ

圧倒的な生命感を生み出すハゼ釣り向けのワームです。
アタリがあるけど掛からない状況の時は、ワームをカットして使用することができフッキング率を向上させてくれます。

水中での超生命体波動で脅威の集魚力・喰わせ力を誇るため、さまざまな場面において抜群の威力を発揮してくれます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 アジングビーム極み2

ボディに特濃エビ粉とアミノXを配合したハゼ釣り向けのワームです。
圧倒的な集魚力と喰わせ力を高次元で兼ね備えており、タフな状況でも唯一釣果をもたらしてくれるアイテムです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】アミアミ

操作性抜群なハゼ釣り向けのワームです。
ボディにリブが入っているため、水を良く噛み繊細なロッドワークにも機敏に反応を示す高レスポンス性を発揮します。

水中での圧倒的なビジュアルは多くの魚を惹きつけバイトを誘発してくれます。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】熟成アクア 活メバルミノー

安定したスイミングをしてくれるハゼ釣り向けのワームです。
コンパクトながら飛距離を出すことができるため、優れたサーチ力と喰わせを両立しておりあらゆるシーンで活躍すること間違いないです。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】ガルプ

細身のボディシルエットを採用したハゼ釣り向けのワームです。
口の小さなハゼでもしっかりと口に収まるシルエットなので、フッキングが決まりやすくなります。

また、ボディに匂いを配合しているため抜群の集魚力を誇ります。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのハゼ釣り向けのワーム2選

ダイワ(DAIWA) ワーム 月下美人 アジングビーム 極み 2インチ 焼たらこ ルアー

最後に2021年以降に発売された「ハゼ釣り向けのワーム」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年のハゼ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてみてください。

【ミザール】ラニーノーズII

喰わせ能力に優れたハゼ釣り向けのワームです。
極細テールを搭載しているため、アクションを加えると極めてナチュラルな振動を生み出し、タフコンディション時に圧倒的集魚力を見せつけてくれるでしょう。

また、耐久性に優れており針持ちが良い点も見逃せないポイントです。

ノーブランド品

【TSURINOYA】LURKER

コストパフォーマンス最強ハゼ釣り向けのワームです。
値段が300円と非常にリーズナブルなので、ロストを気にすることなく積極的な釣りを展開することができます。

ボディにエビ粉を配合しているため、抜群の集魚パワーで多くの魚を射止めます。

スポンサーリンク

ハゼ釣り向けのワームについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) ワーム アミアミ 2.3インチ イソメグロークラッシュ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ハゼ釣り向けのワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ハゼ釣り向けのワームの選び方
  • ハゼ釣り向けのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのハゼ釣り向けのワーム2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2023年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2023年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2023年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2023年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン