ウッカリカサゴの由来とは?レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ウッカリカサゴの特徴、生態、名前の由来、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ウッカリカサゴとは?その特徴・生態をご紹介

出典:写真AC

今回は、ウッカリカサゴの名前の由来から生息地や料理、釣り方までご紹介します。
この記事を見れば、ウッカリカサゴについて全体的な知識を得ることができます。

ウッカリカサゴは、卵胎生という形態で繁殖し、卵は孵化するまでメスのお腹の中で待機します。
そして、仔魚になってからようやく体内から出てきます。

ここから稚魚になり、そして幼魚になっていくときに海流によって他の場所へと移動させられ、最終的に流れ着いた場所で新たなコミュニティを作るとされています。

ウッカリカサゴの呼び方

ここでは、ウッカリカサゴの名称について説明いたします。
どんな意味があるのか一緒に見ていきましょう。

名前の由来

ウッカリカサゴの名前の由来は、少しユニークです。

阿部宗明先生という有名な魚類学者が、このカサゴの論文を発表するため名前を整理したりしているうちに発表するのを忘れてしまっており、「他のカサゴと区別することをウッカリしていた。」というところから、ウッカリカサゴという名前がついたとされています。

漢字名

漢字名では、うっかり笠子やうっかり瘡魚と呼ばれます。
この瘡魚というのはカサゴの斑点が皮膚のできた瘡に似ているためつけられました。

別称・別名

東海や関東では、カンコ、ボウチョウカサゴ、ビックリガシと呼ばれています。
四国や中国では、オキボッコ、ホゴ、ボテコ、ホガなどと呼ばれています。

英語・外国名

英語名では、「Red Marbled Rockfish」(レッドマーブルロックフィッシュ)、もしくは「Yellowbarred red rockfish」(イエローバードレッドロックフィッシュ)などと呼ばれます。

他にも、「Absent-minded Scorpionfish」(アブセントマインドスコーピオンフィッシュ)と呼ばれることもあります。

学名

学名は、「Sebastiscus tertius」です。

Sebastiscusはギリシア語で尊厳という意味、tertiusはラテン語で第三という意味があります。
ちなみに、Sebastiscusという言葉は学名として多くのカサゴに使われています。

生息地

生息地はカサゴよりも水深が深いところに住んでおり、およそ水深30~150mまでに生息しているといわれています。
しかし、小さな個体であればカサゴと似たような水深に生息することもあり、浅い場所でもウッカリカサゴが釣れてしまうこともあります。

大きさはどれくらい?日本記録は?

ウッカリカサゴはカサゴよりも大きく成長し、最大40cmを超えることがあります。

成体は、ほとんどの場合30cmを超えます。
また、50cmを超えた個体も見つかっており、今後もっと大きな個体が見つかる可能性もあります。

カサゴとの違い

カサゴとの違いは見た目のほか、引きや味でも判別することができます。

見た目

見た目の違いには、以下のようなものがあります。

  • 胴体の斑点がはっきりしているのがウッカリカサゴで、斑点があまりはっきりしていないのがカサゴ。
  • 胴体の色味が明るいのがウッカリカサゴで、色味が暗めだとカサゴ。
  • 胸びれの軟条の本数が19本だとウッカリカサゴで、18本だとカサゴ。

これらの項目を見れば、理論上はカサゴと見分けることが可能ですが、正直慣れていないとなかなか区別は難しいです。
もし近くにベテランの方や市場の方などいたら、そういう人に聞くのが一番早いかもしれません。

引き

カサゴの引きは食いついたときに、ドンっという大きな引きがありますが、そのあとはそこまで暴れずに釣りあげることができます。
しかし、ウッカリカサゴは食いついたら何度も引きが来るため、そこでも判断することができます。

ですが、こちらも正直たくさんカサゴを釣っていないと差がわかりにくいため、この判別の仕方は慣れていない方にはあまりおすすめしません。

慣れていない方には、次にご紹介する味による区別をおすすめします。

カサゴとウッカリカサゴの違いで一番わかりやすいのが、味の違いです。

カサゴは身がほろほろしていて柔らかくうまみがあります。
それに対して、ウッカリカサゴは身がしっかりしていてカサゴよりも噛み応えがあります。

また、カサゴよりもうまみが少ないです。

値段・相場価格

ウッカリカサゴの値段相場は、カサゴの値段相場と大体同じくらいです。
ですので、最低でも1キロ2000円前後の値段相場となっています。

その点からみると、カサゴよりもウッカリカサゴのほうが大きくなりやすいので、ある意味カサゴよりも気持ち若干高めであると考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ウッカリカサゴを使った料理・食べ方

出典:写真AC

ここでは、ウッカリカサゴの味と料理などについて説明します!

どんな味がするの?

ウッカリカサゴの身は淡白でしっかりしているため、歯ごたえがあります。
しかし、うまみが少ないため、刺身などで食べるなら皮つきで霜降りや炙りにして食べるとおいしいです。

栄養素・カロリー

カサゴとほとんど栄養素は変わりませんが、個体によっては大きい個体もあるのでカロリーはウッカリカサゴのほうが若干高いかもしれません。
基本的には、高たんぱくで低脂肪な食べ物です。
脂質が少ない分ダイエットやたんぱく質を積極的に摂りたい方におすすめです。

旬な時期・季節

旬はカサゴと同じく秋から冬にかけての寒い時期です。
この時期になると脂がのっていて大ぶりのサイズがふえてくるため釣りをしていても魚との駆け引きなどを楽しむことができます。

ですが、同時に産卵時期でもあるため子持ちの個体が釣れた時にはまた来年のことも考えてなるべく逃がしてあげるようにしましょう。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

ここでは、ウッカリカサゴを使った料理のレシピとおすすめのお店について紹介いたします。
試してみたいものがあればぜひ試してみてください。

刺身

刺身で食べるときは、卵巣にフィロメトラという寄生虫が住んでいることがあるので、卵巣を取り除いた後にまな板を一度しっかりと洗ったのちに、刺身を切るようにしましょう。

刺身では皮の下にうまみがあるので、うまみを逃がさないように炙ったり霜降りにしてみると、とてもおいしく食べることができます。

唐揚げ

唐揚げでは、カサゴと同じような調理方法で大丈夫です。
また、唐揚げのほかにも三枚におろしててんぷらにしてみても、身が淡白でしっかりしているのでおいしく食べることができます。

煮付け

身が淡白なので、調味料は気持ち少し多めに入れましょう。
ウッカリカサゴはカサゴ同様、においが独特なので気になる方はネギやショウガなどと一緒に煮ると臭みが消えます。
三重では梅干しとショウガを一緒に煮て風味と臭み取りを行うそうです。
ぜひやってみてください!

塩焼き

唐揚げか刺身か迷ったときは、迷わず塩焼きにしてみましょう。
ウッカリカサゴの塩焼きは身がしっかりとしている分とても食べ応えがあります。
特に頭の部分は身離れがよくとてもおいしくいただけます。

ウッカリカサゴを楽しめる人気のお店・レストラン

今回おすすめするお店はこちらのお店です。

ほっこり酒場なごみ家 (四条大宮/居酒屋)
★★★☆☆3.31 ■住宅街にある隠れ家的な雰囲気で鮮魚をご堪能。坪庭を眺めながらゆったりとおすごしください。 ■予算(…

こちらのお店は京都にある居酒屋さんです。
とても雰囲気がよくどの料理も味がおいしいと評判です。

このお店ではウッカリカサゴのお造りをいただくことができるので、興味のある方はぜひ京都に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ウッカリカサゴにおすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

ここでは、ウッカリカサゴを狙うための釣り方や仕掛けについてご説明いたします。
ウッカリカサゴは、あまりウッカリカサゴ狙いで釣るというよりも外道として釣れる時が多いです。
そのため、ルアー釣りや仕掛けを使った釣りでも釣ることができるため釣り方の幅はかなり広がります。

ですが、もしウッカリカサゴをなるべく狙いたいときには、ルアーなら海底付近を狙うようにして釣り餌などを使うときには仕掛けのおもりを海底にあてながら巻いていくといいです。

釣竿・ロッド

おすすめする釣り竿は、こちらです。

無限ピュア船 180-150号 Purple Edition

この竿はこれ一本あればどんな魚が来てもある程度対応できるオールマイティな竿です。
もしカサゴ釣りに飽きても、ほかの魚を狙うこともできるので、おすすめです。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング16選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

おすすめするリールは、こちらです。

【ダイワ】スピニングリール 20 レブロス LT 2500S

ダイワさんのコスパがとてもいいリールです。
巻き取りも巻き心地がいいので扱いやすいです。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

ルアー・ワーム

おすすめするルアーは、こちらです。

【シャウト】メタルジグ ランスルアー 160g

このルアーは、ただ巻くだけでもベイトと同じような挙動をするので初心者でも扱いやすいルアーです。

釣り餌

ウッカリカサゴは肉食なので、さんまやサバなどのにおいの強い魚の切り身や、きびなごなども使えます。
もしくはオキアミなどでも代用することができます。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】

スポンサーリンク

ウッカリカサゴの締め方・捌き方

出典:写真AC

ここでは、ウッカリカサゴの締め方からさばき方まで説明したします。
おいしく食べるためにぜひ覚えてみてください。

締め方

小さい個体であれば野締めでもいいですが、大きい個体であれば片側でいいのでエラ近くとしっぽの付け根に切り込みを入れて血抜きをしましょう。
できる方は神経締めまでやってしまうといいです。

以下の動画は参考になります。

【神経締め・カサゴ編】(釣った魚を 美味しく持ち帰ろう!)根魚編➀ カサゴの神経締め!を ご説明させて頂きました!

捌き方(さばき方)・切り方

カサゴのさばき方とほとんど変わりません。
注意点としては、カサゴ同様にとげが背びれとエラにもとげがあるのでさばくときには軍手を必ずしましょう。
それから、あらかじめ背びれはハサミで切っておくと安全に調理することができます。

以下の動画は参考になります。

笠子(かさご)のさばき方 – How to filet Japanese Stingfish -|日本さばけるプロジェクト

おまけです。
こちらの動画は非常に便利で役立つので、おまけとしてご紹介させていただきます。

カサゴの簡単&おいしい さばき方
スポンサーリンク

ウッカリカサゴの基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ウッカリカサゴの由来とは?レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!」というテーマに沿って、「ウッカリカサゴとは?その特徴・生態をご紹介」「ウッカリカサゴを使った料理・食べ方」「ウッカリカサゴにおすすめの釣り方・仕掛け」「ウッカリカサゴの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

出世魚の由来と代表的な魚の一覧を紹介!|ブリ・スズキ・マグロ・カンパチ
稚魚から成魚へ成長するにあたり、名前・名称が変わる魚のことを出世魚といいます。今回、釣りラボでは、出世魚の由来や出世魚と…
太刀魚の刺身を美味しく食べる方法とは?|捌き方・皮の剥がし方・切り方
太刀魚の調理方法として、とても人気が高いのが刺身です。今回、釣りラボでは、太刀魚の刺身を最も美味しく食べる方法、捌き方、…
大トロって中トロと何が違うの?部位をご紹介|レシピ・通販・食べ放題
大トロは、非常に高級なマグロの部位であるということは有名ですが、中トロや赤身とはそもそも何が違うのでしょうか?今回、釣り…
ヒラマサはブリと何が違う?|レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違い、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、…
ユムシって食べられるの?その味や飼育方法、釣り餌としての使い方を解説!
【人気の釣り餌をご紹介】今回、釣りラボでは、ユムシの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、調理方法や食…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン