【2020年】おすすめの最強ライトジギングロッド12選!選び方や人気商品をご紹介

ライトジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトジギングロッドの特徴、活躍場面、選び方、人気メーカー、初心者〜上級者向けのおすすめのロッド9選、2020年の新作3選をご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 ジギング
スポンサーリンク

ライトジギングロッドとは?

ロッド

出典:写真AC

ライトジギングロッドは、近海や湾内でアジから真鯛といった大物まで狙える150グラムくらいまでのメタルジグを用いて事なうライトジギングの専用ロッドです。

ライトジギングは、他ジギングに比べ、気軽に挑戦できるので女性やお子様、初心者の方から人気のカテゴリーです。

メタルジグを海底に沈ませリズミカルにしゃくり、様々なアクションを与えて魚に食わせます。

ライトジギングロッドで狙える魚

ライトジギングロッドではどんな魚が釣れるのでしょうか?
ライトジギングで人気のあるターゲットを紹介します。

釣れる魚1:シーバス・真鯛・タチウオ

魚の王様と呼ばれる真鯛はイワシを捕食しているので、ジギングが有効です。

爆釣したりパッタリ釣れなくなったり、神出鬼没の存在から幽霊魚とも呼ばれる太刀魚、鋭い歯や立ちながら泳ぐ習性が特徴です。
昼はスロージギングでシーバスも狙いつつ、夜はライトジギングロッドで狙うと効果的です。

釣れる魚2:青物(ブリ・ヒラマサ・アジ)

青いランナーと呼ばれ、強烈な引きで熱いファイトを楽しませてくれるブリやヒラマサ、カンパチやアジはライトジギングでも人気のターゲットです。

釣れる魚3:根魚・ロックフィッシュ

ショアジギングで、青物を狙って釣っている時も嬉しいゲストとして登場してくれるのが海底に潜むロックフィッシュです。
主に、クエやハタ、根魚のカサゴやヒラメなどがターゲットになります。

メタルジグを着底してすぐにヒットする場合が多く、狙って釣るなら基本はスロージャーク。
食べておいしい魚ですので、人気は高いです。

シーバスロッドとの違い

シーバスロッドは汎用性の高いロッドですが、やはりシーバスを釣るために設計ロッドであるので、特に初心者は中型以上の青物に負けてしまう場合も多くなります。

それがライトジギング専用ロッドであれば、初心者であっても不意の青物をキャッチできる確率がグッと上がります。

ティップの柔軟性

まず、シーバスロッドは、ティップが柔らかめになっています。
それはシーバスゲームにおいては、ティップの柔軟さによる食い込みのよさが重要になるからです。

しかしこの柔軟さはライトジギングで行う、海底のメタルジグをしゃくるってアクションを付ける釣りにはあまり向いていません。

100m近くキャストした先でキビキビアクションを付ける為には、硬めのティップじゃないとうまく動かせないです。

ロッドの重量

また、ロッドの重量の違いもあります。
ほぼ同じ長さ、同じぐらいのルアーウエイトなのにシーバスロッドはとても軽いです。

ロッドの肉厚が違う為、シーバスロッドとライトジギングロッドを比べると10gから100g近い重量差があります。

重たいメタルジグを強烈にしゃくっても大丈夫なよう肉厚になっています。

グリップの長さ

もう1つは、グリップの違いです。
シーバスロッドと比べるとライトジギングロッドのほうが若干グリップが長くなっています。

一日中、メタルジグを遠投してしゃくり続けないといけない為、シーバスロッドのように短いグリップでライトジギングロッドのように遠投した後、しゃくり続けるスタイルは、非常に疲れます。

ライトジギングロッドの選び方のポイント

ライトジギングロッドの選び方を紹介します。

ポイント1:ロッドの長さ

一般的な近海で行うギングであれば、ロッドの長さは 短いもので5フィート、長いもので7フィートが多く迷うのであれば6.5フィート前後のジギングロッドを購入すれば安心です。

ポイント2:ロッドの硬さ

一般的な近海で行うギングであれば、 120~ 150g前後のジグウェイトをアクションさせることができる硬さのジギングロッドで10キロクラスまでの青物ならほぼ対応できます。

ポイント3:ロッドの種類

ロッドの種類には主にスピニングロッドとベイトロッドの2つがあります。

スピニングロッドの特徴

スピニングロッドはメタルジグを速く動かしやすいのが特徴なので狙うターゲットは、動きの速い魚でサバやイナダ、ワカシなどの青物類です。

スピニングロッドでメタルジグを速く動かし、逃げ惑うベイトを演出し魚に食わせることができます。
スピニングロッドは広い範囲を探ることができるというメリットもあります。

ベイトロッドの特徴

ベイトロッドで狙うターゲットは比較的動きの遅い魚、シーバスやタチウオ・マダイです。
ゆっくり繊細に誘う釣りは、動きの遅い魚に対して効果的です。

アタリを取りやすい特性もあります。

ポイント4:デザイン・色

デザインや色に関しては様々な特徴のロッドが各メーカーから出ています。
個人的にメジャークラフトのロッドがセンスいいなと思ってます。

ダイワのリアグッリプの形状も好きですがこればっかりは個人の好みがあるので実際に手にとって確認したほうがいいです。

ライトジギングロッドの人気メーカー

おすすめのライトジギングロッドを紹介します。

ダイワのおすすめライトジギングロッド

非常に軽くて初心者や女性でも操作がしやすいです。
120gのメタルジグで70cmオーバーのひらまさを釣り上げた方もいます。

【ダイワ】ヴァデル BJ 66HB

ライトジギングで狙うマダイやタチウオから大型の青物ブリやヒラマサまで、多くのターゲット相手に楽しめる魅力のロッドが「ヴァデル BJ」。
性能にはこだわりたいが価格は抑えたい方に最適です。

シマノのおすすめライトジギングロッド

さすがのお値段以上『シマノ』です 。
最初はちょっと硬いかな?と感じる方もいるかも知れませんが、次第にとても感触良くなってきます。

バラシ無しの真マスをゲットすることができます。

【シマノ】グラップラー B632

この価格でこの性能なら文句無し。
パワー、強度的にもまだまだ余裕があり、コスパはかなり良いです。

メジャークラフトのおすすめライトジギングロッド

軽いロッドなので初心者が長時間使っても疲れない、投げやすい、シャクリやすいの三拍子。
これからライトジギングを始める人には是非お勧めしたいロッド。
ただ個人差がありますが、もう少し重さのバランスがとれていればもっと使いと思いました。
しかしこの値段にしてはとてもいいと思います。

【メジャークラフト】ファーストキャスト シーバスFCS-902ML

15〜30gのルアーを使うシーバスゲームでは、サーフでも使用できるので、これからシーバスやライトジギングを始めたい方にオススメです。
根魚のカサゴヒラメや狙いにも最適です。

タイラバロッドで代用はできる?

タイラバロッド兼用で使用方法を制限すればライトジギングは可能です。

実際似ている部分が多くあり、ここだけの話、タイラバロッドの持っているジグのフォール中の感度は本家ライトジギングロッドをも超える可能性を持っています。

スポンサーリンク

おすすめのコスパ最強ライトジギングロッド9選

ロッド

出典:写真AC

初心者から上級者までおすすめのコスパ最強ライトジギングロッドを合計9個紹介します。

初心者向けのライトジギングロッド3選

まずは、初心者向けライトジギングロッドを3つ紹介します。

【メジャークラフト】ソルパラ SPXJ-B64M/LJ

コストパフォーマンスで高評価を取り続けているメジャークラフトのソルパラシリーズ。

フォールでのアタリを取るベイトモデルは、真鯛、タチウオから中小型のブリ、アジなど青物、シーバスジギングまで対応できる1本になっています。

【シマノ】ソルティーアドバンス B63ML

シマノのソルティーアドバンスが進化して大きく生まれ変わりました。

変わったのは、オールKガイドを装着したことで、初心者向けとは思えない軽さとシャープが手に入りました。

シーバス・真鯛・太刀魚などに最適なモデルとなりました。

【シマノ】ソルティーアドバンス S63ML

続いてこちらも、シマノのソルティーアドバンスシリーズでこちらはスピニングモデルになります。

スピーディーにジャークすることが出来るのでワンピッチジャークで狙う小型の青物等のに最適なモデルです。

中級者向けのライトジギングロッド3選

続いて、中級者向けライトジギングロッドを3つ紹介します。

【ダイワ】ヴァデルBJ 66XHB

性能に妥協はしたくない、でも価格は出来るだけ抑えたいこれが本音です。

そんな方におすすめのモデルがダイワ ヴァデルBJ 66XHB。
「ソルティガ」の流れを残しながら、シンプルなデザインで価格を抑えてあるのが特徴です。
グリップ回りの形・長さは魚とのやり取りやアクションのしやすさを追求してあります。

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X SXLS-633-140-KR

なんといっても持ち運びがしやすいパックロッドモデルです。
全長77センチの3本継ぎになりコンパクトに持ち運ぶことが出来るのでとても重宝します。
バイクや自転車で行く場合や旅行に行く際に、メインロッドが破損してしまった時の為、予備で1本バッグに忍ばせておけます。

【メジャークラフト】3代目 クロステージ CRXJ-B64L/LJ

長年人気を誇っているクロステージの3代目モデルです。
「マイクロピッチクロスフォース」製法にてパワーロス原因であるネジレの軽減を重視しているので、同じクラスの中でも特にパワーを感じることが出来ますロッドです。
タチウオやシーバス、小型のイナダやサバといった回遊魚狙いのライトジギングでも使いやすいモデルです。

上級者向けのライトジギングロッド3選

最後に、上級者向けのライトジギングロッドを3つご紹介します。
ハイエンドの人気商品をメインにご紹介します。

【シマノ】グラップラー タイプLJ B63-1

クラス初となる強度と軽さを両立する基本構造の『スパイラルX』。
ネジリ剛性を高めパワーロスやブレを抑える強化構造の『ハイパワーX』。
この二つを搭載していることで大物にもガッチリ対応出来る、ハイパフォーマンスが魅力の次世代スタンダードロッドです。

【ダイワ】ソルティガ BJ 62HB TG・V

ソルティガ BJ(スリルゲーム)は、一般出来なライトジギングロッドに比べると、とても柔軟性があり、あたった魚をバラしにくい特徴があります。

細いラインの使用もロッド全体で魚の引きを受け止めるので、行いやすいです。
上級者にはぜひチャレンジして欲しいロッドとなっています。

【シマノ】オシアジガー LJ S62-1/FS

フルソリッドながらネジリ剛性を高めパワーロスやブレを抑える強化構造のハイパワーXを搭載し、小技の利く繊細でテクニカルな使用感と青物をも難なく制する粘り強さを兼備。
良型の青物を誘います。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめライトジギングロッド3選

ロッド

出典:写真AC

では、最後に2020年新作のおすすめライトジギングロッドを3つ紹介します。

【ダイワ】ヴァデル LJ 63XXHS

2020年リリースのダイワのヴァルデLJの一番の特徴は、ライトジギングロッドとしては短い6.3ftという取り回しの良い長さにあります。

ターゲットやフィールドによって硬さやスピニング・ベイトが選べ、こちらでおすすめする63XXHSは中型青物などのヘビーな魚種をメインターゲットに据えたスピニングモデルです。

エントリーモデルという位置付けなので低価格に設定されていますが、ステンKフレームガイドやTCSグリップといった機構も搭載されている点も見逃せません。

【シマノ】グラップラー B632

こちらのライトジギングロッドは軽量で疲れにくく、また硬すぎずほどよく柔らかさがあります。
そして、喰い込みもよくバラシも少ないロッドですので一日中快適にジギングができます。

そんな快適なロッドですが、何とこちらのロッドを使って80センチオーバーのブリを釣り上げたという方もいらっしゃいます。
イナダ、カツオ、ブリなど青物の強烈な引きにも充分対応できとても満足なロッドです。

【ダイワ】ジグキャスター ライト MX 93ML

一番は軽いのでしゃくりがとてもラクです。
非常に安い価格帯のモデルですが、あなどってはいけません。

ルアーの遠投性や操作性をとことん追及し、エギングロッドやシーバスロッドではなかなか対応しきれなかった歯がゆいところを解消してくれます。

また、ジグをしゃくった際、力がかかるポイントがピタッと手元に伝わります。
女性や子供でも強い力を使わずにジグを跳ねさせることが可能で、リアグリップが長めに設定してあり脇に挟みやすい効果もあり、非常に軽快です。

スポンサーリンク

ライトジギングロッドまとめ

ロッド

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめの最強ライトジギングロッド12選!選び方や人気商品をご紹介」というテーマに沿って、「ライトジギングロッドとは?」「おすすめのコスパ最強ライトジギングロッド9選」「【2020年新作】おすすめライトジギングロッド3選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
【2020年】おすすめコスパ最強ジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
大物を狙う時に活躍するジギングロッド。今回、釣りラボでは、ジギングロッドの選び方、人気メーカー、おすすめのロッドを初心者…
【2020年】スーパーライトジギングロッドおすすめ8選!選び方や代用ロッドもご紹介
スーパーライトジギング(SLJ)では、軽量のジグで気軽にジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、スーパーライ…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2020年】おすすめのライトショアジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…