タチウオジギングの始め方|ベイトタックル・仕掛け・釣り方【初心者必見】

タチウオジギングは、タチウオの釣り方の中で代表的なものの一つです。今回、釣りラボでは、ジギングに必要なタックル・仕掛け(ロッド・リール・ジグ・PEライン・リーダー)、釣り方、釣りにおすすめの時期などについて解説します。ぜひ最後までご覧ください。

ジギング
スポンサーリンク

タチウオジギングとは?

タチウオ

出典:写真AC

ライトなタックルで初心者でも手軽に楽しめると近頃人気が高まっているタチウオジギングですが、タチウオジギングとはいったいどのような釣りなのでしょうか。

タチウオジギングとは、ベイトタックルと軽量なメタルジグを使ってタチウオを狙う釣り方です。
コツを覚えてしまえば初心者でも数を釣りあげることができるので人気が高いです。
特に関西地区でのタチウオの人気が高く、近年ではタイラバのようにメジャーなジャンルの釣りとして確立されつつあります。

今回はそんなタチウオジギングの魅力についてご紹介します。

>>>こちらの記事も読まれています
ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】

タチウオジギングにおすすめの場所

タチウオは北海道から沖縄まで全国に生息しており、東京湾でもよくタチウオジギングが楽しまれています。

タチウオは深海に生息しているため、タチウオジギングはオフショア(船の上)で深海を探りながらの釣りがよく知られています。
オカッパリでは水深のある漁港の防波堤、もしくはタチウオのエサとなるアジやイワシなどの小魚(ベイト)が回遊している堤防の常夜灯周りがねらい目です。

タチウオジギングにおすすめの時期・時間帯

それではタチウオジギングにおすすめの時期・時間帯はいつなのでしょうか。

タチウオは夜行性で、日中は沖合の深場にもぐっていますが夜になるとエサを求めて表層の沿岸付近に寄ってきます。
オカッパリの際は夕方~夜の時間帯を狙ったタチウオジギングがおススメです。

一年中狙うことができるタチウオですが、岸から狙うのであれば6〜12月頃がよいでしょう。
中でも8~10月は最盛期ともいわれ、この時期は浅場でもタチウオジギングを楽しめます。

タチウオは冬でも釣れる?

1年中狙うことができるといっても、タチウオは冬でも釣れるのでしょうか?

6〜12月以外の時期は岸から狙うことは難しく、船からのジギングが基本になります。
また水温が低い時期は数は見込めませんが、体長1メートルを超える「ドラゴン」と呼ばれる大型なタチウオを狙うことができるので、アングラーには人気な時期でもあります。

タチウオジギングに最適な水温

タチウオジギングに最適な水温は一般的に23度前後といわれています。
一方で12度前後になるとぱったりと反応がなくなってしまうので、冬場にショアから狙うのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

タチウオジギングのやり方・釣り方

タチウオ

出典:写真AC

それでは実際にタチウオジギングのやり方・釣り方についてご紹介します。

仕掛けにはベイトタックルを使う

タチウオジギングの仕掛けには基本的にベイトタックルを使用します。
ベイトタックルはスピニングタックルに比べ感度が高く、パワーが伝わりやすいというメリットがあります。
タチウオは獲物を狙って立ち泳ぎをしているので、食いついた際の上下の動きが激しくパワーも強いため、巻き上げ力のあるベイトタックルがおすすめです。

ロッド

タチウオジギングにはタチウオ専用ロッドを使用するのが理想ですが、ほかのロッドで代用することも可能です。
その際にはなるべく穂先が柔らかいものを選ぶのがポイントです。
タチウオはフォール中にも当たりが多いため、穂先が固く食い込みが良くないとせっかくの当たりを合わせることができません。

タチウオジギング専用ロッド

6~6.6フィートの長さのタチウオ専用ロッドがダイワやシマノから出ています。
ジギングの他にテンヤ釣りやルアー釣りなど、タチウオ狙いの釣り方に適したつくりとなっており、タチウオジギング入門の方にはこちらの専用ロッドがおすすめです。

【ダイワ】タチウオジギングロッド 鏡牙

穂先が非常に柔らかく、細かな当たりを感じやすい初心者にもおすすめのタチウオ専用ロッドです。
60~180gのジグに対応しているため、オールシーズンでタチウオジギングを楽しむことができます。

タイラバロッド

タチウオジギングの際、素材や長さなど仕様がよく似ているタイラバロッドで代用することも可能です。

【メジャークラフト】タイラバロッド ベイト3代目

タイラバ専用ロッドですが、ロッドに張りがあり、ルアーの動きもしっかり出すことができます。
青物やハマチなど他の釣りにも使える万能タイプなので、かなり重宝する1本です。

ショアジギングロッド

ショアジギングロッドを使用する際は、あまり固すぎないタイプのロッドを使うことをおすすめします。

【シマノ】ショアジギングロッド コルトスナイパーBB

遠投性とパワーを兼ね備え、サーフや防波堤など様々なフィールドで活躍するショアジギングロッドです。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング16選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

続いてタチウオジギングにおすすめのリールをご紹介します。

ベイトリール

リールは、フォールの最中のバイトにも対応できるベイトリールの使用がおすすめです。
季節によって狙う水深は異なりますが、冬場は深いところで100mの深さを狙うこともあるので0.6~1号のPEラインを200m程巻けるベイトリールを選ぶのがよいでしょう。

【シマノ】ベイトリール 17バルケッタ

ドラゴン級のタチウオにも対応したカウンター付きの軽量リールです。
朝や夕方の暗い時間帯でも見やすいバックライトもついており、タチウオジギングには最適です。

電動リールはタチウオに向いていない?

深さのあるポイントを狙う際は、電動リールを使うとジグの回収や取り込みが格段に楽になります。
長時間ロッドを持つことになるので、小型の電動リールがおすすめです。

【ダイワ】シーボーグ 200J-DH

細かい動きも繊細にこなす上にパワーも強いので、深海からの巻上げの疲労が軽減されます。
手巻き感もよく、合わせもスムーズに行うことができるので電動リールの使用に抵抗のある方にもおすすめしたい商品です。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

メタルジグ・ルアー

メタルジグ・ルアーを選ぶ際は、水深と潮の速さを考慮して選ぶようにしましょう。
水深の3倍程度の重さのジグを選ぶのがよいといわれていますが、80~150gのものがメインとなってきます。
カラーは様々ありますが、タチウオのルアー釣りの中でもゼブラパープルの実績が高いのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめのメタルジグ5選と選び方を徹底解説|アジング・シーバス・ヒラメ

【ヨーズリ】ブランカ タチ魚SP ゼブラ

コスパもよく、タチウオ狙いの際にはぜひ持っておきたい商品です。
他にも様々なカラーバリエーションがあり、飽きられないように色々とカラーを変えてみるのもよいですね。

PEライン

深海からの当たりをキャッチしアクションを伝達させるには、滑らかなPEラインの使用が必須です。
4本編みの1号が一般的によく使われています。
水深は場所によって異なるので、ラインの長さを選ぶ際には予め水深を確認してから決めましょう。

【メジャークラフト】PEライン 弾丸ブレイド

強度と高感度を兼ね備えた万能タイプのラインです。
糸絡みなどのトラブルも軽減されており初心者でも扱いやすくなっています。

>>>こちらの記事も読まれています
PEラインおすすめ4選【コスパ抜群】|結び方・選び方・太さ・下巻き

リーダー

タチウオは歯が強く、PEラインに触れるとすぐ切れてしまうためリーダーの使用が必須です。
太いリーダーにすると耐久性は上がりますがその分くいつきが悪くなるのでよく状況を見て選ぶようにしましょう。

【ダイワ】ディーフロン 船ハリス フロロカーボン

耐久性に優れた100%フロロカーボン製です。
適度に柔らかくしなやかな張りが特徴で、多くのアングラーに支持されています。

アシストフック

タチウオの固い口にフックできるよう、細く鋭いバーブレスのトレブルフックを選ぶようにしましょう。
あまり大きすぎるサイズのフックだとジグの泳ぎが不自然になってしまうので、ジグとのバランスが重要になります。

【カツイチ】デコイ WA-21 ワイヤートレブルアシスト

フッキングミスを減らし、ショートバイトも確実にとらえる応用可能なワイヤーシステムです。

誘い・アクションのやり方

タチウオはその特殊な見た目からも想像がつく通り、独特な泳ぎ方をします。
そこで、その動きに合わせた誘い・アクションのやり方が必要になってきます。

ただ巻き(ステディリトリーブ)

タチウオは、ただ巻き(ステディリトリーブ)で釣ることができます。
ステディリトリーブとは、一定の速さでリールを巻きあげていく動作のことです。

タチウオは捕食の際は縦方向に一直線に泳ぐので、ゆっくりとルアーを動かしながら上げていくことが重要です。
左右にアクションが大きいとタチウオが捕食しにくくなるので、なるべく動きを少なくゆっくり巻きあげましょう。

ストップ&ゴー

巻いている最中に一瞬ポーズをいれながら巻き上げていくストップ&ゴーという方法も有効です。
タチウオの活性が低い時はストップ&ゴーでタチウオを刺激しながら誘いましょう。

タチウオジギングの注意点

タチウオの歯は鋭く、素手で触ると怪我をしてしまう恐れがあります。
タチウオジギング初心者の方は、タチウオバサミなどを使用して安全に釣りを楽しみましょう。

スポンサーリンク

タチウオジギングの始め方まとめ

タチウオ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タチウオジギングの始め方|ベイトタックル・仕掛け・釣り方【初心者必見】」というテーマに沿って、「タチウオジギングとは?」「タチウオジギングのやり方・釣り方」といったことをご紹介してきました。

>>>こちらの記事も読まれています
タチウオ(太刀魚)釣りの始め方|仕掛け・道具・餌・時期【初心者必見】

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボ…
ショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…
ライトショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン【初心者必見】
青物から根魚、シーバスなどまで狙えるライトショアジギングは、とても人気のあるジギングの一つです。今回、釣りラボでは、ライ…
スーパーライトショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン
専用タックルを必要とせず、青物・根魚を狙えるスーパーライトショアジギングは、とても人気のあるジギングの一つです。今回、釣…
スロージギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
スローピッチなジャークでジギングを行うスロージギングは、とても人気のあるジギングのやり方の一つです。今回、釣りラボでは、…