【2021年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も

ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、おすすめのロッドを初心者向けのものから最高峰・ハイエンドのものや2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 ジギング
スポンサーリンク

そもそもショアジギングとは?

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスター 97MH 釣り竿

ジギングは、メタルジグという金属製のルアーを使用する釣りのことです。
中でも、ショアジギングという釣りでは、船で沖に出て釣るオフショアジギングに対し、陸から遠投し、ブリやカンパチなどの青物を狙います

釣り場としては、砂浜や磯場、潮通しのよい堤防やテトラ帯などがメインとなります。

メタルジグをロングキャストし、リーリングを繰り返すことを行います。
ショアジギングは、扱うメタルジグの重さによって、3つに細分化されています。

スーパーライトショアジギング

スーパーライトショアジギングでは、5g~20gの軽いメタルジグを使用し、アジやサバなどの小型の青物や、メバルやカサゴといった根魚を狙います

ライトショアジギング

ライトショアジギングでは、20g~40gのメタルジグを使用し、ロッドはシーバスロッドやエギングロッドでも代用ができます。
狙う魚は、ハマチやソウダガツオなどの小~中型の青物、タチウオやヒラメ、カレイなど幅広いです。

ショアジギング

ショアジギングとは、40g~100g以上のメタルジグを使用し、ブリやヒラマサ、サワラなどの中~大型の青物を狙うジギングのことを指します。

スポンサーリンク

ショアジギングロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) ショアジギングロッド コルトスナイパー BB S1000H サーフ 防波堤 磯

ショアジギングは、陸からできる手軽さからその人気は非常に高く、ショアジギング専用のタックルが、各釣具メーカーから様々なラインナップで発売されています。

そんな専用タックルの中でも、特に重要なショアジギングロッドについて、まずはその選び方をご紹介します。

ショアジギングロッドは、大物に負けない耐久性\と、仕掛けを遠くへ飛ばす遠投性に優れているといった特徴があります。
磯竿も遠投に優れていますが、ショアジギングロッドのほうがシャクリを行うことを考慮し、軽量に造られています。

選ぶポイント1:ロッドの長さ

ショアジギングに使うロッドは、主に9~11ft(2.7~3.3m)のロッドが多く、長いほどロングキャストが可能になります。
ですが、取り回しが難しくなるので、操作性も考えて選ぶと良いでしょう。

2ピースロッド

2ピースロッドは、自転車や電車での移動の際にも、持ち運びやすいサイズで、収納の面でも優れています。
継ぎ目の強度ですが、近年の2ピースロッドは剛性も高く、折れる心配はありません。

3ピースロッド

3ピースロッドは、2ピースよりもコンパクトに仕舞えて、携帯性がより優れています。
ロッド曲がる時の、継ぎ目にかかる負担が分散され、バランスも良くなっています。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

ロッドの硬さはL・ML・M・MH・H・XHと硬くなっていきますが、ショアジギングで60g以上の重いメタルジグを使用するなら、Hクラス以上が必要になります。
汎用性が高くおすすめの硬さは、MH前後です。

選ぶポイント3:ロッドの重さ・軽さ

長さのあるロッドほど、重い傾向にあります。
何度もキャストすることを考え、体力に合わせて選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント4:ロッドのデザイン・色

女性の方でも楽しめるように、カラーバリエーションの豊富なショアジギングロッドもあります。
気に入ったデザイン、カラーのロッドを選ぶことで、モチベーションアップに期待できます。

ショアジギングロッドの人気メーカーから選ぶという手も

ショアジギングロッドを選ぶうえで、人気メーカーのラインナップは、候補から外せないのではないでしょうか。

もし、選ぶポイントを見てもいまいちピンとくるものがない、という方は人気のメーカーから選ぶというのも良いかもしれません。
そこで、3つの人気メーカーからそれぞれ1つずつ、おすすめのショアジギングロッドをご紹介します。

ダイワのおすすめショアジギングロッド

ダイワでは、初心者向けから上級者向けまで、幅広いラインナップのショアジギングロッドが発売されています。

【ダイワ】ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 97MH

価格帯も低めで、豊富なバリエーションを揃えたモデルです。

シマノのおすすめショアジギングロッド

シマノは、ロッドの開発に、多くのフィールドテスターが関与し、そのノウハウを具現化しています。

【シマノ】コルトスナイパー BB S1000H 10フィート

ブランクスにハイパワーXを採用し、遠投性能と強靭なパワーを兼ね備えています。

メジャークラフトのおすすめショアジギングロッド

メジャークラフト は、求めやすい価格帯でありながら、高い品質のロッドが数多く、購入した方の評判も非常に良いです。

【メジャークラフト】エヌワン ショアジギング NSS-1003MH

最新テクノロジー、ナノパワーを採用し、最強の剛性と軽量性を実現させたロッドです。

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめのショアジギングロッド9選!

メジャークラフト 釣り竿  ショアジギングロッド スピニング N-ONE ショアジギング 3ピースモデル NSS-1003MH

コスパが良くて、おすすめのショアジギングロッドを、価格帯ごとに3つずつ、合計9個ご紹介します。

初心者向けショアジギングロッド:1万円前後

初心者の方は、1万円前後の入門用として扱いやすいショアジギングロッドが良いでしょう。
ここでは、値段は安いものでも、品質の高いロッドを3つご紹介しています。

【メジャークラフト】トリプルクロス TCX

ライトショアジギング向けのロッドで、扱いやすさが抜群です。

【アブガルシア】ソルティースタイル STJS-1032H-KR 2ピース

感度と軽さが抜群で、価格もリーズナブルな、入門用にもおすすめの1本です。

【プロマリン】ショアジグラウンダー 96MH

非常に低価格ながら、豊富なラインナップが揃っているシリーズのロッドです。

中級者向けショアジギングロッド:2〜3万円前後

2〜3万円前後のショアジギングロッドは、入門用ロッドよりも剛性が高く、大物相手でも安心して使用できます。

【メジャークラフト】クロスライド ショアジギング XRS-962LSJ

軽量で扱いやすい設計ながら、パワーも兼ね備えている、ライトショアジギングロッドです。

【ダイワ】ショアスパルタン スタンダード 96M

ブランクスに高密度HVFカーボンと、ネジレ防止の最適構造である、X45を搭載した粘り強いロッドです。

【パームス】ロッド ショアガンエボルブ

優れたリングガイドで、キャストのしやすさが抜群です。

上級者向けショアジギングロッド:3万円以上【ハイエンド】

上級者の方は、よりロングキャストできて、より大物とのファイトを制するために、最高峰の高級・ハイエンドのショアジギングロッドが必要になります。

【ヤマガブランクス】ブルースナイパー 910H

メタルジグは最高150gまで、プラグは120gまで投げることが可能な、ハイパワーモデルです。

【ダイワ】ショアスパルタン100XXH

3DXカーボンを採用し、大型の青物に対しても、余裕のバットパワーを誇ります。

【アピア】グランデージXD 100EX

「投げ続けられること」「掛けたら獲る」という本質的要素を追求して造られた、操作性とパワーを兼備した1本です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめショアジギングロッド3選!

メジャークラフト ライトショアジギングロッド スピニング トリプルクロス ライトショアジギング TCX

続いて、2020年以降に発売された、おすすめのショアジギングロッドを3つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【シマノ】コルトスナイパー XR

こちらは、ショアジギングやプラッキングゲームに特化した、軽くて飛距離が伸び、大物とファイトできるパワーもあるという総合力に優れたロッドです。

2015年リリースのコルトスナイパーと比べると、フルキャストした際のブレがなく安定感とロッド自体のパワーが増しています。

青物や根魚など幅広い魚種をターゲットにするショアジギングですが、大物がヒットしても負けずにやりとりができます。

【ダイワ】オーバーゼア AIR 1010M/MH

キャストの際にも程よく曲がり、飛距離が望めます。
軽量なので、振り疲れも軽減するでしょう。

【シマノ】ロッド 20 ルナミス S100MH

カーボンモノコックグリップを採用し、軽量化と高感度化を実現させた、高精度のゲームを楽しめるショアジギングロッドです。

スポンサーリンク

ショアジギングタックルの選び方

最後にロッド以外にも、ショアジギングに必要なタックルについて、それぞれの選び方を簡単にご紹介します。

ショアジギングリール

ショアジギング初心者の方は、トラブルも少なく遠投性も高い、スピニングリールが良いでしょう。
上級者になれば、巻き上げ力の高いベイトリールもおすすめです。

ショアジギングライン

ショアジギングに主に使用するラインは、PEラインです。
メタルジグやターゲットに応じて、0.8号~2号の太さを、150m~200m巻くと良いでしょう。

ショアジギングルアー(メタルジグ)

ショアジギングに使うルアーは、基本メタルジグを使用しますが、ミノーやワーム、ポッパーでも青物が釣れるので、状況や環境に応じて使い分けると、釣果アップにつながります。

スポンサーリンク

ショアジギングロッドまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド スピニング ソルティースタイル STJS-1032H-KR 2ピース イナダ サバ ワラサ サゴシ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も」というテーマに沿って、

  • そもそもショアジギングとは?
  • ショアジギングロッドの選び方
  • 【コスパ最強】おすすめのショアジギングロッド9選!
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめショアジギングロッド3選!
  • ショアジギングタックルの選び方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめのライトショアジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
【2021年最新】ダイワのジギングロッドおすすめ9選!特徴や選び方も詳しく解説!
近年、手軽に大物が狙えるショアジギングが人気急上昇中!様々なメーカーがロッドを出していますが、ダイワのロッドはとても人気…
【2021年】シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!特徴や選び方も解説
近年、ショアジギングは身近なフィールドで手軽に大物が狙えるので大人気!専用ロッドも多く販売されていますが、どれを選んだら…
【2021年最新】上級者向けのライトショアジギングロッドおすすめ7選!
ショアジギングを楽しむ上級者はどんなライトショアジギングロッドを使っているのか気になりますよね。今回、釣りラボでは、上級…
【2021年】オフショアジギングロッドおすすめ11選!初心者〜上級者向け人気商品をご紹介
オフショアジギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、オフショアジギングロッドの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン