【2021年】ヒラスズキリールおすすめ11選!スピニング・ベイトの両方をご紹介

ヒラスズキ釣りはスピニングリールを使うアングラーが多いですが、近年ベイトリールで楽しむ人も増えています。今回、釣りラボでは、ヒラスズキリールの選び方を詳しく解説。また、スピニングリールとベイトリールのメリット・デメリットも紹介します。

リール
スポンサーリンク

ヒラスズキ釣りってどんな釣り?

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000 シーバス サクラマス ライトジギング ロックフィッシュ

日本にはスズキと呼ばれる魚は3種が存在します。
ひとつはシーバスと呼ばれるスズキ、もうひとつは外来種のタイリクスズキ、そしてヒラスズキです。
数が圧倒的に多いのはスズキです。

ヒラスズキは、所謂一般的な「スズキ」と見た目はそっくりですが、塩分濃度の高い海域を好むため、その生息域はスズキとは異なります。

生態については、個体数が多くないため、分かっていない部分が多いようです。
ヒラスズキは体高が高く、尾筒(尾びれの付け根)がスズキより幅広で、相対的にスズキよりもパワーがある魚です。
マルスズキは内湾の汽水域や河川にもたくさん入ってくるのに対し、ヒラスズキは外洋に面した荒磯に着くことが多く、波が岩に当たり砕け、海面が白くなっている「サラシ場」を釣るターゲットとなっています。

従って、ヒラスズキの釣り方は、スズキのそれとは大きく異なります。

スポンサーリンク

ヒラスズキリールはスピニングかベイトかどちらがいい?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT4000-C (2020モデル)

ヒラスズキは、荒れた磯で狙うケースが多いため、シーバス釣りと比べてタフコンディション下での釣りとなります。
ヒラスズキはスズキよりも泳力も高く、よりパワーのあるタックルが必要です。
ロッドもバットパワーがあり、長さも通常のジギングロッドよりも長い、12~15フィートほどの長さが必要です。

そのため、スピニングリールにしてもベイトリールにしても、通常のシーバス釣りよりも一回り大きなサイズのリールを使いましょう

スピニングリールのメリット・デメリット

ヒラスズキは荒磯のサラシの中でベイトフィッシュが入ってくるのを待ち伏せして捕食しています。
従って、ヒラスズキの潜んでいるごく狭い範囲をゆっくりルアーを通す必要があります。

スピニングリールを使用する場合は、4000番以上のノーマルギアモデルを選びましょう。

スピニングリールのメリットは、その使いやすさとライントラブルの少なさですが、太いラインが扱いづらい、ラインに巻き癖が付きやすいなどのデメリットもあります。
それでも、磯でのヒラスズキ釣りにはスピニングリールをおすすめします。

ベイトリールのメリット・デメリット

ベイトリールは、巻きパワーがスピニングリールよりも強く、巻き方向がラインの出る方向と同じなので、巻き癖が付きにくいというメリットがあります
しかし、レングスのあるベイトロッドがほとんどなく、ショートレングスのロッドでは磯の厳しい地形を回避しながらの釣りが難しいため、あまり険しい場所ではおすすめできません。

スポンサーリンク

ヒラスズキリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000HG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

ヒラスズキを釣るためのリールの選び方について説明します。

1.リールタイプで選ぶ

スピニングリールか、ベイトリールかという観点で選ぶ場合は、磯の地形をよく考慮して選択しましょう。
すなわち、7フィート前後のショートレングスのロッドでも充分闘えるような場所であればベイトリールでも良いですが、そうではない場合は、15フィート前後の長さのロッドが必要ですので、その場合はスピニングリールを選択します。

2.番手で選ぶ

番手で選ぶ場合は、スピニングリールであれば4000番以上を推奨します。

ベイトリールは番手表示が複雑で、一概に番手がサイズと連動しないケースもありますが、ざっくり言えばダイワなら200番程度、シマノなら2000番程度のものを選びます

3.ラインの太さで選ぶ

使用するラインがナイロンやフロロカーボンの太いものの場合はベイトリールの方が扱いやすくなります。
PEラインを使う場合はスピニングリールを推奨します。

4.ギア比で選ぶ

ヒラスズキ釣りはあまり派手にアクションしたり、高速リトリーブをする釣りではありませんので、ノーマルギアが使いやすいでしょう

スポンサーリンク

ヒラスズキリールおすすめ8選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT4000-C (2019モデル)

ここからは、ヒラスズキ釣りにおすすめのリールを紹介して行きます。

ヒラスズキ向けスピニングリール4選

まずは、ヒラスズキにおすすめのスピニングリールを紹介します。

【シマノ】ツインパワー 4000

シマノを代表するパワーリールのブランドであるツインパワーシリーズより、汎用リールのツインパワー 4000は、パワーとサイズ感のバランスがよく、磯のタフコンディション下でもルアーの操作性を阻害しません

【ダイワ】ルビアス LT4000-C

ZAIONモノコックボディを採用したルビアスは、圧倒的な軽さと力強い巻きパワー、滑らかなリールフィールを実現した、ダイワのミドルエンドクラスのモデルで、ヒラスズキ用リールとして非常におすすめです。

【シマノ】ストラディック SW 4000HG

シマノのミドルクラスの人気汎用リール、すとらのソルトウォーター専用リールです。
防水性能及びギア機構が強化されており、オフショアジギングにもございます対応する強靭なパワーを有しています

【ダイワ】セルテート LT4000-C

アルミモノコックボディを採用し、比類なきパワートレインの強化に成功した、ダイワのミドルエンド機です。
タフデジギアを採用した強靭なギアを海水から守るマグシールド防水や2BBのラインローラーやハンドルノブなど、細部にわたる作り込みにも一切の妥協はありません。

ヒラスズキ向けベイトリール4選

次に、ヒラスズキにおすすめのベイトリールを紹介します。

【シマノ】スコーピオン MGL 150(右ハンドル)

スプールの立ち上がりが非常に軽いマグナムライトスプール、端数が多く噛み合わせが緻密なマイクロモジュールギアを装備し、非常に滑らかで振動の少ない巻きを実現、さらにSVSインフィニブレーキ搭載で、最初にセットすればベストなブレーキパフォーマンスが維持できます

【ダイワ】モアザン PE TW 1000SH-TW(右ハンドル)

高剛性ボディに100mmのロングハンドルを備え、強力な巻きパワーを発揮する、シーバス用ベイトリールです。
ダイワ独自のレベルワインダー、T-ウイングシステムは、ライン放出を安定させ、バックラッシュの軽減に寄与します。

【アブガルシア】REVO BEAST 40(右ハンドル)

PE5号の太糸が約150m巻ける、大型ベイトリールです。
交換用のバランスドハンドルバーが付属していて、さらに力強い巻きが可能となります
ナマズ、雷魚、などの他、メータークラスのシーバス、ヒラスズキなど、ビースト級の大型魚を仕留めるためねベイトリールです。

【アブガルシア】REVO BLACK 10(右ハンドル)

アブガルシアのベイトリールではトップクラスの剛性を誇るベイトリールです。
バスプロの木村健太郎氏監修で、ギア比10:1の超ハイスピードセッティングですが、ヒラスズキとのファイトには充分のパワーを持っています

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめヒラスズキリール3選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 スコーピオン MGL 150 右 バス釣り ロックフィッシュ

最後に、2021年に発売された、ヒラスズキにおすすめの最新のリールを紹介します。

【ダイワ】21カルディア LT4000S-C

ダイワの新素材「ZAION V」のモノコックボディを採用し、剛性を向上させた最新モデルです。
マグシールドベアリング採用、ZAION Vエアローターなど、最新のテクノロジーがふんだんに使われたモデルです。

【シマノ】21ツインパワー XD 4000PG

「過剰なまでの耐久性」を謳っていた前モデルから、2021年、フルモデルチェンジでさらにパワーアップしました。
マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブ、ロングストロークスプールなどを新たに採用し、これまで以上に過剰な耐久性を手に入れました。

【シマノ】20 ステラ SW 4000XG

2020年1月発売のシマノ製スピニングリールのフラッグシップ、SW 4000XGです。
スズキ類の中でも、最も強烈なエラ洗いと突進力を持つヒラスズキをいなすドラグ性能は、これ以上ない戦闘アイテムです。
ヒラスズキとのファイトはスピードとパワーの勝負であり、パワーハンドルを併せ持つステラで、スリリングなファイトを楽しめるはずです。

スポンサーリンク

ヒラスズキリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 モアザン PE TW 1000SH-TW (2019モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ヒラスズキリールおすすめ11選!スピニング・ベイトの両方をご紹介」というテーマに沿って、

  • ヒラスズキ釣りってどんな釣り?
  • ヒラスズキリールはスピニングかベイトかどちらがいい?
  • ヒラスズキリールの選び方
  • ヒラスズキリールおすすめ8選
  • 【2021年新作】おすすめヒラスズキリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【ヒラスズキの基本知識】生態・レシピ・旬な時期・釣り方を解説!
【人気の魚図鑑】今回、釣りラボでは、ヒラスズキの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、ヒラスズキの味、…
【2021年】ヒラスズキロッドおすすめ人気10選!コスパ最強製品をランキングでご紹介
磯釣りのターゲットとして非常に人気のあるヒラスズキ。今回、釣りラボでは、そんなヒラスズキ釣りにおすすめのロッドの選び方や…
【2021年】釣れる!ヒラスズキ釣り用ルアー人気8選!おすすめのカラーも紹介
ヒラスズキ釣りと言えば磯から釣る磯ヒラが有名です。そんなヒラスズキが良く釣れるルアーの選び方をご存じでしょうか?今回釣り…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング11選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン