ダツは死亡事故例もある危険な魚!刺さるって本当?その生態や釣り方を紹介

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ダツの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

ダツとは?その特徴・生態をご紹介

ダツ

出典:写真AC

ダツと聞いてすぐにイメージできる方は少ないかもしれません。

ただ実は日本国内では、8種類ほど、世界的に見ると32種類ものダツが分布しており、実に様々な種類のいる魚の一つです。

外見は、細くしなやかに伸びた体つきで胸ビレ以外のヒレは全体の後方に集中し、鋭い歯が生えた細く長い顎があります。

サンマやサヨリ、トビウオなどがダツの仲間で、なんとメダカもダツと同じダツ目なのです。
ダツの食性は小魚などを捕食するフィッシュイーターですが、エビやカニの甲殻類、ゴカイ類なども食べることがあります。

下記でさらに詳しく、ダツの特徴・生態をご紹介します。

ダツの呼び方

ダツの呼び方は、国や地方によって異なります。
変わった名称も多く、全て覚えるのは大変です。

別称・別名

アオサギ、アオダス、アオボネ、イシブエ、シジャー、スジイヨ、ダス、マルダツなど様々な別称があります。

英語・外国名

Needlefish、Pacific needlefish、Green gar、Houndfish、英名のNeedlefishですが直訳すると針の魚という意味で、針のように鋭い顎を見れば納得がいきます。

学名

学名とは、世界共通で使用される分類名称です。
「Strongylura anastomella」がダツの学名です。

生息地

ダツの国内生息地は、北海道から九州までの日本海側、太平洋沿岸、東シナ海、瀬戸内海沿岸で生息が確認されています。

海以外の場所では、東京都江戸川区の葛西臨海公園内にある葛西臨海水族園で展示されています。

また、日本国内では浅瀬の海に生息するダツですが、海外では淡水が交わる汽水域や淡水域でも生息していることが確認されています。
主な海外では、熱帯域や温帯域の比較的暖かい水域で多く確認されています。

骨が特徴的

ダツの骨は青や緑がかった色をしており、初めて捌く方は驚きます。
同じダツ目のサンマなどの骨も緑色をしていることがあります、毒々しい色ですがむしろ新鮮な証拠なのでご安心ください。

サヨリとの違い

見た目の特徴がそっくりなダツとサヨリですが、実は大きな違いがあります。

  • ダツには鋭い歯がありますが、サヨリにはないです。
  • 体長が最大40cm程度のサヨリに対して、ダツは最大1mを越すこともあります。
  • ダツは主に小魚を餌にしていますが、対してサヨリはプランクトンが主食です。
  • 群れを作らず単独で泳ぐダツ、サヨリは群れをなして泳ぎます。
  • ダツは夜行性に対して、サヨリは明るい時間帯が最も過発な時間帯です。
  • サヨリはスーパーの鮮魚コーナーでも見かけるメジャーな魚ですが、ダツは流通量も少なくあまり市場では見かけません。

値段・相場価格

ダツは市場に出回ることが少ない魚です。
需要があまり無いせいか、値段・相場価格も安く、キロで1000円前後です。

スポンサーリンク

ダツの危険な習性について

ダツ

出典:写真AC

見た目が鮮やかなダツですが、釣り人やダイバーにとって危険な習性を持っています。
下記でダツの危険な習性についてご説明します。

水面を飛び出すことも

海の表層に生息しているダツは、捕食時の習性に注意が必要です。

ダツは捕食の際、稚魚や小魚に反射した光に反応し捕食する習性があります。
捕食時の獲物を捕らえる速さは、時速60km以上だと言われています。
車の走行速度と変わらないなんて、ダツとの正面衝突は避けたいものです。

ヘッドライトや懐中電灯の光にも反応して、水面を飛び出すことがあります。

刺さる事故が多発している

上記でご説明した通りダツには、光に反応して突っ込む習性があるので夜釣りの際は、ダツが飛ぶかもしれないので気をつけてください。

船上からライトを水面に向けたまま覗き込んでしまい、その光に反応したダツがダーツの矢のように突き刺さるなどの事故多発しています。
実際に、ダツが原因の死亡事故も起きています。

もし、ダツが体に刺さってしまった場合は、焦ってダツを体から引き抜かずに刺したままにします。

焦って引き抜いてしまうと大量出血になる恐れがあるため、ダツの刺さった部分はそのままにして、すぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

ダツを使った料理・食べ方

ダツ

出典:写真AC

あまり聞き慣れないダツの調理法ですが、おすすめのダツを使った料理・食べ方をご紹介します。

御自身で釣り上げた際の、調理方の参考にしてください。

どんな味がするの?まずいって本当?

どんな味がするのか気になる方も多いかと思います。
まずいとの噂もあるようですが、味はさっぱりとした白身で、熱を加えるとしっかりとした歯応えもあります。

旬な時期・季節

ダツの旬な時期・季節をご紹介します。
四季を通して手に入るダツですが、産卵前の冬から初夏にかけての時期が良いです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

ここではダツのおすすめ人気のレシピ・調理方法をご紹介します。

刺身

刺身でダツを食べる際の手順は、以下の通りです。

  • 鱗を取り除き頭と胸ビレまでを一緒に落として、腹から刃を入れ内臓を出します。
  • 三枚におろしたら、皮を剥がしサクにします。
  • なるべく薄く切る方が食べやすいです。

より詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ダツの捌き方 - つくる楽しみ
ダツの捌き方を写真入で解説…

天ぷら

天ぷらでダツを食べる際の手順は、以下の通りです。

  • 鱗を取り除き頭と胸ビレまでを一緒に落として、腹から刃を入れ内臓を出します。
  • 三枚におろしたら、皮を剥がして天ぷら粉をまぶします。
  • 高温でサクッとあげれば完成です。

ダツを楽しめる人気のお店・レストラン

こちらでは、ダツを楽しめる人気のお店・レストランをご紹介します。

魚匠屋

住所:東京都千代田区飯田橋2-3-7ラポストビル2F

漁港直送のお刺身が楽しめるお店です。
詳細は食べログなどを参照してください。

魚匠屋 飯田橋本店 (九段下/居酒屋)
★★★☆☆3.21 ■夜はビール199円、日本酒、焼酎半額◆日テレ「シューイチ」で山盛りマグロ丼が紹介されました ■予算…

あじろ定置網

住所:東京都港区港南4-5-1

鮮度の高い希少な魚を楽しめるお店です。
詳細は食べログなどを参照してください。

あじろ定置網 (品川/魚介料理・海鮮料理)
★★★☆☆3.40 ■予算(夜):¥5,000~¥5,999…
スポンサーリンク

ダツにおすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

こちらでは、ダツにおすすめの釣り方・仕掛けをご紹介します。

ダツの釣り方はルアー釣りや、泳がせ釣り仕掛けを使った方法があります。

釣竿・ロッド

【シマノ】スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート

ダツだけでなく、エギング、トラウト、タチウオなど海釣りで活躍してくれる万能スピニングロッドです。

リール

【ダイワ】スピニングリール 16 ジョイナス 3000 糸付 4号-150m

デジギヤを搭載し耐久性も高く、回転フィーリングも良く、海水と淡水どちらにも使用できる使い勝手の良いスピニングリールです。

ルアー・ワーム

【Nuguri】ルアー ポッパー トップウォーター フローティングポッパー 12.5cm 40g

水中では小魚のように光を反射し、魚を誘い釣果を高めてくれます。
ABS素材を使用したボディなので耐久性にも優れたルアーです。

釣り餌

泳がせ釣りでは、餌として生きた小魚を使用するため釣り餌は使用しません。

スポンサーリンク

ダツの捌き方(さばき方)

出典:写真AC

ダツの捌き方は、一般的な魚と捌き方で良いです。
捌く際は、小骨に注意をして処理してください。

実際に動画で見たいという方は、こちらの動画を参考にしてください。

ダツ(危険な魚)を牛刀一本でさばき方~刺身までを検証[魚屋の技術]
スポンサーリンク

ダツの基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ダツは死亡事故例もある危険な魚!刺さるって本当?その生態や釣り方を紹介」というテーマに沿って、「ダツとは?その特徴・生態をご紹介」「ダツの危険な習性について」「ダツを使った料理・食べ方」「ダツにおすすめの釣り方・仕掛け」「ダツの捌き方(さばき方)」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン