【2022年】テンカラ釣り向けショートロッドおすすめ人気8選!メリットやコスパ最強製品も

【テンカラ釣りに行くなら読むべき】今回、釣りラボでは、テンカラ釣り向けショートロッドの特徴、メリット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のテンカラ釣り向けショートロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ライン・釣り糸

テンカラ釣りにショートロッドを使うメリットとは?

宇崎日新 ロッド プロスクエアー スーパーテンカラ 7:3 320

テンカラ釣りとは、日本古来の疑似餌釣りで「ロッド・ライン・ハリス・毛バリ」の4つがあれば出来るとてもシンプルな釣りです。

メインの釣り場は渓流域で、イワナやヤマメなどを釣ることができます。
では、テンカラにショートロッドを使うメリットを見てみましょう。

メリット1:取り回しやすさ

テンカラにショートロッドを使うメリットは、取り回しのしやすさです。
テンカラのメインフィールドは主に川幅の狭い渓流域です。

渓流域では長すぎるロッドは、取り回ししづらく、扱いにくいのです。
そこで、ショートロッドならば、狭い釣り場でキャストもしやすいでしょう。

メリット2:携帯性

テンカラショートロッドには、コンパクトになるものが多々あります。
コンパクトロッドは携帯性にすぐれ、持ち運びにも便利です。

ポイントを変えて釣りをする渓流域では、携帯性に優れたロッドは重宝するでしょう。

テンカラ釣りにおすすめショートロッドの選び方

宇崎日新 竿 ロイヤルステージ テンカラ 6:4 3207

テンカラ釣りでは、軽い毛バリを飛ばしやすい、取り回しのしやすいロッドを選ぶのがおすすめです。

テンカラ釣りはキャストする回数も多く、耐久性も求められます。
では、テンカラショートロッドを選ぶポイントを見てみましょう。

選ぶポイント1:調子

テンカラショートロッドを選ぶ際に重要なのが、「調子」です。
テンカラでは、ラインの重みを使って、毛バリを思った所へキャストする釣りです。

そしてロッドの反発力によって毛バリをポイントまで送ります。
そのため、硬すぎても柔らかすぎてもダメなのです。

具体的には、本流のような開けた場所では「6:4」、少し川幅の狭い所では「7:3」あたりがおすすめです。
迷ったら、万能な「7:3」を選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント2:長さ

テンカラロッドの長さは、川幅で決めるのが基本です。

川幅の狭い源流域では3m前後、渓流域では3.4m〜3.8mくらい、川幅の広い本流域では4m以上を選ぶと良いでしょう。

ショートタイプのロッドの中にはパックロッドもあります。
パックロッドは、コンパクトになるので持ち運びにも便利です。

テンカラ釣りにおすすめショートロッド人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ロッド 渓流竿 天平(てんぴょう) テンカラNB LLS33 やや胴に乗る本調子 小継 エントリーロッド

現在販売されているロッドの中から、人気のコスパ最強テンカラ釣り向けショートロッドを6選ご紹介します。

【宇崎日新】プロスクエアー スーパーテンカラ 7:3 3207

7:3の万能調子で扱いやすいテンカラショートロッドです。
長さ3.15mで7本継ぎです。

カーボンソリッド穂先、コルクグリップを採用しています。

【宇崎日新】ロイヤルステージ テンカラ 6:4 3207

カーボン97%使用で高い耐久性のテンカラロッドです。
カーボンソリッド穂先、コルク型のひょうたんグリップを採用しています。

長さも3.15mと取り回ししやすいので、おすすめです。

【シマノ】渓流竿 天平テンカラNB LLS33

シマノのテンカラロッド「天平」のショートタイプ3.3mのロッドです。
やや胴に乗る本調子でエントリーモデルにも最適です。

フロロのレベルラインと相性が良く、キャストもしやすいのでおすすめです。

【シマノ】テンカラBB キット33

シマノのテンカラロッドと専用ライン・毛バリのセットです。
完成仕掛け付きなので、これがあればテンカラを始められます
入門にもちょうどよいセットです。

【ダイワ】渓流竿NEO テンカラ32

3.2m8本継ぎのテンカラショートロッドです。
ダイワの高密度HVFカーボンを使用し、さらにX45を搭載してネジレを抑制する仕様となっています。

【ダイワ】テンカラX 30

ブレーティングX、メガトップを採用した本格仕様のテンカラロッドです。

コスパも良く、キャスト性能も良い入門にもピッタリのロッドです。
ラインもレベルラインからテーパーラインまで幅広く対応しています。

【2022年新作】おすすめのテンカラ釣り向けショートロッド2選

シマノ(SHIMANO) ロッド 清流 テンカラ テンカラ BB キット 33 2018 64g ヤマメ イワナ

2021年から2022年に販売された新作ロッドの中から、おすすめのテンカラ釣り向けショートロッドを2選ご紹介します。

【river peak】POPSTAR テンカラロッド

2021年に発売された、2.7mの胴軟調子テンカラロッドです。
カラフルで子供から大人まで気軽にテンカラ釣りが楽しめます

東レ社の日本製カーボンを使用し、穂先はソリッドです。

【PROX】グランテンカラセット300

プロックスの2021年発売「テンカラセット」です。
テンカラセット300は、取り回しが良く初心者にもおすすめです。

ロッド・ライン・ハリス・毛バリ・ケースもセットになったスターターセットです。
一式セットになるので、収納・持ち運びにも便利です。
トップはローラートップを採用し、糸絡みやヨレを防止します。

テンカラ釣り向けショートロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) 渓流竿 NEO テンカラ 32 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】テンカラ釣り向けショートロッドおすすめ人気8選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • テンカラ釣りにショートロッドを使うメリットとは?
  • テンカラ釣りにおすすめショートロッドの選び方
  • テンカラ釣りにおすすめショートロッド人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのテンカラ釣り向けショートロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

テンカラ用ショートロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン