【2020年】テンカラ用ラインのおすすめ14選!レベル・テーパー・ストレート

テンカラに必要なものは、ロッド・毛バリ・ラインとシンプル。とはいえ、種類や色が多すぎて、なにを選べばいいのかわからないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、テンカラにおすすめのラインの選び方(レベル・テーパー・ストレート)や人気商品を紹介していきます。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

テンカラ用ラインの種類と役割

宇崎日新 テンカラライン 鬼流テンカラライン 20m 4号 ピンク

テンカラ釣りは釣りの中でも最もシンプルな釣りであり、フライを竿のしなりで飛ばして釣り上げる手法です。
シンプルなゆえにラインや竿にはこだわる必要があり、難しい釣り方でもあります。

中でも最も重要な役割をしているのがラインです。
軽いフライを遠くまで飛ばすため、ラインの種類を慎重に選び必要があります。

メインライン

竿の先端から針の1m手前までは、メインラインと言われています。

メインラインは、ロッドとの相性も重要であり、考慮しないといけません。
また、ハリスとの接続方法(付け方)と相性も考えるべきです。

メインラインとハリスの接続部には目印となるマークを付けておくと便利で、目視での区別が容易になります。

ハリス

ハリスとは、ラインの先にある糸のことで、毛バリとラインをつなぐ役割を果たします。

テンカラ釣りに使うハリスの種類は、大きく分けて2つ存在します。

フロロカーボン

一番人気のラインであり、初心者におすすめです。

ナイロン

昔は主流であったようですが、現在はフロロカーボンにシェアをとられており衰退しているラインです。

スポンサーリンク

テンカラのメインラインの選び方

よつあみ(YGK) フロロカーボンライン 与一 ウルトラサイト ヤエン専用 150m 1.25号 オレンジ

テンカラのメインラインの種類は大きく3種類存在します。
ハリスと比較してもメインラインは太く丈夫です。

レベルラインの特徴

フロロカーボンでできたメインラインをレベルラインと呼びます。

適切な重さでフライを遠くまで飛ばすことが可能です。
また、傷ついた際にも簡単に交換ができるという点においても人気を集めています。

使いやすくベーシックなものがレベルラインです。
テンカラでは3〜3.5号が標準で使用されています。

そんなレベルラインですが唯一欠点が存在します。

テーパーラインの特徴

ナイロンを織り込んで作られたものがテーパーラインです。

昔はテーパーラインが主流だったのですが、レベルラインが市場で出回るようになると衰退してしまいました。
引っ張った際にラインがよれてしまう点でレベルラインに負けてしまいました。

しかし、今でもテンカラと言えばテーパーだという根強いファンから愛用されている古き良きラインです。

ストレートラインの特徴

ストレートラインは、フロロカーボンよりも柔らかく、竿をうまく操れないと自分の投げたいポイントに投げることができません。

また、ストレートラインを用いる際には竿先が安定したものを用いたほうが良いです。
そのため、ストレートラインを用いる際にはロッド選びも重要です。

伸縮性が少ないため、魚がかかった際のバラシが少ないという点が利点です。

スポンサーリンク

テンカラのメインラインにおすすめのライン8選

ダイワ(Daiwa) ハリス サーフセンサー ハイパーテーパー ちから糸+Si PE 12m×3本 0.6-6号 イエロー+ステルスゴールド

メインラインの3種類に関しておすすめを2選づつ紹介していきます。
さらに新作のメインラインも2選紹介していきます。

おすすめのレベルライン2選

おすすめのレベルラインを2選紹介します。

レベルラインは他の種類に比べると種類が多いため、慎重に選びましょう。

【宇崎日新】鬼流テンカラライン 20m

テンカラで一番人気なラインでしょう。

昔から評価も高く、愛用している人々が多くいます。
値段もお手頃で購入しやすいです。

【よつあみ】与一 ウルトラサイト

ヤエン釣り専用ですが、テンカラにも用いることが可能です。

巻き癖が付きにくく、色も鮮やかなため、釣りをしていても楽しい商品です。

おすすめのテーパーライン2選

おすすめのテーパーラインを2選紹介します。

テーパーラインはレベルラインに比べても値段が安く購入しやすい商品が多いです。

【ダイワ】サーフセンサー ハイパーテーパー

海釣り用のラインですが、テンカラとしても利用可能です。

海釣り用ではハリスとして使用するのが一般的ですが、その丈夫さから渓流釣りではメインラインとしても使用しているかたが多くいます。

【Fujino】ライン ソフトテンカラ

テンカラでもっとも有名なものがfujinoのテーパーラインです。

歴史もあり、評価も高いため、誰でも使用可能な商品です。

おすすめのストレートライン2選

おすすめのストレートラインを2選紹介します。

ストレートラインは商品数が少ないですが、同じメーカーでも様々な種類のストレートラインを販売している場合もあるため、比較していきましょう。

【フジノ】ストレートライン (3.5m)

ストレートラインはキャストのしやすさでも有名ですが、中でもフジノのラインは評価が高いです。

また、巻き癖があまりつかないのも良い点です。

【Fujino】ストレートライン パワフル K-27

フジノの中でもパワフルなラインです。

ストレートラインは主にフジノしか出していないため、ストレートラインで丈夫さを求めるのであればこの商品を選択すると良いでしょう。

【2020年新作】テンカラのメインライン2選

新作の商品を紹介します。

2020年では新発売な商品の数は少ないですが、良い商品が多数存在します。

【フジノ】テンカラ・ストレートライン

比較的に値段の安いフジノの中でも値段が高い商品です。

しかし、長さが10mもあるため、コスパの良い商品であるとも言えます。

【river peak】テンカラ 蛍光イエロー

rivar peakのテンカララインは種類は少ないですが、コストパフォーマンスがよくいい商品が揃っています。

中でもレベルラインは他のメーカーに比べても性能が高いです。

スポンサーリンク

テンカラのハリスの選び方

Fujino(フジノ) ライン ソフトテンカラ 3.3m

テンカラのハリスはメインラインと似通ったものが多いですが、大きく分けて2種類存在するため、それぞれに関して説明していきます。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンは直進性にすぐれており、毛バリが着水すると同時にまっすぐ伸びてくれます。

また、糸が絡みにくいという特性もあります。
毛バリなどの周辺は投げる際に絡みやすく、ほどくのも手間です。
そのため、ほどくの作業がめんどくさいと感じる方はフロロカーボンを用いると良いでしょう。

ナイロンラインの特徴

ナイロンは絡みやすいという難点がありますが、一方で毛バリを自然な動きで演出することが可能です。

現在はフロロカーボンを用いる釣り人が多いようですが、ナイロンを用いている方はプロなどに多いように感じます。

スポンサーリンク

テンカラのハリスにおすすめのライン6選

フジノ テンカラ・ストレートライン (3.5m)

テンカラのハリスもメインラインと同様に重要な部分です。

種類別に紹介し、おすすめのハリスを2選ずつ説明します。

おすすめのフロロカーボンライン2選

おすすめのフロロカーボンラインを紹介していきます。
フロロカーボンはベーシックなラインであるため、商品の数が無数に存在します。

【Fujino】フロロテンカラハリス

値段が安いわりに量が多いことでコスパの良い製品です。

フジノは渓流釣りでは様々な商品で展開しているため、信頼度の高いメーカーであるでしょう。

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー

基本的には海釣り用のハリスですが、テンカラにも活用することが可能です。

釣りジャケットにも入れやすく、持ち運びもしやすくなっています。

おすすめのナイロンライン2選

ナイロンラインを2選紹介します。
ナイロンラインはフロロカーボンよりは人気がなく、商品も少ないですが、厳選して紹介していきます。

太さなども重要なため、その点にも着目しましょう。

【VARIVAS】マスターリミテッド SVG

ハリスとして用いるのが一般的です。
しかし、使いやすいが切れやすいという欠点もあるため、太めのラインを選択すると良いでしょう。

ヤマメなどに適しているといわれています。

DUEL(デュエル) ナイロンラインCN500

安くて使いやすいハリスを選ぶのであれば、この商品が一番おすすめです。

初心者におすすめと言えるでしょう。

【2020年新作】テンカラのハリス2選

2020年以降に発売された新作ハリスを紹介します。
ハリスの中には新しいシリーズもあるので、目を通しておくと良いでしょう。

【クレハ】ライン シーガー R-18

値段は高いですが、最高級のハリスです。

このハリスの利点は丈夫さと高級感のある素材と自然な着水の仕方です。
安いハリスばかり使用している人は一度使用してみるのもおすすめです。

【ダイワ】ライン ジャストロン

ダイワのハリスというだけで信頼感があります。
メインラインでも使用できますが、ハリスに使用している方が多いです。

スポンサーリンク

テンカララインを自作することはできる?作り方は?

Fujino(フジノ) ライン ストレートライン パワフル K-27 3.6m

テンカラを自作するのは非常に困難なことです。

できる限りおすすめはしません。
ナイロンのラインであれば頑張れば作成できるかもしれないですが、カーボンラインは作成することができません。

テーパー自作も可能です。

スポンサーリンク

テンカララインは水糸で代用できる?

フジノ テンカラ・ストレートライン[パワフル] 10m巻 テンカラ大王監修 ロングラインにも

水糸では軽すぎるため、フライのキャストには向いていません。
中には使っている人もいるようですが、あまりおすすめはできません。

スポンサーリンク

テンカラのラインについてまとめ

river peak(リバーピーク) テンカラ レベルライン 蛍光イエロー (3.0号)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】テンカラ用ラインのおすすめ14選!レベル・テーパー・ストレート」というテーマに沿って、「テンカラ用ラインの種類と役割」「テンカラのメインラインの選び方」「テンカラのメインラインにおすすめのライン8選」「テンカラのハリスの選び方」「テンカラのハリスにおすすめのライン6選」「テンカララインを自作することはできる?作り方は?」「テンカララインは水糸で代用できる?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

テンカラ釣りとは?釣り方のコツやおすすめの仕掛け・道具・服装を徹底解説!
テンカラ釣りは、とてもシンプルな釣り方ということで、釣り初心者にも人気のある伝統的な釣り方の一つです。今回、釣りラボでは…
【2020年】コスパ抜群のPEラインおすすめ6選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
【2020年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
【2020年】おすすめの最強エステルライン6選|特徴・アジング・トラウト・メバリング
アジングやメバリングに使用されることが多いエステルライン。今回、釣りラボでは、そんなエステルラインについて、PEラインや…
【2020年】最強エギングラインおすすめ8選!太さ・色の選び方や結び方もご紹介
エギングをする際に活躍するエギングライン。今回、釣りラボでは、エギングラインの特徴、選び方、リーダーとの結び方、初心者に…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン