【初心者必見】船釣りに最適な服装・持ち物は?春夏秋冬・季節ごとに紹介!

「船釣りに挑戦してみたいけど、最適な服装がわからない!」という人は多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな船釣りにおける最適な服装・持ち物を季節別にご紹介していきます。女性向けの服装やアイテムも紹介しているのでぜひご覧ください。

服装
スポンサーリンク

船釣りでオールシーズン使える服装・持ち物

服装

出典:写真AC

船釣りに向けて準備をする時、釣り具ばかりに気を取られていませんか?
海の上で行う船釣りは、陸での釣りとは環境がぜんぜん違います。

狭い船の上での釣りを快適に行うためには、釣り具だけではなく服装や持ち物にも気を配ることが大切です。

それでは、船釣りでの基本的な服装や持ち物をチェックしていきましょう。

インナー・Tシャツ

船釣りの服装には特別決まりはありませんが、海上は陸に比べて体感温度が1、2℃低いです。

そのため、季節によって生地の厚さを変えたり、インナーやTシャツの上にパーカーを羽織ったりするなどして、調整しやすい服装にしておきましょう。

【ミズノ】ブレスサーモアンダーウェア エブリプラス

ミズノのアンダーウェアは、吸湿発熱素材ブレスサーモによって温かく快適な着心地を実現しています。
ストレッチ性も高いので、釣りの時も動きやすいです。

アウター・ジャケット

船の上にいると波しぶきで、服が濡れてしまうことも多いです。
また、急な雨に降られたり、風が強かったりすることもあります。

そのため、インナーやTシャツの上に、撥水や防風に優れたアウターやジャケットを着るようにしましょう。

【ダイワ】レインマックス ウィンタースーツ DW-35009

冬の海釣りでも寒さからしっかりと守ってくれる、ダイワの防寒ウェアです。
袖口がシャーリング仕様になっているので、冷気が入ることがありません。

ライフジャケット

船釣りにはライフジャケットが欠かせません。
船の上は波に揺られて足場が不安定で、波がひどい時には船から転落してしまうこともあるからです。

また、法改正により2018年2月から小型船舶に乗船する際は、常にライフジャケットを着用することが義務化されました。

船に乗る時は、国土交通省の安全基準を満たしている桜マークの付いたライフジャケット着用する必要があります。

泳ぎに自信がある人や波が穏やかな時でも、必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。

【シマノ】ライフジャケット 自動膨張 VF-051K

動きやすい肩掛けタイプのシマノのライフジャケットです。
首回りはメッシュ素材、肩部分にはクッション性のある素材が使われているため、快適に過ごすことができます。
落下するとU字型に膨らみ上半身をしっかり浮かせることがきるので、安定感もバツグンです。

偏光サングラス

船釣りに限らず、釣りをする時にはサングラスは用意しておきたいアイテムです。

天気が良い日は、日光が海面に反射して眩しいことも多いです。
また、ルアーやおもりなどが、何らかの拍子に顔に飛んでくることもあります。
目を守るためにも、サングラスを着用することをおすすめします。

特に船釣りにおすすめなのが、偏光レンズを使ったサングラスです。
偏光サングラスは、波に反射した光を抑え水中を見えやすくしてくれます。

【シマノ】フィッシンググラス PC HG-078L

お手頃価格なシマノの偏光サングラスは、初心者にもおすすめです。
衝撃や熱、太陽の光などにも強いプラスチック素材でできているため、揺れが激しく天候の変化が大きい海釣りでも安心して使うことができます。

帽子

帽子も用意しておきましょう。
帽子をかぶることで太陽からの紫外線を防いでくれるだけではなく、雨や寒さからも頭を守ってくれます。

また、根がかりを外す時に頭に釣り針が刺さってしまうかもしれませんし、まわりがキャストした釣り針が誤って頭に刺さってしまう可能性もあります。
ケガを防ぐ働きもあるので、帽子は必要です。

さらに、ファッション性の高い帽子を選べばオシャレに見えます。
お気に入りの帽子で海釣りを楽しみましょう。

【ダイワ】メッシュキャップ DC-62009

大手釣具メーカーであるダイワのメッシュキャップです。
シンプルなデザインでどんな服にも合わせやすいだけでなく、つば裏が黒の生地でできているので反射を防ぐこともできます。

長靴・ブーツ

船の上は波がかかって濡れていたり、魚や餌などで汚れやすかったりします。
普通の靴では濡れやすく滑りやすいため、長靴やブーツを履くのがおすすめです。

ですが、気を付けたいのがソールの形状。
船釣りならラジアルソールを選ぶのが一番です。

ラジアンソールは一般的な長靴にも良く使われていて、ゴム製でギザギザした模様がついています。

基本的に滑らないものなら大丈夫ですが、スパイクソールは船釣りではNGです。
船上では滑りやすいですし、船を傷つけてしまうので履くのは辞めておきましょう。

【ダイワ】DB-2410 ショートネオデッキブーツ

船上での滑りを軽減してくれるボートグリッパーソールがついた、ダイワのショートブーツです。
ショートタイプの長靴なので、着脱も簡単です。

雨具

海の上では急に気候が変化することも多いです。
雨に当たると体が冷えてしまうこともあります。
そんな時に、さっと羽織れるような雨具を用意しておくことが大切です。

レインコートではなく、上下別々になっているタイプを選ぶようにしましょう。
ワークマンなら2000円程度から手に入れることができますので、そういった場所で購入するのもおすすめです。

【シマノ】レインウェア フィッシング DSベーシックスーツ RA-027Q

防水性や撥水性はもちろん、透湿性にも優れているシマノのレインウェアです。
汗を服の外に放出してくれるので、雨の日でも快適に釣りを楽しめます。

スポンサーリンク

【季節別】船釣りに最適な服装・持ち物

服装

出典:写真AC

船釣りは、暑さや寒さの影響を受けやすいです。
そのため、季節に合わせた服装や持ち物を用意する必要があります。

快適に船釣りを楽しむためにも、季節別に船釣りに最適な服装や持ち物を知っておくことが大切です。

春(3月・4月・5月)の船釣りの服装・持ち物

  • 長袖Tシャツやトレーナー
  • パーカーなど温度調整をするもの
  • アウター(やや厚手~薄手のもの)
  • 撥水性の高い長ズボン
  • 帽子
  • 長靴

春先はまだまだ寒いです。
特に、3月は寒い時も多いので、アウターはやや厚めのものを着るのがベストです。

また、インナーとアウターの間にパーカーなどを着て、温度調整できるようにするのがおすすめです。
寒さによって簡単に脱ぎ着できるものを用意しておきましょう。

さらに、船釣りではトップスだけでなくボトムスも波で濡れてしまうことが多いです。
長靴だけでは濡れるのを防ぐことができないため、撥水性のあるパンツやレインウェアを履いて、体が濡れないように気を付けて下さい。

そして、春先は日差しは強くない時期ですが、帽子は必須です。
日焼けやケガなどを防ぐためにも、帽子は必ず用意したいものです。

夏(6月・7月・8月)の船釣りの服装・持ち物

  • 長袖Tシャツ
  • 長ズボン
  • ラッシュガードやレギンス
  • つばの広い帽子
  • 長靴やマリンシューズ、サンダル
  • 日焼け止め

夏は半袖に短パンで船釣りに行く人もいるかもしれません。
ですが、半袖や短パンでは日焼けするだけでなく、ケガの恐れもあります。
できるだけ、肌を隠すような長袖Tシャツやズボンを着るようにしましょう。

「それでは暑い!」と思う方は、半袖Tシャツの上にラッシュガードを着たり、短パンの下にレギンスを履くのもおすすめです。
冷感タイプなら暑さも感じにくくなるはずです。

また、夏はつばの広い帽子をかぶったほうが、紫外線をしっかりと防ぐことができます。
さらに、日焼け止めを塗って日焼け対策を万全にしてください。

そして、夏場になると足元はマリンシューズやサンダルでも大丈夫です。
針先やおもりなどが当たってケガをする恐れがあるので、足先が覆われているクロックスなどを選ぶようにしましょう。

秋(9月・10月・11月)の船釣りの服装・持ち物

  • 長袖Tシャツやトレーナー
  • パーカーなど温度調整をするもの
  • アウター(薄手~やや厚手のもの)
  • 撥水性の高い長ズボン
  • 帽子
  • 長靴

秋は気候が穏やかですが、朝や晩は冷えることも多いです。
また、11月頃になるとグンと寒さを感じることもあります。

気候に合わせてパーカーなどで温度調整をしたり、やや厚手のアウターを着たりして、寒さを意識した服装を心がけましょう。

また、トップスだけでなく、ボトムスが濡れると寒さを感じやすくなります。
長靴を履くのはもちろん、撥水性の高いパンツやレインウェアを履いて、下半身が濡れるのを防ぐことが大切です。

寒くなってきたと言っても、まだまだ日差しは強いです。
ケガを防ぐためにも、帽子をかぶるようにしましょう。

冬(12月・1月・2月)の船釣りの服装・持ち物

  • 裏毛のあるインナー
  • 厚手のトレーナーやフリース
  • アウター(厚手のもの)
  • 厚手のレギンスや長ズボン
  • 撥水性の高い長ズボン
  • ニット帽
  • ネックウォーマー
  • 手袋
  • ブーツ
  • 厚手の靴下
  • ホッカイロ

冬の海釣りは寒いので、とにかく防寒に努めることが重要です。
裏起毛などの厚手のインナーを着た上に、トレーナーやフリースを重ね、さらに暖かいアウターを着るようにしましょう。

また、ボトムスも厚手のタイツや長ズボンを履いた上に、さらに撥水性の高いオーバーパンツやレインウェアを履くなどして、下半身が濡れないように気を付けて下さい。

さらに、ニット帽やネックウォーマー、手袋でしっかりと体の先まで暖かくすれば、冬でも快適に釣りをすることが可能です。
指先がないタイプの手袋なら寒さを防ぎつつ、作業もしやすいでしょう。

また、足元から寒さはくるものです。
暖かさのあるブーツに厚手の靴下を合わせて、しっかり足元を寒さから守りましょう。

あとは、ホッカイロもあると便利です。
とにかく暖かくして、船釣りを楽しんで下さい。

スポンサーリンク

【女性向け】おすすめの服装・アイテム

服装

出典:写真AC

最近では、女性でも船釣りを楽しむ人が増えてきました。
女性はファッションが気になる人も多く、釣りをする時も服装や持ち物にもこだわりたいかもしれません。

そんな女性に向けてかわいくておしゃれな服装やアイテムを集めてみました。
船釣りをおしゃれで快適に楽しみましょう。

おしゃれな服装

釣具メーカーのウェアや小物は男の人向けと思いがちかもしれませんが、可愛くてカラフルなものもたくさんあります。
また、釣り用にこだわる必要はなく、普段も使えるものを選んでも大丈夫です。

では、普段使いもできるような服装や小物をご紹介していきます。

【シップスマスト】サロペット

シップスマストは、女性のためのフィッシングブランドです。
そんなシップスマストのサロペットはカラフルで可愛いだけでなく、フロントファスナーで脱ぎ着もしやすいです。

また、透湿防水性も高く、機能面でも優れています。

【シップスマスト】ショートジャケット

透湿防水性に優れた、シップスマストのショートジャケットです。
先ほどのサロペットと合わせて、ピンクコーデを楽しむのもおすすめ。
釣りだけではなく、ランニングやキャンプなどに着ることもできるデザインです。

【ハンター】レインシューズ

ハンターのレインシューズなら、釣りコーデも可愛く決まります。
また、ロング丈なので、濡れる心配もありません。
釣りだけでなく日常でも履けるので、満足度も高いのではないでしょうか?

【ザノースフェイス】ホライズンハット NN01909

アウトドアブランドであるザノースフェイスのホライズンハットは、帽子のつばも広く、日焼けが気になる女性にもおすすめです。

防水透湿素材でできているため、急な雨でも大丈夫です。
また、あご紐つきなので、釣りの途中で風に飛ばされる心配もありません。

便利な持ち物・アイテム

船釣りをする上で、便利な持ち物やアイテムを集めてみました。
必ずしも必要なものではありませんが、用意しておけば船釣りがもっと快適になるはずです。

【シップスマスト】UVカットグローブ

手元を紫外線から守ってくれるシップスマストのUVカットグローブです。
カラフルな色で、釣りコーデを明るくしてくれるでしょう。
魚にあまり触りたくない女性も、グローブ越しなら触りやすいと思います。

【Danyee】防水ポーチ

三重チャック式のDanyeeの防水ポーチです。
波で濡れがちな船釣りでも、水からしっかりと貴重品を守ってくれます。
価格もお手頃でカラーも豊富です。

【アネッサ】パーフェクトUV スキンケアスプレー

船釣りでは紫外線に気を付ける必要があります。
アネッサーの日焼け止めは、スーパーウォータープルーフで汗や水にも強く、紫外線から素肌を守ってくれます。

しかも、スプレータイプなので届きにくい箇所も塗りやすく、化粧をした後でも使うことができます。

スポンサーリンク

船釣りに最適な服装・持ち物まとめ

服装

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【初心者必見】船釣りに最適な服装・持ち物は?春夏秋冬・季節ごとに紹介!」というテーマに沿って、「船釣りでオールシーズン使える服装・持ち物」「【季節別】船釣りに最適な服装・持ち物」「【女性向け】おすすめの服装・アイテム」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

船釣り(沖釣り)のやり方とは?おすすめの服装や持ち物、船の予約方法をご紹介!
船での釣りは、堤防釣りとはまた違う魅力があります。子供を連れてファミリーで楽しむのもおすすめです。今回、釣りラボでは、船…
釣りにおすすめの服装とは?季節・場所別にご紹介【初心者・釣り女子必見】
釣りに行く時、どういった服装をすると良いのでしょうか?釣りラボでは今回、釣りに最適な服装を【春夏秋冬】【釣り場所】別に解…
初心者必見!釣りに必要な持ち物とは?必ず持っていきたい道具をご紹介
これから釣りを始めようと考えている方がまず悩まれるのは、どんな道具を用意すれば良いのかということだと思います。そこで今回…
マス(ニジマス)釣りのコツ・仕掛けを徹底解説!人気の釣り場・釣り堀もご紹介
マス(ニジマス)は、釣りの対象魚として、とても人気のある魚の一つです。今回、釣りラボでは、ニジマス釣りにおすすめの餌や仕…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン