【2020年】マゴチ釣り用ルアーおすすめ7選!ルアーアクションのコツも解説

マゴチは手軽な堤防釣りから船釣りなど幅広いシーンで釣れる魚として人気が高まってきています。今回釣りラボでは、そんなマゴチを釣るためのルアーについて、おすすめのルアー7選や色・重量の選び方、ルアーアクションのコツなどを詳しく解説していきます。

ルアー
スポンサーリンク

マゴチ釣りで主に用いられるルアーの種類

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショアスローモデル20g #43 ピンクゴールドJPSLOW-20

マゴチは、カサゴ目コチ科の大型肉食魚で、沿岸の砂底に好んで棲息しています。
食性は肉食ではありますが、ヒラメは生きている魚しか食わないのに対し、マゴチは死んだ魚も食べます。
ヒラメのように、ベイトを追い回して泳ぎ回るようなことはせず、ベイトが目の前を通るのをじっと待ち伏せしています。

旬は夏で、真夏の炎天下に釣れるものは「照りゴチ」と呼ばれ、高級食材として、アライなどで食べられています。

ルアーでマゴチを釣る際は、派手なアクションは必要なく、リフトアンドフォールやストップアンドゴーなどでアクションさせ、フォールで食わせるのが基本です。
ここでは、マゴチ釣りに使うルアーについて紹介して行きます。

メタルジグ

メタルジグは、あらゆるルアーフィッシングに使えます。
マゴチ釣りに向いているのは「スロータイプ」と呼ばれる、左右非対称で通常のメタルジグよりも平べったく、水中ではひらひらとゆっくり沈みながらじっくり魚に見せてフォールで食わせるタイプのメタルジグです。

メタルジグは最も飛距離が出るルアーです。
広大なサーフをランガンしながら探るには一番向いていると言えます。

神奈川県の相模湾岸の湘南や西湘のサーフでは、30〜40g前後のメタルジグをフルキャストするライトショアジギングが大流行しています。

ダウンショットリグ

ダウンショットリグは、本来は根がキツいような場所を攻める際に有効な仕掛けで、ラインにフックを結んだ端糸を長く取り、リーダー代わりにして、その先端にダウンショットシンカーという錘をつけた仕掛けです。
ルアーがボトムから数十cmほど宙に浮いた状態で漂いますので、ロッドで大きなアクションをつけなくとも自然な動きを演出できます。

ジグヘッド

ジグヘッドリグは、マゴチ釣りには最も向いている仕掛けのひとつです。
飛距離がメタルジグと比較すると落ちますが、それでも、28〜30g前後のジグヘッドにシャッドテール系のソフトルアーをつければ、100m近い距離を出すことも不可能ではないでしょう。

ボトムスレスレのレンジを、ただ巻きでマゴチの鼻先にリグを通すことができれば、高確率で食って来ます。

ワーム

ワームも、マゴチには非常に有効なリグとなります。
テキサスリグやキャロライナリグなどに使う、グラブ系のワームが効きます。
リフトアンドフォールで誘い、フォールで食わせます。

また、ストレート系のワームでも、ネコリグなどバス用のワーム仕掛けで釣れます。
ワインド用のワームを使い、ダートアクションで誘ってもよく食いついてきます。

スポンサーリンク

マゴチ釣りでのルアーの色・重さの選び方

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ワーム フラットジャンキー ロデム4 28g マイワシ ルアー

マゴチ狙いのルアーは、ヒラメ狙いと同じカラーローテーションで良いかと思います。
すなわち、以下のようなローテーションが望ましいです。

  • 朝夕の間詰め時など光量の少ない時:赤、黄、オレンジ、赤金などのアピールカラー
  • 日中の光量の多い時:リアルベイトカラー、青、緑、銀、青ピンクなどのナチュラルカラー
  • 曇りや雨天で潮に濁りが入っている時や夜釣り:グロー系、UVカラーなどの発光系カラー

厳密に「こういう時はこの色」という決まりはありません。
また、時期、天気、水温、ベイトの有無などによっても状況は変わってきます。

大事なことは、反応がなければ次々とルアーをチェンジし、なるべくたくさんの種類を投げること、そして、近くに爆釣している人がいれば、その人がどんなルアーを投げているのかよく観察し、似たカラーのルアーのを投げてみるなど、常に状況を見て、臨機応変に立ち回る事です。

スポンサーリンク

マゴチ釣り用ルアー人気5選

アブガルシア(Abu Garcia) メタルジグ ショアスキッドジグ 30g ゴールドコットンキャンディー SSSHRSJ30-GCC.

ここからは、マゴチ釣りにおすすめの最強ルアーを紹介して行きます。

【メジャークラフト】ジグパラ スロー ピンクゴールド

大ヒットブランド、メジャークラフト・ジグパラの、ショアスロー用定番ルアーです。
ピンクゴールドは、現場に着いてまず最初に投げたいパイロットルアーです。

【ダイワ】フラットジャンキー ロデム4 マイワシ

ヒラメ、マゴチなどのフラットフィッシュ狙い専用のシャッドテールワームです。
ワームキーパー、誘導レールで簡単・確実なワームセットが可能です。

【アブガルシア】ショアスキッドジグ ゴールドコットンキャンディー

アブガルシアのスキッドジグを改良し、ショアジギングに対応したメタルジグです。
着水後、ゆっくり前後にひらひら揺れながら沈んで行きます。
リフトアンドフォールで誘い、じっくりフォールを見せましょう。

【メジャークラフト】パラワーム-DART オレンジゴールド

マゴチに非常に有効なボトムバンプを効果的に行えるワームです。
やや重めのジグヘッドを使うと扱いやすいでしょう。

【シマノ】熱砂 スピンドリフト 110HS ピンクゼブラグロー

潮の流れが強い離岸流や潮目に沿ってドリフトさせる釣りに大変効果的です。
ヘビーシンキングタイプで、水深がある場所、流れの速い場所で特に威力を発揮します。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめマゴチ釣り用ルアー2選!

メジャークラフト ワーム パラワーム-DART3.0 PW-DART3.0#049オレンジゴールド

ここからは、2020年に発売された、最新のマゴチ、ヒラメおすすめルアーを紹介します。

【DUO】ビーチウォーカー ジャンゴセット 21g どぜうGB

ひと口サイズのボディに、フックアイを腹側と背中側に2箇所設けることで、捕食があまり上手くないマゴチを一発でフッキングさせることができるワームです。

【ジャッカル】グッドミール スキニー 2インチ カタクチパール

2インチの小さなボディに長めのテールが震え、弱った小魚を演出、ただ巻きでOK、さまざまなな魚に効きます。
15〜20g程度のジグヘッドと合わせて使います。

スポンサーリンク

マゴチ釣り用ルアーのオススメ収納ケース

シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト 110mm 33g ピンクゼブラグロー 42T OM-110K ルアー

マゴチ釣り用ルアーのおすすめのタックルケースを紹介します。
釣り専用のタックルケースは、バックル部の耐久性が高かったり、水抜き穴が加工されていたり、バッカンやフローティングベストのポケットにピッタリ入るサイズだったり、様々な工夫がされています。

100円ショップのケースも悪くありませんが、やはり釣り専用のケースを使いたいものです。

【アブガルシア】ルアーケース リバーシブル100

フラットフィッシュ狙いに多用する、100mm程度の長さのルアーを効果的に収容できます。
裏表リバーシブル構造で、13室に仕切られた大容量のルアーケースです。

【ダイワ】ルアーケース 210T

水抜きダクトがついているマルチタックルケース。
釣行後は、ルアーを収納したまま水洗いし、そのまま水切りして干しておくことも可能な大変便利なケースです。

スポンサーリンク

マゴチの釣り方・ポイント

デュオ ビーチウォーカー ジャンゴセット 21g DUO BEACH WALKER JUMGO SET GPA0542 どぜうGB 21g

では、最後にマゴチの釣り方について、おすすめの時期や人気タックルをご紹介します。

おすすめの時期・時間帯

マゴチ釣りのおすすめの時期は、初夏から秋口にかけてです。
地域差はありますが、具体的には6月〜10月頃までがショアからマゴチを狙うのに適しています。
ヒラメより1ヶ月くらい早く始まり、1ヶ月くらい早く終わるといった感じでしょうか。

時間帯は、朝夕の間詰め時に活性が高いのははもちろんですが、マゴチに限れば、日中でもあまり活性は変わりません。
ベイトを追って積極的に動き回る魚ではなく、目近くに来たベイトに襲いかかる摂餌行動を取りますので、ベイトの接岸が重要になります。

マゴチ釣りにおすすめのタックル・仕掛け

ここでは、ルアー以外にマゴチ釣りにおすすめのタックルを紹介します。

【ダイワ】レグザ LT3000S-CXH

LTコンセプトによる、軽さと強さを両立したレグザは、ライトショアジギングに最適なスピニングリールです。
安価なリールながら、マグシールドやタフデジギア、オートマチックドラグシステムを備えたハイパフォーマンスモデルです。

【メジャークラフト】トリプルクロスサーフモデル TCX-1062SURF

一般的な体格の日本人がショアジギングで最も飛距離を出しやすい長さとしなやかさを持った、ライトショアジギングロッドです。
40gのメタルジグまでフルキャストできる、使い勝手の良いロッドです。

【メジャークラフト】マイクロショアジギさびきジグ入りセット Sセット

ジグパラの5gのメタルジグとジグサビキ用サビキ仕掛け、スペアのサビキ仕掛けがセットになったお得な製品です。

【ゴーセン】剛戦ジギング 8ブレイド 1.2号(25lb) 200m

SDE製法によって8本ブレイドに編み上げられたPEラインは、同社の最高級ソルトウォーター用ラインです。
抜群のガイド滑り性により、さらなる飛距離を叩き出します。

マゴチ釣り用ルアーの付け方・結び方

マゴチ釣り用ルアーは、リーダーの先端にスナップをつけ、手返し良くルアーのチェンジできるようにしておきましょう。

ショックリーダーとスナップの結び方は、ハーフヒッチだけで最高の強度が確保できる「イモムシノット」をおすすめします。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説

ルアーアクションのコツ

マゴチ釣りのアクションは原則、「スロー」で、かつ「ボトム」を絶えず通します。
スローリトリーブ(ただ巻き)、ストップアンドゴー、リフトアンドフォールが基本です。

マゴチキャッチの最短ルートとは?エキスパートに聞くマゴチのルアー釣り超基本講座

また、サーフで、特にジグヘッドリグリグでマゴチを狙っていると、チヌが釣れることがあります。
チヌはもともと、沿岸に広く分布する魚ですので、昔から「渚釣り」という、サーフからのチヌ釣りのジャンルがあります。

濁りが入っている時、波打ち際の地形に変化のある場所をジグヘッドリグでボトムを探っていると、マゴチやヒラメに交じって、チヌがかかることもあります。
マゴチの釣り方とあわせて覚えておくと良いかもしれません。

サーフチヌが良い感じです

スポンサーリンク

マゴチ釣り用ルアーのまとめ

JACKALL(ジャッカル) グッドミール スキニー 2インチ カタクチパール

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】マゴチ釣り用ルアーおすすめ7選!ルアーアクションのコツも解説」というテーマに沿って、「マゴチ釣りで主に用いられるルアーの種類」「マゴチ釣りでのルアーの色・重さの選び方」「マゴチ釣り用ルアー人気5選」「【2020年新作】おすすめマゴチ釣り用ルアー2選!」「マゴチ釣り用ルアーのオススメ収納ケース」「チヌの釣り方・ポイント」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】マゴチ釣りにおすすめのワーム10選!選び方や仕掛け・釣り方を解説
マゴチをワーム(ソフトルアー)で狙う釣りが近年人気を高めています。今回、釣りラボでは、マゴチ釣りにおすすめのマゴチワーム…
マゴチの釣り方を徹底解説!おすすめのルアー・仕掛け・タックルもご紹介
マゴチ釣りは夏にシーズンを迎え、「照りゴチ」として釣り人から人気の釣り方です。今回釣りラボでは、マゴチの釣り方を中心に、…
マゴチの締め方徹底解説!氷締めや血抜き、神経締めを動画と共に詳しく解説
マゴチを釣った後、美味しくいただくために締めることが大切になります。ですが、正しい締め方をご存知の方は少ないのではないで…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン