バイクで釣り竿を運ぶのは違反になる?積載方法や注意点、ロッドホルダーを紹介!

あなたは釣りに行く際、どのような交通手段を使っていますか?中には自分のバイクで行きたいという人もいるでしょう。その時にどうやって釣り竿を積めばいいのか悩みますよね。今回、釣りラボでは、バイクに釣り竿を積む際のポイントについて紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

バイクでの釣り竿の積載について

出典:写真AC

バイク移動には正しい積載方法があります!

釣りに行く際の移動手段ですが、車での移動に次いで人気なのがバイクです。
渋滞に巻き込まれる心配も少ないですし、到着してからの駐車場探しにも困らないからです。

また、トイレなどの公共施設が近くにない場合でも、バイクならすぐに移動できます。

バイク移動でのデメリットは、車と違い荷物を最小限にしなければならないことです。
バイク移動に適したロッドを購入したり、収納方法を守るなど正しい積載方法を学ぶことが大切です。

バイクで釣竿を運ぶのは違反になる?

結論、積載方法を守れば違反にはなりません

法律で定められている積載の制限があり、それを超えないように注意する必要があります。

  • 積載物の長さと幅→乗車装置や積載装置の+30㎝まで
  • 積載物の高さ→地上から2m以内の高さ
  • 積載方法→乗車装置、積載装置の前後30㎝+左右15㎝以内

積載の際にはリュックに収納したり、しっかりとバイクに固定することが大切です。

バイクで釣竿を運ぶ方法

バイクでの釣りに必要な知識の一つは、釣り竿の運び方です。

畳んだ時の長さが50センチほどのサイドバックに固定したり、リュックで背負うことができます。
リュックの良さは、背負いながらバイク走行が可能かつ持ち運びがしやすいことです。

ハーレーのようなバイクでの釣りには、設備を整える必要があります。
費用がかさんでしまうので、リュックで身軽に持ち運びをする方法がおススメです。

釣り竿が長い場合は、釣り竿ホルダーを設置したりケースをバイクのキャリアに固定し運搬する方法もあります。
持っている釣り竿の種類や費用などを考えて決めることをお勧めします。

バイクで釣竿を運ぶ際の注意点

注意点はやはり「積載制限」です。
制限を超えてしまうと取り締まりの対象にもなります。
先に述べた制限の詳細を理解し、十分下調べを行ったうえで向かってください。

スポンサーリンク

バイクで運ぶのにおすすめの釣り竿2選

出典:写真AC

まずは、バイクで運ぶのに便利なおすすめの釣り竿を2つご紹介します。

【ダイワ】振出 バスロッド トリプルビー 636TLFS

振出ロッドでコンパクトに収納できます
シーン問わず使用でき、持ち運びしやすい点からバイクの釣り竿にお勧めです。

【Goture】Xceed MH

専用ケース付きで、ネイキッドタイプのバイクにも持ち運びにはうってつけです。
価格も良心的なので、バイク専用としてサブ購入にもピッタリです。

スポンサーリンク

バイクで運ぶのに便利な釣り竿ホルダー2選

出典:写真AC

続いて、バイクで運ぶのに便利な釣り竿ホルダーを2つご紹介します。

【RAM MOUNTS】マウントセット フィッシングロッドホルダーRAP-370-R

スマホホルダーとして人気なラムマウントはシンプルなデザインでバイクおすすめの釣り竿ホルダーです。
大きめな作りのため安定感があり、収納しやすくお勧めです。

【ハリケーン】ロッドホルダーHU1001S

シンプルかつスリムなデザインでオシャレな印象です。
専用ケースも必要なく、キャリアには他の釣り道具を収納できとても便利です。

スポンサーリンク

釣り竿ホルダーの自作方法

出典:写真AC

販売されている釣り竿ホルダーだと自身のバイクに合わない、という方はバイクホルダーの自作をお勧めします。
安価で購入でき、比較的簡単な作業なので自分好みにカスタムできます

ホームセンターで「塩ビパイプ」や取り付け位置に合った金具類、釣り竿を守るスポンジなどを購入します。
自信の釣り竿の幅に合わせて購入すると更に作業が簡単になります。

リールをつけたまま入れたい方は、リールがはまるよう少し切り込みを入れると走行中も安心です。
どのくらいの長さの釣り竿を使用するのか、積載の高さは大丈夫かなど確認しながら設置してください。

自作方法について詳しくは、以下の記事か、動画を参考にしてください。

アドレス110用にロッドホルダーを自作しました

スポンサーリンク

バイクでの釣り竿の積載方法まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バイクで釣り竿を運ぶのは違反になる?積載方法や注意点、ロッドホルダーを紹介!」というテーマに沿って、「バイクでの釣り竿の積載について」「バイクで運ぶのにおすすめの釣り竿2選」「バイクで運ぶのに便利な釣り竿ホルダー2選」「釣り竿ホルダーの自作方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

バイクで釣りに行く!持ち物、装備・積載方法、注意点、おすすめのバイクをご紹介!
バイクで釣りに行く際は、どんな物を持っていけばいい?バイクへはどうやって積む?という初心者の人へ。今回、釣りラボでは、バ…
【2021年】おすすめ釣りリュック11選!完全防水やクーラー機能のリュックを紹介
アウトドアである釣りに合わせた機能性を持つリュックは自身の釣りやすさにも関わりますので慎重に選びたいところです。今回釣り…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
釣りを始める人必見!釣り初心者が用意するべき道具とその使い方を全部ご紹介!
釣り道具は様々な種類があり、どれから揃えればいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな釣…
【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン