【2020年】おすすめのライトショアジギングリール6選|ダイワ・シマノ

海釣りで人気の高いライトショアジギング。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜群のおすすめリール(初心者〜上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ジギング リール
スポンサーリンク

ライトショアジギングリールとは?

リール

出典:写真AC

防波堤・岩場・砂場など、陸っぱりからルアーをキャストし青物やサワラといった中型から大型魚の一般的に高級魚と呼ばれる魚達を狙う人気のライトショアジギング。

その手軽から、最近では海でのルアーフィッシングの中で1、2を争う人気です。

そのライトショアジギングを最大限に楽しむ為のアイテムがライトショアジギングリールです。

タックルに負荷が掛かる青物等を狙うショアジギング、ある意味ロッドよりもリールの方が重要になります。

この記事では、これからライトショアジギングを始めたいと思っている方、リールの買い替えを検討している方に、『ダイワ』『シマノ』『アブガルシア』の中から厳選したおすすめライトショアジギングリール選びを解説し紹介します。

ぜひ参考にして役立てていただければ嬉しいです。

>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】おすすめのジギングリール12選|ダイワ・シマノ

ライトショアジギングで狙える魚・釣り

ライトショアジギングで狙える魚は本当に魅力的な魚ばかりです。

代表して挙げるなら、50㎝程度の『ハマチ』から『サバ』『タチウオ』『ブリ』『アジ』などの回遊魚や『ガシラ』『ハタ』などの根魚。

『マゴチ』『ヒラメ』『カレイ』などのフラットフィッシュ。
刺身でも煮物にしても美味しく頂ける魚ばかりですね。

もちもんこれらに固定される訳ではなく、その他の幅広い魚種を釣り上げることもできます。

>>>こちらの記事も読まれています
ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】

>>>こちらの記事も読まれています
ライトショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン【初心者必見】

ライトショアジギングリールの選び方

基本的なライトショアジギングリールの選び方を紹介します。

サイズ・番手(3000〜4000番)

狙う魚の種類によって、サイズ・番手は異なります。

小型回遊魚

小型回遊魚には、3000番が良いでしょう。

50cm前後のハマチやタチウオ、サバなどの小型回遊魚を狙うなら、3000番前後のリールを選びましょう。

コンパクトで軽量、操作性も良く疲れにくいのがメリット。
また、3000番は汎用性が高くライトショアジギングだけでなく、シーバスやエギングなどにも流用しやすいことも魅力です。

大型魚

大型魚狙いなら、4000〜5000番が良いでしょう。
狙う魚のサイズが大きく、80cm前後のブリクラスも混ざる太いラインが必要な釣り場なら、4000〜5000番サイズがおすすめです。

若干リールの重量は重たくなってしまいますが、巻き上げが力強く、大型魚とのファイトや、やや重たいジグでもシャクリが楽に行えます。

また、リールのサイズが大きくなるほど飛距離が伸びるので、3000番サイズよりルアーを遠投できます。

初心者はどのくらいのサイズを選ぶと良い?

季節によって、メインターゲットとなる青物はサイズが変わります、タックルも回遊しているサイズに合わせて選ぶと良いでしょう。

ライトショアジギングリールを初めて購入するなら、まずは4000番クラスを基準にリールを選んでみましょう。
ライトショアジギングの範囲内で操作性と力強さがバランスよく、気軽に遊べる釣りに広く対応できます。

メタルジグを使った釣りや青物を狙うライトショアジギング。
リールはしっかりとしたものを購入しましょう。

ロッドは、あくまでも個人の見解ですが多少安い物でも折れたという話はあまり聞いたことはありません、しかしリールに負荷のかかるショアジギングで安いリールはとても使い難いです。

では、実際に使うならどの程度の価格のリールを使ったら良いのか?

私が感じた1つの目安は、性能・耐久性、長く使うものが欲しいなら「販売価格20000円前後」のリールです。

ギア比・ハイギア

ライトショアジギングリールには『ノーマルギアモデル』と『ハイギアモデル』のラインナップがありますが、ライトショアジギングで定番となっているギア比はハイギアです。

ライトショアジギングは飛距離を出して、メタルジグで広い範囲を探りながら行う釣りなので、一回転での糸巻量も多く、回収力やスピードに優れるハイギアモデルが断然効率よく釣りができます。

そし狙う青物は速い動きのメタルジグに反応することが多く、ノーマルギアよりも速く巻けることもハイギアをおすすめする理由の一つです。

最大ドラグ力

引きが強い青物を相手にする機会が多いライトショアジギングですが、実は最大ドラグ力を気にする必要は殆どありません。

なぜなら、適切な番手を選んでおけば、それに見合ったドラグ力がほとんどのライトショアジギングリールで確保されているからです。

おすすめした4000〜5000番のライトショアジギングリールは大半が5kg以上のドラグ力を備えていますが5kg以上のドラグ力を備えていれば、60~80センチ程のブリでも対応することができます。

5kg以下でもライトショアジギングは可能ですが、魚の走りを止めにくくなるので、最初から大型を狙う時にはドラグ力も確認しておきましょう。

重さ

やはり、3000番と4000番~5000番を比べると、大きさ・重さが違ってくるので、3000番は長時間キャストをしていても手首が疲れにくいです。

また、4000番~5000番に比べ小さいので扱いやすくシャクリも手際よくスムーズに出来て楽に釣りが楽しめます。

もちろん、少し深い場所を攻めたい、遠くにキャストしたい、大きめの魚にも対応させたい場合は4000番~5000番がいいと思います。

しかし、初心者の方や女性は腕がだんだんしんどくなり、手首が痛くなるかもしれません。
4000番~5000番の少し重さがあるライトショアジギングリールは安心感はありますが、重さに慣れるまでには少し練習と時間が必要です。

デザイン・色

ライトショアジギングリールの快適性を意外と大きく左右するのが、「ハンドル」デザインになります。

純正ハンドルノブは、T型ノブなどが搭載されていることが多いですが、T型ですと力が入りにくかったり、指が痛くなったりするのでおすすめはしません。

使いやすいのは金属素材を使ってガタが少ないハンドルか丸型のハンドルノブです。
大物で引きが強い青物を狙うライトショアジギングなら、おすすめは丸型ハンドルが絶対に良いでしょう。

amazonでハンドルノブのみ購入できるので、選んだライトショアジギングリールがT型ノブなら絶対に合わせてハンドルノブをお好みのデザインや色に変えることをおすすめします。

人気メーカー

人気メーカーからおすすめライトショアジギングリールをご紹介します。

ダイワ

ダイワのおすすめ人気リールをご紹介します。

【ダイワ】18カルディアLT4000-CXH

とりあえず本当に軽いです。
私の印象は十分軽くて巻き心地も良く、釣り後の疲労感がだいぶ軽減されました。

もちろん上位機種と比べてしますとガタつき、細かな巻きの粗さは正直感じますが、簡単には壊れないのでしっかり使いこめます。

これでロッドと合わせて400g前後になりました。

シマノ

シマノのおすすめ人気リールをご紹介します。

【シマノ】19ストラディック4000XG

こちらは18カルディアの対抗機種になりますが、正直って巻き心地、軽さなどはほぼ同様でどちらを選ぶかはお好みといった感じです。

19ストラディックは、ダイワ 18カルディアLT4000-CXHよりも若干巻いた時にギアが噛み合っている感は強めに感じます。

ハンドルの回転が軽くてとてもスムーズですね。
スタイルも最高です。

アブガルシア

アブガルシアはスウェーデンの総合釣具メーカーです。
アブガルシアの特徴はなんといってもシマノやダイワにはない巻取りスピードです。

シマノやダイワの開発者は毎回驚くほどの快適性を釣り人に与えてくれますが、『釣れるリール』をつくったのはアブガルシアでした。

ここでは、そんなアブガルシアのおすすめ人気リールをご紹介します。

【アブガルシア】レボ ロケット 3000MS

こちらのリールは、ライトショアジギングでのハイギア恩恵を理解している釣り人はどんどん使用してほしい、シマノ、ダイワからは出ることのないようなスピニングリールであり、歴史に名を残す名機です。

サーフでヒラメメインに使用しています。
遠投し広い範囲を探るため、キャスト後にはどうしても糸フケが広範囲に出てしまい、糸フケの回収に時間を取られリトリーブに入るまでに時間を取られてしまいます。

しかし、このロケットならそんなストレスは無くなります。
ほぼルアーが着水したと同時にリトリーブいわゆる「ただ巻き」に入れるという訳です。

ハンドルも丸型のハンドルノブで持ちやすくジギングの際はしっかり力が入ったのですが、若干ハンドル根元が安っぽいです。

シーバス・エギングロッドだと楽しめないの?

ライトショアジギング専用タックルも大変多く販売されていますが、実はシーバスロッドやエギングロッドでも十分ライトショアジギングを楽しめます。

例えば春や秋であれば、朝まず目の時間はエギング、それ以降はルアーだけ替えてライトショアジギングを楽しんだりすることもできます。

ショアジギングは、エギングロッドでもできますし、強めのアジング、メバリングロングロッドでもできます。

シーバスロッドはライトショアジギング専用ロッドと比べると軽量で疲れにくくデザイン、メーカーの選択肢が豊富です。

ただ、大型青物をヒットした場合、取り込みにくいので注意が必要です。

推奨するフィールドとしては、比較的水深が浅いところ、オープンなエリア(サーフ、堤防)根のきつくない磯などになってきそうですね。

エギングで狙うアオリイカは、青物のエサになってしまう事もあるため、アオリイカのポイントで青物が釣れることもよくあります。

エギングロッドを使えば、エギングの合間にライトショアジギングをしたりと、青物とイカの両方を楽しむことができます。

>>>こちらの記事も読まれています
エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】

>>>こちらの記事も読まれています
【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド9選|ダイワ・シマノ

スポンサーリンク

おすすめのライトショアジギングリール6選【コスパ最強】

リール

出典:写真AC

初心者から上級者までレベルにあったおすすめのライトショアジギングリールを6つご紹介します。

初心者・入門向け

まずは、初心者・入門向けのライトショアジギングリールをご紹介します。

【シマノ】17 サハラ 4000XG

シマノの入門機でおすすめのライトショアジギングリールは「17 サハラ」をご紹介します。
名作と呼ばれた「16 ナスキー」から、価格を抑える為に特別な防水機能をカットしたモデルになります。

海水の影響が気になる磯、サーフなどの釣り場には「16 ナスキー」ですが、入門機リールを購入する型の多くが堤防からの釣りです。
そのことを前提に考えると「17 サハラ」で十分です。

堤防からのサビキで20g前後のジグを使ったルアー、ジグヘッドでヒラメ、マゴチ狙いなど、様々な用途で使用しました。

毎回使用後に水道水で軽く流して、自然乾燥で保管していますが、錆びる気配はありません。

この価格で、HGを飛び越えてのXGが手に入るのだから、かなりお得です。

使用感や耐久性は実釣十分。
防水性能の面から長持ちするかなど不安がありましたが、釣行後のメンテ次第になりそうですので、最初の1台としては、ガンガン使える価格を考えると魅力の1台です。

【シマノ】17 アルテグラ 4000XG

先ほど紹介した「17 サハラ」、防水機能付きの「16 ナスキー」の上位機種でもある「17 アルテグラ」も紹介します。

コアプロテクト(防水機能)、ねじ込み式ハンドル(ガタつき防止)が追加されたモデルです。

シマノらしく、このクラスからは駆動方式に「クロスギア方式」を採用しています。
この「クロスギア方式」はラインを気持ちよく巻き取れる構造になっていて、飛距離アップに繋がるポイントです。

ライントラブルもありませんでしたし、ドラグの設定も細かく行えました。

高級リールではないですが、性能〇、デザイン〇、防水〇、価格〇、文句なしですね。

リールは買う前に釣具屋さんで試し巻きをおすすめします。

【ダイワ】18フリームスLT4000-CXH

ダイワで1万円台前半~中盤で購入できるリールでおすすめするのはフリームスLTです。

20000円前後の『カルディア』『ストラディック』などのリールと比べてしまうと耐久力、巻き心地は若干劣ってしまいますがフリームスLTといえば軽さを極めています。

使ってみて堤防のショアからで、パワー負けしたことは今のところありません。
問題は耐久性ですが、キャスト回数多い動きのあるライトショアジギングを行うには、コスパは最高です。

私的にはこれらより下のランクは耐久性が低く、おすすめはしません。

上級者向け

次に、上級者向けのライトショアジギングリールをご紹介します。

【シマノ】17ツインパワーXD 4000XG。

耐久性重視のシマノの上位機種はとても魅力的ですが、ハイエンドはちょっと高すぎる。

そんな方に使っていただきたいのが 17ツインパワーXD 4000XG。

10000円~20000円台のリールとは明らかに異なる、『カチッ』とした巻き心地。
ジグの早巻きなども快適に行えます。

パワーや剛性はSWの方が若干上かももしれませんが、ライトショアジギングではリールが重いと体力を使います。
そこで、ツインパワーXD。

重量・巻き感共に軽いのでキャスト時の負担も少なく快適に使え上にしっかりとしたパワーも兼ね揃えているので、ライトショアジギングにはとてもおすすめのリールだと思います。

実はこのクラスのリールになるとモデルチェンジの度に下取り出せば、結構高く買い取って下さるので新しくなるたびに買い替えていくのもおすすめです。

ダイワ 19セルテートLT4000-CXH

シマノよりダイワのリールは巻き心地が悪いと言われる時期がありましたが、ここ最近で大幅に進化しています。

『19セルテ』これまでのモデルより軽く巻き上げ力が高いと感じました。

かなり軽く感じるので一日投げ続けるアキアジ釣りでも活躍しそうです。

【シマノ】18ステラ4000XG

外見もピカピカで艶々の高級感たっぷり仕様で、飽きの来ないデザインとカラーリングが気に入っています。
18ステラのデザインは賛否あるんですが、個人的にすごく好みです。

もう何度もサーフでのライトショアジギングで使用していますが初期の使用感が続いているのは本当にすごいです。

最初でけはシャリシャリという音がしていてハンドルも少し重く感じたのですが、数時間使用したら劇的に変わってきました。

驚くほどハンドリングは軽くなり、回転の重さも感じさせない。
言葉で表すならヌルヌル巻けるといった感じです。

リールが伝えてくれる情報量が圧倒的に多くなったので、アタリやちょっとした変化が手に取るように分かるようになりました。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめライトショアジギングリール

リール

出典:写真AC

最後に、2020年の新作ライトショアジギングリールをご紹介します

【シマノ】20 ステラSW 4000HG

新たに追加された番手の中で最小となる、4000HGと4000XGです。

ライトショアジギングにベストマッチするモデルと言えるでしょう。

ジグを常に操作し続ける釣りは、どうしてもリールに高い負荷がかかってしまいますが、耐久性の優れたステラSWモデルなら難なくこなしてくれます。

ジグメインならギア比の低いHG。
遠投性能もあがり、滑らかなハンドリング、そしてパワーもあるので、これまで重いと感じたものが、ゴミかな?って思うくらいになりました。

【シマノ】リール 20 ステラSW 4000XG

ハーフピッチジャークがとてもやりやすくなりました。
巻き心地に雑味が全くないのでハンドリングで文句のでる人なんていないと思います。

とにかくさすがステラです!
このリールを一度使うと、もう他のリールには戻れないかも知れません。

スポンサーリンク

ライトショアジギングリールまとめ

リール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのライトショアジギングリール6選|ダイワ・シマノ」というテーマに沿って、「ライトショアジギングリールとは?」「おすすめのライトショアジギングリール6選【コスパ最強】」「【2020年新作】おすすめライトショアジギングリール」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
ライトショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン【初心者必見】
青物から根魚、シーバスなどまで狙えるライトショアジギングは、とても人気のあるジギングの一つです。今回、釣りラボでは、ライ…
ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボ…
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
ショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…