【2022年】チヌ釣り向けのワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、チヌ釣りに適したワームをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、チヌ釣り向けのワームの特徴、おすすめのチヌ釣り向けのワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のチヌ釣り向けのワームをご紹介します。

ワーム ルアー
スポンサーリンク

チヌ釣り向けのワームの選び方

エコギア(Ecogear) ルアー チヌ職人 バグアンツ 2インチ #342 10401

チヌとはクロダイの別名で、関西から西の方はクロダイのことをチヌと呼ぶことが多いようです。

チヌをルアーで狙うことをチニングといいます。
チヌは全国で釣ることができ、河口付近や磯などに生息しています。

ウキフカセ釣りや落とし込み釣りなど、様々な仕掛けで釣ることができ、夜でも狙うことができるのでチヌは非常に人気のターゲットとなっています。

チヌは雑食の魚で、甲殻類や小魚、昆虫など何でも食べます。
そのためルアーはもちろん、メタルジグ、ワームなど何でも食いつきます。

今回はチヌ釣りにおすすめのワームを紹介します。

選ぶポイント1:色で選ぶ

ワームのカラーはその時の状況によって使い分けることが重要です。

晴天の時や、水の濁りが弱い時は水に馴染みやすいクリア系のカラーがおすすめです。
クリア系のカラーは様々な場面で使える万能なカラーなので、1つは持っておくといいでしょう。

天候が悪い時や、水が濁っている時はブラックやピンクなどの目立ちやすいアピール系のカラーがおすすめです。

色違いのワームを複数揃えておくといいでしょう。

選ぶポイント2:大きさで選ぶ

ワームのサイズは2インチ前後を基準にして選ぶといいでしょう。
サイズが小さいワームでも、チヌは反応してくれます。

ただ、小さいワームだと小さな魚も反応してしまうので、大物のチヌを狙いたい場合はアピール力の強い大きめのワームを使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク

チヌ釣り向けのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

エコギア(Ecogear) ルアー グラスミノーM 2‐1/2インチ #010 2743

それでは、チヌ釣りにおすすめのワームをランキング上位の人気商品を中心に6つ紹介します。
チヌ釣り用ワームを購入する際の参考にしてみてください。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】チヌ職人 バグアンツ

チヌをを狙うために選び抜かれたワームで、チヌに効果のあるモデルやカラーを厳選しています。
細身のシルエットに存在感のある腕と触覚で、バランスの良いボディになっています。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】グラスミノー

サイズバリエーションとカラーが非常に豊富なワームとで、凡用性が高いワームになっています。
ボディをローリングさせるウォブリングアクションがチヌを魅了します。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】ファイティングクロー

ズル引けばツメがゆらゆら揺れ、止めればツメを持ち上げチヌに大きくアピールすることができます。
ボディの両サイドから出ている足が転び防止になっており、転びによる根掛かりを回避してくれます。

ケイテック(KEITECH)

【ケイテック】スイングインパクト

肉が薄く、シャープな形状になっており、水流負けしないテールデザインのワームとなっています。
テールが水の抵抗でめくれ上がるのを阻止するため、キールがワームの下端まで伸びています。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】ガルプ! SWパルスワーム

細身のボディが特徴のワームで、強烈な匂いと味がするウォーターベースマテリアルを使用しています。
48本の足が水流によって微振動を発し、チヌを誘い出します。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】チャンクロークロダイ2.8インチ

多彩なパーツを備えているため、コンパクトながらボリューム感のあるワームとなっています。
大きな腕とカーリーテール状のツメによる複合アクションを発生させてチヌにアピールします。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのチヌ釣り向けのワーム3選

メジャークラフト ルアー ワーム ファイティングクロー 3.2inc(8.1cm) #101 GLOW夜光 FCW3.2

続いて、2021年に発売された新製品を2つ紹介します。
新作のワームを使って2022年のチヌ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メガバス(Megabass)

【メガバス】フワバグ

ボリュームのある大きな中空ボディが特徴のメガバスの新作ワームです。
中空ボディにより長時間のバイトとフッキング率の向上を実現しています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】シルバーウルフ アーバンクローラー

フリーリグスタイルのチニングゲームの第一人者である森テスター氏が監修したダイワの新作ワームです。
魚の活性を引き上げ、魚を引き寄せる「アミノX」を配合しており、抜群の集魚力を発揮します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】HRF® KJホッグ 2.2インチ

HRF® KJホッグ 2.2インチは、2020年にダイワから発売されたロックフィッシュ用小型ホッグ系ワームになります。

ガシラや大型メバル以外にも、防波堤際のヘチ釣り、キャストで沖目のボトムを狙うチニング(クロダイ狙い)でも、リアル形状とハイアピール力で魚を誘え、グロー系を選択すればナイトゲームも可能になります。

スポンサーリンク

チヌ釣り向けのワームについてまとめ

KEITECH(ケイテック) ルアー スイングインパクト3" 400 アユ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】チヌ釣り向けのワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • チヌ釣り向けのワームの選び方
  • チヌ釣り向けのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのチヌ釣り向けのワーム3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

チヌ釣り向けのワーム
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2023年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2023年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2023年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2023年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...
【2022年】サウナハットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
近年はやっているサウナ。サウナハットを被ることで、のぼせや頭髪が傷むのを防げます。今回、ベストハックでは、サウナハットの...
【2022年】いわしの缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
そのままでもよし、アレンジして食べても美味しくて保存に便利ないわしの缶詰はどんな世代にも人気です。今回、ベストハックでは...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン