ブラウントラウトとは?料理方法や味、釣り方、さばき方、飼育方法を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ブラウントラウトの特徴、生態、呼び名、世界記録、日本記録、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、釣り方、さばき方、飼育方法などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

ブラウントラウトとは?その特徴・生態をご紹介

ブラウントラウトは、サケ科の魚で学名をSalmo truttaといいます。
ブラウントラウトは3種類からなり、一生の大部分を過ごすエリアによって降海型、降湖型、河川型と呼ばれています。

どの種類も11月から2月頃にかけて川の上流で産卵し、3月頃に孵化した稚魚は幼魚になるまでに一年ほどを淡水域で過ごします。
10センチほど成長した幼魚は、降海型、降湖型、河川型に分かれてそれぞれの生息域へと移動していきます。

ブラウントラウトは肉食性であり、一日中採餌行動を行う習性があるため、サケやマスの幼魚や甲殻類などを大量に捕食します。

ブラウントラウトは、他のマス類の幼魚や甲殻類などを食害しながら分布域を広げていくため、日本では要注意特定外来生物にされ、世界的にも侵略的外来種のワーストに100に選ばれています。

ブラウントラウトの呼び方

ブラウントラウトは、ヨーロッパ原産のマス類で、移入によってアメリカや日本へと分布を広げています。
ブラウントラウトは、移入によって世界中に分布域を広げつつあるため、世界各国で様々な名称で呼ばれています。

漢字名

ブラウントラウトは、全体的に茶色い体色をしており、背中部分を中心に黒い斑点が散りばめたような模様があるため、その見た目から漢字名では「茶鱒(チャマス)」と呼ばれています。

別称・別名

ブラウントラウトは、名前にブラウンとついているとおり、全体的に茶色い体色をしています。
特徴的な体色から、ブラウンマス、茶色マス、茶マスなどの別称や別名があります。

英語・外国名

ブラウントラウトという名称は英語です。
英語表記ではBrownTroutと書きます。
また降海型のものはシートラウトと呼ばれ、英語表記はSeaTroutと書きます。

学名

ブラウントラウトの学名はSalmo truttaです。
ヨーロッパ原産の川にすむマスという意味で、truttaはラテン語のマスを意味に由来があります。

ブラウントラウトの生息地

ブラウントラウトは、1900年前後にヨーロッパからアメリカ経由でニジマスなどに混ざって移入しました。
冷水を好み、酸素の多い川や湖を主な生息域としています。

日本国内の生息地では栃木の中禅寺湖や神奈川県の芦ノ湖が有名で、その他には北海道、秋田、山梨などの分布しています。
水族館では山梨県立富士湧水の里水族館など淡水魚を扱う水族館で見ることができます。
大きさは最大どれくらい?

ブラウントラウトは鱒類の中では中型種で通常は40センチ~50センチほどの大きさですが、環境によって大きく成長するケースもあるようです。

世界記録

ブラウントラウトの世界記録は、体長109センチ、体重18.8キロです。
2009年にミシガン州のマニスティーリバーで釣り上げられました。

日本記録

ブラウントラウトの日本記録は、世界記録よりはやや小さく体長97.5センチ、体重4.05キロです。
2010年に北海道の支笏湖で釣り上げられました。

ブラウントラウトの値段・相場価格

ブラウントラウトは、もともとカワマスを移入する際に卵が混入していたことによって日本へ移入されました。
公的機関による移入は行われておらず、食用の養殖はほとんど行われていないため、一般的にはあまり流通がなく、相場価格といえるものがありません。
現状では、ブラウントラウトとニジマスの交配種が信州サーモンとして販売されており、信州サーモンの市場価格は1キロ2,000円程度となっています。

スポンサーリンク

ブラウントラウトを使った料理・食べ方

ブラウントラウト

出典:写真AC

ブラウントラウトは、養殖がほとんど行われておらず、また漁獲量が大変少ないため一般的にはほぼ流通していません。
ブラウントラウトは流通量が大変少ないため、ブラウントラウト専用の料理はほとんどなく、料理する場合は他のマス類の調理方法を持ちいて調理され、食べてられています。

どんな味がするの?

ブラウントラウトは他の鱒類と似た食味がありますが、もともと食用目的で移入されてないこともあり、他のマス類と比較して食味に劣ると言われています。

栄養素・カロリー

他の鱒類と同じく、ビタミンB12やビタミンDといった栄養素が豊富に含まれています。
また脂質があまり多くないため、低カロリー高たんぱくの食材です。

旬な時期・季節

ブラウントラウトの旬の時期は、春から夏にかけてです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

ブラウントラウトは、サケやニジマスなどの鱒類と同様に調理するとおいしく頂くことができます。

刺身

ブラウントラウトは淡水魚であるため、寄生虫には十分な注意が必要です。
特に顎口虫、肝吸虫、肺吸虫などの寄生虫は、誤食により重篤な症状になるケースが多いため、できる限り生食は控えるべきでしょう。

どうしても生食する場合には、-20度以下24時間以上冷凍してからルイベにしましょう。
また使用した調理道具は熱湯殺菌を行うなど徹底した消毒が必要です。
同じマス類であるサクラマスのルイベの作り方はこちらを参考にしてください。

サクラマスのルイベ by あおもりの肴
サクラマスの捌き方はコチラから!(^^)!…

ムニエル

ブラウントラウトは、他の鱒類と同様にバターなどの脂質を利用した加熱調理に向いています。
なかでも、ムニエルはブラウントラウトのたいへん向いたレシピです。
同じマス類であるサクラマスのムニエルの作り方はこちらを参考にして下さい。

サクラマスのムニエル by あおもりの肴
青森県産サクラマスのムニエルです!(^^)!「鱒」の人気検索でトップ10入りしました!!!…
スポンサーリンク

ブラウントラウトにおすすめの釣り方・タックル

ブラウントラウト

出典:写真AC

ブラウントラウトは肉食性で、エビやカニなどの甲殻類や昆虫、魚の稚魚などを捕食しています。
ブラウントラウトは非常に獰猛で、一日中採餌行動をするため、ゲームフィッシュとして大変人気です。
日本では、冷水域である川の上流や湖になどに生息しており、各エリアの環境やブラウントラウトの食性にあわせて、餌釣りやルアーフィッシング、フライフィッシングなどで釣ることができます。

ブラウントラウト釣りにおすすめの釣竿・ロッド

それでは、ブラウントラウトを釣るにおすすめの釣竿・ロッドを紹介します。

【シマノ】カーディフNX S77ML

ブラウントラウト釣りには欠かせないバットの強さと粘りを持つモデル。
50センチクラスのトラウトも難なく対応できるロッドです。

ブラウントラウト釣りにおすすめのリール

ブラントラウト釣りにおいてはドラク性能の高いリールが求められます。
ドラグ性能の高いリールを紹介します。

【シマノ】ステラC3000XG

シマノのステラシリーズはドラグ性能の評価が高いモデルです。
重量も210グラムと軽量で持ち重りしません。

ブラウントラウト釣りにおすすめのルアー・ワーム

ブラウントラウトは非常に獰猛な肉食性で、イワナやヤマメなどの稚魚を好みます。
いろいろなルアーで釣ることができますが、フィッシュイーターにおすすめのミノーを紹介します。

【SMITH】D-CONTACT II

老舗ルアーメーカースミスのシンキングミノーです。
ヤマメカラーでブラウントラウトに強烈にアピールします。

ブラウントラウト釣りにおすすめの釣り餌

ブラウントラウトは、他のマス類と同じような餌と使って釣ることができます。
おすすめのエサは、川虫やいくら、ぶどう虫などです。

【nonbrand】ぶどう虫

いくらと共に渓流釣りでは定番のぶどう虫です。

スポンサーリンク

ブラウントラウトの締め方・捌き方

ブラウントラウト

出典:写真AC

ブラウントラウトをおいしく食べるためには、しっかりと締めることが大切です。
基本的には他の鱒類と同様の締め方・捌き方をします。

ブラウントラウトの締め方

他のマスと同じく魚が釣れたら速やかに血抜きを行うこと大切です。
ヤマメを使った締め方をご紹介します。

ヤマメの脳締めと血抜き

ブラウントラウトの捌き方(さばき方)・切り方

ブラウントラウトの捌き方です。
淡水魚ですので、寄生虫に注意をして捌くことが大切です。

ブラウントラウトをさばく

スポンサーリンク

ブラウントラウトの飼育方法・飼い方

ブラウントラウト

出典:写真AC

ブラウントラウトは鱒類の淡水魚であるため、飼育にはいろいろな条件があります。
低水温かつ水質を保つための飼育道具を紹介します。

飼育時に必要なもの

ブラウントラウトは中大型種の鱒類ですので、ある程度大きな設備が必要になります。
以下が飼育に必要な最低限の設備です。

  • 90センチ以上の大型水槽
  • 浄化装置
  • 水温計
  • 冷却装置

飼育時の注意点

ブラウントラウトは肉食性のため、飼育時には生餌を用意する必要があります。
また低水温を好み、酸素の多い清涼な水質を好むため、常に水温や水質の管理をする必要があります。

スポンサーリンク

ブラウントラウトの基本情報まとめ

トラウト

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ブラウントラウトとは?料理方法や味、釣り方、さばき方、飼育方法を解説!」というテーマに沿って、「ブラウントラウトとは?その特徴・生態をご紹介」「ブラウントラウトを使った料理・食べ方」「ブラウントラウトにおすすめの釣り方・タックル」「ブラウントラウトの締め方・捌き方」「ブラウントラウトの飼育方法・飼い方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

トラウトとはどういう意味?サーモンとの違い・釣り方・人気タックルを紹介
【釣りで人気のターゲットをご紹介】今回、釣りラボでは、トラウトの意味、サーモンとの違い、狙える場所、おすすめタックル(ロ…
【イワナの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚図鑑】今回、釣りラボでは、イワナの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、イワナの味、おすすめ…
ヒラマサはブリと何が違う?人気のレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚図鑑】ヒラマサは、国内で非常に多く消費される人気の魚です。今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違…
ユムシって食べられるの?その味や飼育方法、釣り餌としての使い方を解説!
【閲覧注意?人気の釣り餌をご紹介】ユムシは、その見た目の特異性もあって比較的知名度の高い魚です。今回、釣りラボでは、ユム…
甲殻類最強のシャコとは?食べ方・エビとの違い・シャコパンチの威力を徹底解説!
今回、釣りラボでは、シャコの特徴、生態、呼び名、エビのと違い、生息地、値段相場を徹底解説した上で、シャコパンチの威力や速…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン