【2020年】クランクベイトおすすめ名作8選|選び方・種類・使い方

クランクベイトは、バス釣りにおいて最も人気が高いと言っても過言ではないほどのルアーです。今回、釣りラボでは、クランクベイトの選び方、種類、活躍の場面、使い方、名作8選(メガバス・タックルハウス・ダイワ・シマノ)、おすすめタックルをご紹介。

バス
スポンサーリンク

クランクベイトとは?

クランクベイト

出典:写真AC

クランクベイトとは、リップという潜航板による水の抵抗が特徴的なルアーです。
主にブラックバス釣り用のルアーとして安定した人気があります。

クランクベイトはミノーやシャッドより比較的大きめなリップがついており、そのリップがストリーブ時に水を受け止めることによってブリブリと左右に揺れながら潜行していきます。

その揺れ方はウォブリング、ローリング、ウォブンロールなどと呼ばれ、まるで本物の小魚のように見えるため、ターゲットに力強くアピールすることが出来るのです。

クランクベイトには様々な種類があり、ターゲットとするレンジによってシャロー、ミディアム、ディープなどを使い分ける必要があります。

クランクベイトはカバーやボトムに当てて使ってこそ、真価を発揮するルアーと言われています。
回避性能が優れているので根がかりしにくく、カバーやボトムに当てたときの力強いリアクションがバイトにつながるのです。

クランクベイトを使ってブラックバスを釣る方法は「クランキング」とも呼ばれています。

クランクベイトが活躍する釣り

クランクベイトはバス釣りだけに限らず、様々なシーンで活躍します。

バス釣り

バス釣りを始めるならクランクベイト!と言われるぐらいブラックバスを釣るために必要な性能が詰まったプラグとなっています。

>>>こちらの記事も読まれています
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル

トラウトゲーム

トラウトゲームは、エリアトラウトともよばれ、管理釣り場に生息するトラウト(※淡水で生活するサケ科の魚=イワナやヤマメなど国内の渓流魚や外来種のニジマスなど)を釣って遊ぶゲームフィッシングになります。

足場が整理されており、初心者からベテランまで安心して釣りを楽しむことが出来ます。
そして、このトラウトゲームでもクランクベイトは大活躍します。

ロッドを立てて巻けば浅い所、寝かせて巻けば深い所を泳がせて探れるので、一つのルアーで一石二鳥的な役割を果たしてくれます。

海釣り・ソルトゲーム

クランクベイトは海釣り・ソルトゲームでも使えます。
海底のロックフィッシュ(根魚)を狙うのにもクランクベイトが持つ性質は有効です。

>>>こちらの記事も読まれています
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け

シーバスでも使える?

クランクベイトでもシーバスは釣れますが、一般的には釣果が良くなく、シーバスルアーとして最適解とは言えません。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

クランクベイトの選び方・ポイント

クランクベイトの選び方ですが、ターゲットの泳いでいそうな層に合わせることがポイントになります。
ターゲットの目線にルアーを持っていくことが重要です。

クランクベイトの種類

クランクベイトは、潜行深度の違いにより大きく分けて3つの種類があります。

シャロー

シャロークランクは、水面から水深1.5mくらいまでの浅瀬を得意としています。
リップが一番小さめなので、水の抵抗も比較的少なくなります。

ミディアム

ミディアムクランクは、水深1.5mから3m前後の中層を得意とするルアーです。
シャローとディープの中間に位置する性能を持っています。

ディープ

ディープクランクは、水深3mを超える深場を得意としており、リップが一番大きく、その分抵抗も強くなるので初心者には扱いが難しいとされています。

色・デザイン

クランクベイトには、丸くてかわいいデザインが多く、大小さまざまな形のリップが付いています。

丸みを帯びたクランクはラウンドタイプ、扁平な形のクランクはフラットサイドタイプと呼ばれています。

リップの形にも種類があり、カバーをタイトに攻めやすいラウンドトリップ、リアクションの強いスクエアリップ、その中間の性能を持つコフィンリップなどがあります。

色も本当に目移りしてしまうほどのラインナップが揃えられていますが、あまり深く考えずに好みや水の色で選ぶのが良いとされています。

クランクベイトの使い方

ここからはクランクベイトの使い方として、ルアーフィッシングのリトリーブ(巻き)テクニックをご紹介します。

ただ巻き(ステディリトリーブ)

ただ巻き(ステディリトリーブ)とはその名の通り「ただ投げて巻くだけ!」という超基本のリトリーブテクニックです。

難しく考える必要はありませんが、一定のスピードで巻き続けることが非常に重要となります。

特にクランクベイトは水の抵抗が強くなりがちなので、しっかりと速度を意識しながら巻きましょう。

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは「ただ巻き」の応用となる手法で、一定のスピードで巻いている最中に数秒ほど巻きを停止する時間を加えます。
そうすることによってルアーに反応しているターゲットに捕食のタイミングを与えるのです。

ただ巻きでは反応が悪い時に使えば功を奏することがあるテクニックです。

ボトムノック

ボトムノックとはクランクベイトのリップ部分でボトムを叩きながら巻く手法です。
障害物に隠れたターゲットに強くアプローチをすることが出来ます。

根がかりしてしまいそうになった時は、いったんリトリーブを止め、ロッドを前に出してやることによって根がかりを回避出来ることがあります。

ウェイキング

ウェイキングとは、浅瀬を得意とするシャロークランクを使って水面に引き波を立てながら泳がせる手法です。
浮力があるルアーの方がやり易いと言われています。

水面や水面直下でアクションさせるトップウォーターより少し深い部分を泳がせるのがポイントです。

スポンサーリンク

【2020年版】名作クランクベイト8選|メーカー別

クランクベイト

出典:写真AC

ここからは、本当におすすめ出来る名作クランクベイトをご紹介したいと思います。

メガバス

メガバスのおすすめクランクベイトはこちらです。

【メガバス】DEEP-X 300

カラーやデザイン性にも優れ、世界中のアングラーから愛されるディープクランクの決定版です。
ディープをお探しならコレで間違いありません。

【メガバス】SR-X GRIFFON

小振りでプリッとしたデザインが可愛いシャロークランクです。
カバーやボトムに接触した時のリアクションは可愛い顔に反してワイルドになります。

タックルハウス

タックルハウスのおすすめクランクベイトはこちらです。

【タックルハウス】エルフィン マイクロシケイダー S 24mm 1.7g シンキング

管理釣り場でトラウトを狙うのに適したクランクベイトです。

【タックルハウス】エルフィン ミニグラスホッパー F 33mm 1.5g フローティング

バッタをイメージしたデザインが印象的なシャロークランクです。

ダイワ

ダイワのおすすめクランクベイトはこちらです。

【ダイワ】プレッソ ワブクラ 30MR

クランクベイトらしいワイドなウォブルアクションで、クセが少なくレンジキープもしやすい、初心者の方でも使いやすいルアーです。

【ダイワ】ピーナッツ2 SR

クランクベイトといえばコレ!と言われるぐらい、釣果のために必要な機能を全て備えたダイワの傑作ルアーです。
シャローで圧倒的におすすめします。

シマノ

シマノのおすすめクランクベイトはこちらです。

【シマノ】バンタム マクベス 60mm 16g ZP-106P

カバーにぶつけるつもりで巻くことによって、このマクベスが持つ優れた回避性能が本領を発揮します。
カバークランキングの醍醐味を味わうのに最適なルアーです。

【シマノ】バンタム マクベス フラット AR-C ZQ-C57S 008

AR-Cと呼ばれる重心移動システムを搭載しており、十分な飛距離が確保できるフラットサイドタイプのクランクベイトです。

スポンサーリンク

クランクベイトを使う際のおすすめタックルをご紹介

クランクベイト

出典:写真AC

クランクベイトを扱うのに適したタックルをご紹介させていただきます。

ロッド

おすすめのロッドはこちらです。

【シマノ】ベイトロッド ゾディアス バス 166M-2 6.6フィート

とにかく軽いのに十分な強度があり、使い勝手の良い長さでまとめられています。
コスパにも優れ、クランクベイトを使ったバス釣りを始めるのに最適な一本です。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

ライン

おすすめのラインはこちらです。

【サンライン】シューター マシンガンキャスト 150m 3号 12lb

抜群の耐久性と取り回しの良さを誇るナイロンラインです。

リール

おすすめのリールはこちらです。

【シマノ】20 メタニウム HG

ベイトリールの名機と崇められるシマノ・メタニウムシリーズの2020年モデルになります。
見た目も性能も文句なしの一品です。

スナップ

おすすめのスナップはこちらです。

【ダイワ】D-スナップ ライト 徳用

スナップを使ってルアーの結び方にワンクッション加えることにより、クランクベイトのアクションをさらに不規則な動きにすることが出来ます。

スポンサーリンク

クランクベイトまとめ

クランクベイト

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】クランクベイトおすすめ名作8選|選び方・種類・使い方」というテーマに沿って、「クランクベイトとは?」「【2020年版】名作クランクベイト8選|メーカー別」「クランクベイトを使う際のおすすめタックルをご紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックルの選び方|バッカンもご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
【2020年】おすすめのベイトロッド9選|バス・トラウト・ソルト
ベイトロッドは、とてもパワーがあるロッドで、バス釣りやシーバス釣りなどで大活躍します。今回、釣りラボでは、ベイトロッドの…