【2022年】ビッグベイトロッドおすすめ14選!特徴やコスパ最強製品の選び方も

ビッグベイトを使った釣りには、そのサイズにあった専用のビッグベイトロッドを用意しなくてはいけません。今回、釣りラボでは、ビッグベイトロッドの選び方や、人気メーカーのおすすめロッド、2022年の新製品をご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣り竿 ベイト

そもそもビッグベイトとは?

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ファストムービング&ビックベイト 1710H+-SB マグナムサイズクランクベイト 巻き系

ビッグベイトとは、大きいルアーのことで、一般的に150mm以上のルアーのことを指します。
ビッグベイトを使うことで、大物をターゲットとすることができます。
バス釣りやシーバスでよく使われますが、雷魚もビッグベイトで狙うことができます。

ビッグベイトロッドの選び方

メガバス(Megabass) LEVANTE(レバンテ) JP(2019) F7-72LV

ビッグベイトを扱うには、ビッグベイトロッドが必要不可欠です。
ここでは、ビッグベイトロッドの選び方についてご説明します。

選ぶポイント1:ビッグベイトの重さ

ビッグベイトロッドには、ビッグベイトの重さに負けないパワーが求められます。
ビッグベイトの重さは、1.5ozから10oz以上あるものまで様々です。
自分の使いたいビッグベイトの重さをチェックしたら、ロッドの規格表で適応ルアーウェイトに対応しているかを確認しましょう。

よく使われているのは1.5ozから2ozのビッグベイトです。
注意したいのは、ビッグベイトはサイズが少し違うだけでルアーウェイトが大きく変化するという点です。
なので、できればロッドは3oz以上対応しているものを選ぶことをおすすめします。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

使いたいビッグベイトの重さがわかると、ロッドの硬さも決まってきます。

ビッグベイトは2oz以上のものが多いので、XH(エクストラヘビー)以上のロッドを選ぶとよいでしょう。
5oz以上のジャイアントベイトを使う場合は、XXH(ダブルエクストラヘビー)となります。
2oz程度のものの場合、状況次第ではH(ヘビー)クラスのジグロッドでも使えるかもしれません。

ただし、とにかく硬いロッドを選べばよいというわけではありません。
ルアーウェイトに対して硬すぎるロッドでは、飛距離が出にくかったり感度が悪くなる可能性もあります。
ルアーに合わせたロッドの硬さを選ぶことが重要です。

選ぶポイント3:ロッドの長さ

ビッグベイトロッドの長さは、7~8フィート前後のロングレングスのものがおすすめです。
ビッグベイトで大型のバスを狙うには、バスに気付かれないようにアングラーとの間に距離が必要となってきます。
長さのあるロッドでロングキャストをすることにより、バスとの距離を確保することができます。

選ぶポイント4:ロッドの調子

ロッドの調子のことをテーパーと言い、ロッドがどこから曲がるのか、どんな曲がり方をするのかを表しています。

ビッグベイトロッドの場合、初心者から中級者まで使いやすいレギュラーテーパーのものが多いです。
ロッドアクションをメインにしたスタイルの方には、ルアーの細かい操作がしやすいファーストテーパーがおすすめです。
レギュラーファーストテーパーは、キャストやロッドアクションなど全体的に見て、バランスの取れたタイプとなります。

おすすめのビッグベイトロッド7選!

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ホーネットスティンガープラス HSPC-671X-BB バス釣り 釣り竿 ベイトロッド 1ピース

それでは、ビッグベイトのウェイトごとビッグベイトロッドのおすすめをご紹介します。

【4oz以下】おすすめビッグベイトロッド2選

4oz以下のビッグベイトに対応しているロッドは、次の2点がおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】17エクスプライド1710H+-SB

エクスプライドシリーズの中でもこのモデルは、巻き物のビッグベイトに特化したモデルです。
2ピース設計となっているので、持ち運びにも便利です。

メガバス(Megabass)

【メガバス】レバンテF7-72LV

レバンテシリーズの日本モデルで、適合ルアーウェイトは1/2~3ozです。
軽量ですが、ビッグベイトでもしっかり振り抜けるキャスティング能力を備えています。

【4〜6oz】おすすめビッグベイトロッド2選

4~6ozでは次の2点のビッグベイトロッドがおすすめです。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ホーネットスティンガープラス

少し短い6.7フィートのショートレングスで接近戦に向いています。
マイクロガイドシステムなどハイスペックな機能を搭載しつつ、安い価格でコスパがよいです。
ランキングでも上位に入っており、人気のあるモデルです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ブラックレーベル64H-3

3/8~5ozまで対応しており、バスだけでなく雷魚にも活躍できます。
エクスペディションモデルはコンパクトにできる設計なので、遠征にも便利です。

【6oz以上】おすすめビッグベイトロッド2選

6oz以上対応のビッグベイトロッドは、次の2点がおすすめです。

deps(デプス)

【デプス】ヒュージカスタムH3S-81RF

10ozクラスのマグナムベイトまで対応しているパワーのあるモデルです。
ルアーの動きを制限しない、フレキシブルなディップ設計です。

ガンクラフト(GAN CRAFT)

【ガンクラフト】デッドソード尺ワン

ジョイクロ303尺ワン専用ロッドとして誕生したロッドで、4~12ozの幅広いルアーウェイトに対応しています。
操作性とパワーを兼ね備えたモデルです。

【2021年〜2022年新作】ビッグベイトロッドおすすめ6選

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベル エクスペディション 64H-3 釣り竿

最後に、2020年以降に発売された新作ビッグベイトロッドのおすすめを2点ご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】リベリオン651XHSB-SB

14~156gまでの様々なルアーに対応しているモデルです。
おかっぱりだけではなく、レンタルボートでも活躍が期待できます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】20ゾディアス172H-2

シマノのゾディアスシリーズは、リーズナブルな価格ながら基本性能がしっかり備わっていて、入門機としても人気があります。
172H-2は、42gまでのビッグルアーに対応しています。

【ブリスト】コモド 7.5H

30~120gのビッグベイトを投げることを目的に開発されたのがブリストのコモド7.5Hです。
ビッグベイトを気持ちよくアクションさせるためにこだわったティップは多くのビックベイターが求めていた操作感を得ることができるでしょう。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】BPM B1-C73XHSB

2021年フルモデルチェンジを果たしたBPMシリーズのビッグベイト対応モデルです。
120gまでのビッグベイトを豪快にキャストできます。

パワーゲーム特化モデルながら、しなやかで粘りのあるブランクスを採用。
バイトも弾きにくく、ビッグバスのパワーをしなやかに受け止めます。

手ごろな価格帯で、ビッグベイト初挑戦の方にもおすすめです。

フェイズ

【エバーグリーン】フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオン

2016年、エバーグリーンから発売のビッグベイトキャスティング専用ロッドです。

フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオンは、菊元俊文氏のビッグベイト専用機として製作されたロッドになります。
特筆なのは圧倒的なリフティングパワーで、ランカーバス相手でも力負けしないパワーロッドであることです。

トーナメントでも使用するバサーが多数おり、発売から数年経過した今でも人気の衰えないバスロッドです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ワールドシャウラBG 1954R-3

シマノから2021年に発売のビッグベイトロッドになります。

ワールドシャウラBG 1954R-3は、ロングブランクスを搭載しながら4ozのビッグベイトを通常キャストする事が可能なハイパワーロッドです。
テクニカルキャストであれば5ozクラスもキャスト可能になります。

雷魚やランカーバスに加え、アカメやシーバス、大型青物までの大型魚種をベイトリールの太糸で仕留める事が出来るブランクス設計になっています。

レイドジャパン

【レイドジャパン】グラディエーターアンチ GA-75XXHC

レイドジャパンから2021年発売のベイトキャスティングロッドになります。
グラディエーターアンチ GA-75XXHCは、高弾性と高剛性を両立させた、ビッグベイトゲームを主眼においた遠投型ハードロッドです。

ランカーバス狙いのビッグベイトキャストや、近年流行の大型ロックフィッシュのビッグベイトキャッチなど、重量ルアーに適応したベイトロッドに仕上がっています。

JetSlow

【ジェットスロウ】ジェットセッター 78C

ジェットセッター 78Cは、2020年発売のツララ製作、ジェットスロウブランドで発売された、ワールドモンスター対応のベイトキャスティングロッドになります。

4ピースマルチパックからなるブランクスは、ルアーの重量が上がる毎に弾力性を発揮し、フッキング後は強烈なバッドの力とリフティングパワーで、大型フッィシュを確実に獲りに行けるロッドです。

ビッグベイトロッドについてまとめ

deps(デプス) SIDEWINDER HUGE CUSTOM H3S-81RF

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ビッグベイトロッドおすすめ14選!特徴やコスパ最強製品の選び方も」というテーマに沿って、

  • そもそもビッグベイトとは?
  • ビッグベイトロッドの選び方
  • おすすめのビッグベイトロッド7選!
  • 【2021年〜2022年新作】ビッグベイトロッドおすすめ6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シーバス向けビッグベイトロッドおすすめ人気10選!選び方や新製品も
シーバスをビッグベイトで狙う際、どのようなロッドで挑むと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、シーバス向けビッグベイトロ...
【2022年】おすすめのビッグベイト15選!おすすめのロッド・リールもご紹介
シーバス・バス釣りの際に使われることが多いビッグベイト。今回釣りラボでは、そんなビッグベイトの魅力やおすすめのビッグベイ...
【2022年】ビッグベイトリールおすすめ15選!最適なギア比・糸巻き量をご紹介
ビッグベイトで釣果を上げるためには、リール選びがとても重要です。今回、釣りラボでは、そんなビッグベイトリールの選び方をギ...
【素材別】ビッグベイト用ラインおすすめ9選!失敗しない選び方や結び方も解説!
ビッグベイト用のラインは種類が多く迷ってしまいますよね。また、ルアーが大きく、ライン選択が正しいか不安に思う人もいます。...
【2022年】シーバス用ビッグベイトリールおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
ビッグベイトリールを使うことで、大きなシーバスを釣ることができます。今回、釣りラボでは、シーバス用ビッグベイトリールの特...
【2022年】極厚なヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ヨガをはじめ、極厚なヨガマットがあると安心ですよね。今回、トレウィズでは、極厚なヨガマットの特徴、おすすめの極厚なヨガマ...
【2022年】防寒サウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
防寒にちょうどいいサウナスーツをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、防寒サウナスーツの特徴、おすすめの防寒...