【2020年】おすすめのベイトフィネスロッド9選|ダイワ・シマノ

ベイトフィネスロッドでは、非常に繊細な釣りを楽しむことができ、人気があります。今回、釣りラボでは、ベイトフィネスロッドの選び方、人気メーカー、バス・トラウト・ソルト別のおすすめのロッド、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド
スポンサーリンク

ベイトフィネスロッドとは?

出典:写真AC

ベイトフィネスロッドとは、軽量のルアーを使用することを目的に開発されたベイトリール専用のロッドです。

これまでは、軽量ルアーを使用する場合は、スピニングタックルが主に使用されていました。
しかし、近年、ベイトリールの性能が向上したことで軽量ルアーをベイトロッドでも投げることが可能となったことで、ベイトフィネスが広く認知されて使用されるようになりました。

スピニングタックルの場合、細いラインを使用しますし、何より糸ヨレに悩まされることが多いです。
その点、ベイトリールの場合は糸ヨレを心配することなく、かつ、太めのラインを使用できるので、よりアグレッシブな釣りを展開できます。

また、ベイトタックルは繊細なあたりを感じやすいメリットもあります。

どういった釣りで活躍するの?

ベイトフィネスロッドは、バスゲームからソルトゲームまで幅広く活躍します。

バス釣り

バスはストラクチャーやカバー周りに付く習性がありますが、ヒットさせたバスを細いラインで引きずり出しでランディングさせるのは至難の業です。

このようなシチュエーションでは、ベイトフィネスロッドでスモールラバージグやワームなどのライトリグをキャストして、カバーに潜り込まれることなく、バスをキャッチできる利点があります。

また、メジャーフィールドの多くはアングラーによって日々、ルアーを投入され続けてスレて、ナーバスになっていることがほどんどです。

このようなフィールドでは、カバー内で安心して生息しているバスに軽量ルアーをナチュラルな感じで投入すれば、大型ルアーよりもバスは口を使いやすくなります。

しかも、カバー内に潜むバスはコンディションの良いビッグサイズが期待できるので、是非、トライすべきです。

アジング

アジは漁港内や海辺から手軽に狙える魚であり、ソルトルアーのターゲットとして非常に人気があります。
アジングにおいては一般的にスピニングタックルで狙うことが多いです。

それは、アジングのルアーはスモールジグに小型ワームを組み合わせがメインですし、使用するラインも細いため、スピニングタックルが適しているからです。

さらに、アジの口は非常に繊細で切れやすいため、アジとの駆け引きは慎重さが求められるからです。
そのため、繊細なドラグ設定しやすいスピニングリールに利点があるからです。
アジングをベイトフィネスで狙う場合は、大型のアジ狙いがベストといえます。

なぜなら、大型のアジは根回りに居着いていることが多く、掛けた場合にはラインを根ズレさせないためにもパワーのあるベイトタックルが適しています。

使用するルアーも大型狙いならばプラグやジグもあり得ますし、さらに、ベイトタックルの方があたりを取りやすいため、小さな当たりを逃さずフッキングできます。

メバル釣り(メバリング)

メバルは夜行性で根回りや海藻などの障害物の周辺を主な生息域としており、昼間はそれら障害物に身を隠していることが多いです。

そもそもメバルに使用するルアーはスモールジグにワームをセットするようにフィネス系の釣りがメインです。

また、メバルは大型のものでも30センチ程度ですので、それ程、強引な魚との駆け引きが必要になることは少ないです。

しかし、細いラインを使用して、根回りから引きずり出すにはベイトフィネスが適しています。
さらにベイトフィネスの利点を挙げるとすれば、ベイトリールならではの手返しの良さがあります。

投げて巻いてを繰り返すルアーフィッシングでは釣果はキャストする回数に比例するといっても過言ではないです。

なお、メバルをベイトフィネスで狙うアングラーは、まだまだ少ないですので周囲から注目されますし、バックラッシュしてキャストに手こずってしまうと、すぐに素人と判ってしますので注意が必要です。

チヌ釣り(チニング)

最近、クロダイやキビレチヌをルアーで釣るチニングといわれる釣法が広まっています。

チヌは、主に海域から河口付近における汽水域まで幅広く生息しています。
都心部に近い湾岸地域にも数多く生息しているため、アングラーに人気のターゲットです。

以前のチニングではスピニングタックルの使用が主流でしたが、ルアーのキャスタビリティやアクションの付けやすさはベイトフィネスに軍配が上がります。

また、チヌは、岩盤、海藻周りといった根回りが一級ポイントになっていることが多いです。
しかも、チヌは最大で60センチ近くまで成長しますので、その引きはかなり強烈です。
そのような大型のチヌをヒットさせた場合、根回りから強引にチヌを引き剥がし、岩場でラインブレイクさせないことが重要です。

まさに、ベイトフィネスの真骨頂ともいえる活躍が期待できるシチュエーションです。

ベイトフィネスロッドの選び方

ベイトフィネスロッドは、フィールド、ターゲットなどに合わせて選ぶことが重要です。

ロッドの長さ

ベイトフィネスロッドの選び方については、フィールド、ターゲットなどに合わせて選ぶことが必要です。

まず、長さですが琵琶湖や海のような広大なフィールドであるれば遠投に向いた7ft前後のロングロッドが有利になります。
さらに、水面までの高さ、つまり、堤防などで釣りをする際にもロングロッドが使いやすいです。

一方、藪、雑草、樹木で囲まれた小規模な野池ならば、ショートロッドでも取り回しを重視した6ft前後のロッドが扱いやすいです。

次に、ターゲットにも合わせて選ぶ必要があります。
小さく繊細なアクションが求められる釣りではショートロッドが扱いやすいです。

一方、大型魚狙いの場合は、掛けた後の魚とのファイトはロングロッドが有利になりますので、フィールドとターゲットによってベイトフィネスロッドを選ぶことが大切です。

最後の注意点としては、ご自身の身長や体力に合わせてロッドを選ぶことです。
一日中、キャストしてもストレスなくキャストできるロッドを選んで下さい。
キャストの数と釣果は比例しますので、見落としがちですが重要なポイントです。

ロッドの硬さ

ベイトフィネスでは軽量ルアーを使用するため、ロッドの硬さは、ライトからミディアムライトの柔らかめのロッドがメインになります。

硬さは、ライトからミディアムライトなら特に問題はありませんので、長さ、使用するフィールドとの組み合わせで自分のスタイルに合ったロッドを選ぶと良いでしょう。

デザイン・色

デザインと色合いについては、特段のポイントはないです。
ロッドのデザインや色によって、性能や釣果は変わりません。

最近のロッドは見た目にも美しく仕上げられていますので、デザインや色についてはご自身の気に入ったロッドを選ぶと良いでしょう。

人気メーカー

ベイトフィネスロッドは各メーカーから色々な機種が発売されています。
予算や嗜好に合わせて自分に合ったロッドを選んで下さい。

ダイワ

ダイワは国内メジャーの総合釣り具メーカーです。
品揃えやラインナップも豊富で品質も高いです。

【ダイワ】スティーズ 641LXB-STHERMIT

ダイワの最高級機種シリーズである「STEEZ」のベイトフィネスロッドです。

ロッド素材には、超高密度SVFカーボンを使用しており、軽さ、高感度、操作性、剛性を兼ね備えたロッドです。

シマノ

シマノは国内メジャー釣り具メーカーの一つで性能や品質の高さを誇っていて、多くの愛用者がいます。

【シマノ】バンタム 165L-BFS

今やベイトフィネスは、スモールラバージグだけではなく、スモールシャッド、クランクにも適用され始めています。
バーサタイルなロッドとなるとシマノからはバンタム165L-BFSをおすすめします。
テーパーも素直で長さも6.5ftと絶妙ですし、幅広いアングラーが使用できるバランスのとれたロッドです。

アブガルシア

スエーデンの釣り具メーカーで、歴史があり、世界的に有名で高い信頼性を誇っています。

【アブガルシア】クロスフィアXRFC-662ML-BF

非常にコストパフォーマンスの良いロッドです。
しかも、バスフィッシングだけではなく、トラウト、ソルトフィッシングにも使えるように設計されています。
長さ、硬さも標準的で初心者でも使い勝手の良さが特徴のロッドといえます。

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめのベイトフィネスロッド9選

出典:写真AC

ハイエンドモデルのロッドだけでなく、コスパに優れたロッドも機能的で注目です。
ここでは、おすすめのベイトフィネスロッドを、ターゲット別にそれぞれ3つ、合計9個ご紹介します。

バスゲーム

バスゲームは、ベイトフィネスロッドの火付け役になったゲームで様々な機種があります。

【メジャークラフト】ベンケイ BIC-65ML

バスフィッシングの初心者向けの最適なロッドです。

何より、コストパフォーマンスに優れていますし、スモールラバージグ、小型ワーム、プラグまで1本で幅広くカバーできる汎用性が特徴のロッドです。

【メジャークラフト】スピードスタイルSSC-64UL/BF

こちらのロッドは商品名の通り、軽さと剛性を合わせ持つロッドです。

やや柔らか目のロッドですが、取り回しの良さは抜群ですし、コストパフォーマンスにも優れた使い勝手の良さが光るロッドです。

【ティムコ】リンクス LINKS63CLJ

フェンウィックは昔からバスロッドを供給してきた老舗メーカーで性能の高さは折り紙付きです。
リーズナブルですし、コストパフォーマンスは高いロッドです。

トラウトゲーム

今やトラウトゲームにもベイトフィネスロッドは普及しています。

【メジャークラフト】トラウティーノTTS-B382UL

トラウトフィッシングでは、ミノー、スプーンを使用することが多くなります。
ルアーにアクションを加えやすいショートロッドならではの取り回しの良さは秀逸です。
コストパフォーマンス抜群のロッドです。

【アブガルシア】Nano TMBS-516L II TE

アブガルシアの振り出しロッドです。
ルアーロッドはワンピースが多いですが、持ち運びで便利な振り出しロッドは貴重です。
継ぎ目も気にならないですし、ワンピースロッドにも負けない性能を誇ります。

【ダイワ】AREA BUM 62ML-B

トラウト用とはいえ、バスフィッシングにも使えるマルチパーパスロッドです。
トラウトロッドは柔らかいタイプが多いですが、しなやかさとバットの強さのバランスが取れたロッドです。

ソルトゲーム

ソルトゲームでは繊細な釣りが求められるターゲットで活用ができます。

【ダイワ】月下美人 MX 72MLB

メバル用に開発されたベイトフィネスロッドです。
メバリングに必要なティップの感度の良さは、流石のダイワを誰しもが認める性能の高さです。
ロングロッドながら軽量に仕上げられていてストレスなくキャストできます。

【ダイワ】シルバーウルフ MX 78MLB

ダイワがチニング専用として開発したロッドです。
チニングでは遠投性能が求められることも多く、広範囲を探ることで釣果アップにも繋がります。
このロングロッドは、そんなチヌファンには持つべきロッドの1本といえます。

【シマノ】ブレニアス B704L

シマノがチヌ用に開発したロッドです。
チヌのパワーにも負けない剛性を持ちつつ、繊細な変化も捉えることができる感度を兼ね備えた1本です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめベイトフィネスロッドをご紹介

出典:写真AC

各メーカーから様々なベイトフィネスロッドが発売されています。
2020年の新作の中から初心者におすすめしたいロッドです。

【ダイワ】リベリオン631MRB

バスフィッシングにおいてマルチに使える新作ベイトフィネスロッドです。
ダイワの生み出す高性能はいうまでもなく、オレンジ色を配色したデザイン性も魅力で所有欲をくすぐる1本です。

【パームス】エゲリアネイティブパフォーマンス ETVC-46XUL

トラウト用のフルグラスロッドです。
カーボン素材と異なり、張りや剛性はないですが、グラス素材にしかない粘りがあるのが特徴です。
また、グラスロッドは粘りと柔らかさを活かして、食い渋る時に食い込みを良くさせる効果もあるため1本持っていて損はないロッドです。

スポンサーリンク

ベイトフィネスロッドを自作するのは難しい?

出典:写真AC

ルアーロッドを自作するためには、まず、必要となる材料の購入から始まります。

ブランクス、ガイド、リールシート、グリップといった主要パーツはもちろんのこと、ガイドを固定すりスレッド、エポキシ樹脂、その他の工具など、かなり準備する物は多いです。
また、これかをキチンと綺麗に組み立てて仕上げる技術力も不可欠ですし、簡単に自作できるとはいい難いです。

しかし、レングス、パワー、テーパーなど、市販モデルにはない世界に1本のベイトフィネスロッドが欲しい方には自作もおすすめです。

スポンサーリンク

ベイトフィネスロッドまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのベイトフィネスロッド9選|ダイワ・シマノ」というテーマに沿って、「ベイトフィネスロッドとは?」「【コスパ最強】おすすめのベイトフィネスロッド9選」「【2020年新作】おすすめベイトフィネスロッドをご紹介」「ベイトフィネスロッドを自作するのは難しい?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初…