【2021年】ヘビキャロリールおすすめ13選!初心者でも失敗しない選び方も

ヘビキャロでリールに最も必要な要素は、飛距離を出すこと!そこで今回、釣りラボでは、ヘビキャロベイトリールの選び方をわかりやすく解説。おすすめのベイトリールを初心者・コスパ・飛距離別に紹介するので、是非参考にしてください。

リール
スポンサーリンク

そもそもヘビキャロリールとは?

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 スコーピオン MGL 150HG 右 バス釣り ロックフィッシュ

ヘビキャロリールとは、ヘビーキャロライナリグという名前のリグをキャストするのに適したリールです。

ヘビーキャロライナリグとは、シンカーが仕掛けの中央にあり、オフセットフックとワームという組み合わせで、他のルアーよりも遠投に適しています。

ヘビキャロリールは、遠投に向くというヘビキャロの特性を活かすことができるリールのことをいいます。

スポンサーリンク

ヘビキャロベイトリールの選び方

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

ヘビキャロベイトリールの選び方について解説します。

1.飛距離が出せるか

ヘビキャロベイトリールを選ぶ際は、飛距離を出せるリールであることが大切なポイントとなります。

ヘビキャロは、比較的重いシンカーを使用し、3~4インチのワームを用いるので、飛距離の出やすいリグですが、リールも飛距離を出せる仕様になっているかが大切で、投げやすさ等を考慮して選択しましょう

2.糸巻き量

ヘビキャロベイトリールは糸巻量に注意して選ぶようにしましょう。
ヘビキャロは遠投することで、広いフィールドをサーチできるリグでなので、遠投に耐えるだけの糸巻き量が必要です。

ヘビキャロで使用するラインは、主としてフロロラインで14lbあるいは16lbです。
14lbを80m巻くことができれば、ヘビキャロリールとしては十分使用できます。

16lbに比べ14lbの方が、飛距離は出やすいので、14lbを選択するアングラーも多いでしょう。

少し余裕を持ちたい人は、16lbを100m巻くことができるベイトリールを選択しておけば良いでしょう。

もちろん16lb以上の場合には、対応するラインを100m巻くことができるベイトリールを選択すると良いでしょう。

3.ギア比

ヘビキャロベイトリールを選ぶ際には、ギア比にも注意しましょう。
ヘビキャロは遠投して使用するのが基本なので、遠くに飛ばしたヘビキャロを早く回収することを考慮するとハイギアがおすすめです。

ハイギアであれば、ラインのたるみ(ラインスラッグ)も早く回収できるのでおすすめです。
概ね7以上がハイギアになるので、7以上のギア比のものを選択しましょう。

ヘビキャロベイトリールで遠投に向いたハイギアモデルは、シマノ、ダイワ、アブガルシアなどからも提供されており、価格の比較的安いものも多く発売されています。

スポンサーリンク

ヘビキャロベイトリールおすすめ人気8選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 バスライズ 初心者向け

ヘビキャロベイトリールおすすめ人気8選をご紹介します。

【初心者向け】ヘビキャロベイトリールおすすめ2選

初心者向けのヘビキャロベイトリールおすすめ2選をご紹介します。

【シマノ】スコーピオンMGL 150HG

採用しているMGLスプールは、回転の立ち上がりが軽く、高い遠投性能とキャスティングの正確差を保証してくれます。

HAGANEボディは剛性が高く、大物がかかってもベイトリールのたわみやネジレをきちんと抑制してくれます。

【ダイワ】タトゥーラTW 100SH

基本性能は高く、またメタルフレームの採用により剛性感の高いヘビキャロのベイトリールとなっています。

ギア比7.1のハイギア仕様で、遠投したヘビキャロの回収も素早く行うことができ、価格も比較的安く初心者におすすめです。

【コスパ重視】ヘビキャロベイトリールおすすめ2選

コスパ重視のヘビキャロベイトリールおすすめ2選をご紹介します。

【シマノ】バスライズ

基本性能を満足する機能を持ち、価格も安く抑えたヘビキャロベイトリールのエントリーモデルです。

34mmの径と浅溝化したスプールにより遠投性能も向上させています。
ブレーキシステムは、操作の簡単なイージーマグを採用しました。

【ダイワ】バスX

誰でも使いやすいリールをコンセプトにし、基本性能を満足するヘビキャロベイトリールで、価格も安く抑えています

スプールは32mmと比較的小さいながら、回転性能を向上させたアルミ製のスプールで遠投にも対応しました。

【飛距離重視】ヘビキャロベイトリールおすすめ2選

飛距離重視のヘビキャロベイトリールおすすめ2選をご紹介します。

【ダイワ】ジリオン TW HLC 1516H

ジュラルミン製のHLCスプールは36mm径を持ち、遠投に最適な上に、マグシールドベアリングで耐久性もアップさせています。

スピードシャフトの採用により、スプールをフリーとした際にBBのみで支える構造で、抵抗の少ない回転を実現させています。

【シマノ】アンタレスDC HG

スプール径37mmと遠投仕様のアンタレスDCは、MGLスプールによって更に飛距離を伸ばしました。

マイクロモジュールギアやX-SHIPによって巻上げのフィーリングも向上し、7.4のハイギア仕様はヘビキャロの回収もストレスなく行うことができます

【性能重視】ヘビキャロベイトリールおすすめ2選

性能重視のヘビキャロベイトリールおすすめ2選をご紹介します。

【アブガルシア】REVO BLACK10

ギア比10のハイギア仕様で、遠くにキャストしたヘビキャロの回収もスムーズに行うことができます

デュラメタルフレームの採用で、強度を維持しながら軽量化を実現しました。
アルミマシンカットスプールは、大型の魚を狙う上で遠投、近距離にも対応できます。

【シマノ】メタニウム DC XG

デジタルブレーキシステムを採用し、異なるラインに対してワンタッチでブレーキの効きを調整することができます。

最高回転数を12%向上させたブレーキコントロールで、安定した遠投が実現できる汎用性の高い高性能リールです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめヘビキャロベイトリール2選

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 バス X 80SH (2019モデル)

2021年新作のヘビキャロベイトリールおすすめ2選をご紹介します。

【ダイワ】スティーズA TW HLC 7.1R

36mm径のMAG-Zスプールにより、遠投性能を大幅にアップさせた、2021年シーズン必携のヘビキャロベイトリールです。

ハイパードライブデザインで、初期性能が長く続くことをコンセプトにし、強靭で堅牢なボディを作り上げています。

【シマノ】スコーピオンDC 150HG

低慣性スプールで、高いキャスト性能を実現し、さらにスプールの深溝化によって、ラインキャパシティを増加させています。

ギア比は3種類あり、釣りのスタイルなどによって選択することができます。
マイクロモジュールギアは滑らかな巻取りを約束してくれます。

スポンサーリンク

ヘビキャロリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン TW 1516H (右ハンドル) 2015年モデル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ヘビキャロリールおすすめ13選!初心者でも失敗しない選び方も」というテーマに沿って、

  • そもそもヘビキャロリールとは?
  • ヘビキャロベイトリールの選び方
  • ヘビキャロベイトリールおすすめ人気8選
  • 【2021年新作】おすすめヘビキャロベイトリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ヘビキャロにおすすめのロッド21選!選び方や代用ロッドもご紹介
ヘビキャロとは、琵琶湖などの広い場所での釣りにおすすめのリグ。そのリグの威力を引き出すには、硬めのロッドです。今回、釣り…
【2021年】ヘビキャロ用ワームおすすめ9選!選び方や釣果を上げるポイントも解説
琵琶湖やオープンエリアでのヘビキャロはとても人気ですが、ワームは種類が多くて迷ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、こ…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング11選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン