【2020年】ヒラメロッドおすすめ8選!コスパ最強の製品や代用ロッドもご紹介

ヒラメ釣りは、近年専用のタックルも続々と登場し、人気が高まっています。今回、釣りラボでは、ヒラメロッドの選び方や、サーフ・船釣りにおすすめのロッド6選、2020年の新作2選、代用ロッドをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

ヒラメ釣りの特徴

ヒラメ

ヒラメは、かつては船で沖に出て、活魚をエサにする泳がせ釣りで狙う魚でした。

しかし、2000年代に入り、元祖ヒラメハンターと呼ばれるアングラー、堀田光哉氏をはじめとした著名人らによって、ショアからのルアー釣りが開発され、近年ではサーフからのショアジギング、ライトショアジギングといった釣法が隆盛を極めています。

宮城県、福島県、茨城県、千葉県、神奈川県など、東日本の太平洋側では、ヒラメ釣りで有名なサーフスポットがいくつも存在します。

スポンサーリンク

ヒラメロッドの選び方・ポイント

シマノ(SHIMANO) ネッサ CI4+ S1008MMH

ヒラメは、見た目がそっくりなカレイとは似ても似つかぬどう猛なフィッシュイーターです。
そのため、ロッドをはじめとしたタックルはヒラメ専用のものが数多く販売されています。

ここでは、サーフからのショアジギングと、船からの泳がせ釣りの場合に分けて、ヒラメロッドの選び方をご説明します。

選ぶポイント1:ロッドの硬さ

ロッドの硬さは、ヒラメ釣りの釣果に非常に大きな影響を及ぼします。

ショアからヒラメを狙う場合

サーフからのルアー釣りの場合、ヒラメ釣りでは、メタルジグやミノーなどのヘビー系ハードルアーのみならず、ジグヘッド+ソフトルアーの組み合わせも多用するため、青物専用のショアジギングロッドでは、ソフトルアー使用時にやや硬すぎて使いづらさを感じるでしょう。

ヒラメロッドの硬さは、MもしくはMHが良いでしょう。

船からの泳がせ釣りでヒラメを狙う場合

船からの泳がせ釣りでヒラメを狙う場合は、水深によって、30〜80号くらいまでの錘を使い、活エサのイワシを落とします。
ヒラメは捕食があまり上手ではなく、アタリがあってもすぐには合わせず、充分食い込ませてから合わせます。
そのため、ティップの感度の良いロッドが必須です。

オモリ(錘)の号数を考慮し、ヒラメロッドの硬さはH以上が良いでしょう。

選ぶポイント2:ロッドの素材

ヒラメロッドの素材には、グラスファイバーをエポキシ樹脂で固めたグラスロッドと、カーボン繊維を何層にも重ねて作ったシート(プリプレグ)を筒状に巻いて焼き固めたカーボンロッドがあります。

グラスロッドの特徴

グラスロッドの特徴は非常に安価であることです。

また、グラスロッドは、しなやかに曲がり、パワーもあります。
1980年ころまではグラスロッド全盛でしたが、現在は一部の入門者用激安ロッド程度でしか見ることはなくなっています。

重量が嵩むのがグラスロッド最大の欠点ですが、しなやかに曲がり、粘り強い特徴から、あまり軽さにこだわらない、ロッドを船縁に固定する泳がせ釣りでは、グラスロッドを好んで使用する人もいます。

カーボンロッドの特徴

カーボンロッドの最大の魅力は軽さです。
また、カーボンテープをスパイラル状やエックス状に巻いてねじれ剛性を高めるなど、各社工夫を凝らし、軽さとパワーと感度を向上させています。

かつては非常に高価でしたが、現在は価格もこなれて来ています。
ショアで使うならカーボンロッドで決まりです。
カーボン使用率95%以上の製品であれば、軽さも剛性も問題無いレベルだと言えるでしょう。

選ぶポイント3:ロッドのタイプ

ヒラメロッドのタイプには、スピニングリールを使うスピニングロッドと、ベイトリールを使うベイトロッドがありますが、ショアからのキャストによるジギングならスピニングリールを、船からの泳がせ釣りならベイトリールを使います。

使用するリールに合わせて、ロッドタイプを選びます。

スピニングロッド

ヒラメ釣りにスピニングリールを使う場合は、スピニングロッドを使います。
リールシートへの固定方法としては、締め付けるリングが2つ付いているタイプがガタが起こりにくくおすすめです。

ベイトロッド

ヒラメ釣りにベイトリールを使う場合は、ベイトロッドを使います。
特に船釣りで泳がせ釣りなどをする場合は、ベイトリールを使うのがベターです。

船縁にロッドを固定してアタリを待ち、食い込みを確認してから大きく合わせます。

選ぶポイント4:ロッドの長さ

ヒラメロッドの長さですが、ショアジギングの場合は、飛距離を優先されなければなりません。
なのでロッド長は、最低でも10ftはほしいです。
11ftあれば、なお良いでしょう。

船から泳がせ釣りをする場合は、それほど飛距離は重要ではないので、もう少し短くても問題ありません。

選ぶポイント5:デザイン・色

ヒラメロッドのデザイン・色では、ほとんど釣果は変わりません。
ですので、デザインや色は、リールと合わせたときの一体感があるものがカッコ良いでしょう。

スポンサーリンク

ヒラメロッドおすすめ人気6選

メジャークラフト トリプルクロスサーフモデル TCX-1002SURF/H

では、実際にシーン別におすすめのヒラメロッドを6つご紹介していきます。

サーフでおすすめのヒラメロッド4選

サーフでは、思い切り投げられるしなやかさのあるロッドが求められます。
ヒラメロッドの長さは、10〜11ft程度の長めのものが良いです。

キャスト時に美しい弧を描き、バネの力で仕掛けを遠くへ運んでくれるものが理想です。

【アブガルシア】ソルティースタイル フラットフィッシュ STFS-1032MH-KR

ブランクスにカーボンテープをX状に巻き締め上げた、ネジレ剛性にすぐれた、ヒラメ・マゴチなどフラットフィッシュ専用のハイコスパロッドです。

【シマノ】ネッサ CI4+ S1008MMH

シマノが開発した高用量カーボン強化樹脂であるCI4+をリールシートに使用し、ヒラメを獲るために必要な全ての要素を備えた、究極のヒラメ専用ロッドです。

【メジャークラフト】トリプルクロス TCX-1002SURF/H

40gを超えるジグをティップの反発力で遠くまで運ぶ、ヘビーユース用のショアジギングロッドです。
ヒラメが好む離岸流を果敢にドリフトさせるパワーがあり、コントロール性に優れます。

【ダイワ】ラテオ FJ 103ML

「フラットジャンキー」の名前を戴くラテオFJは、樹脂の量を減らし、カーボン繊維の量を増やした高密度HVFカーボンを使用したブランクスで、より軽く、しなやかな操作を可能にしました。

船釣りでおすすめのヒラメロッド2選

船釣りでヒラメを狙う場合は、アタリを逃さず伝えるティップの感度と、海底から引き上げるバットパワーの大きなロッドが良いでしょう。

【ダイワ】アナリスターヒラメ M-255

グラスファイバーの使用率が高めの、感度及びしなやかさが非常に高い泳がせ釣りロッドです。
100号の錘まで対応でき、深い海底からヒラメを引き上げ、ランディングに持って行くパワーがあります。

【シマノ】ベイゲームX ヒラメ M300

カーボン使用率95%ながら、ティップには感度重視のグラスソリッドティップを使用し、小さなアタリを確実に船上へ伝える超高感度モデルです。
自然な食い込みを誘う本調子(6:4)の、使い勝手の良いロッドです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめヒラメロッド2選!

ダイワ(DAIWA) サーフ(ヒラメ)ロッド ラテオ FJ 103ML 釣り竿

ここからは、2020年発売の、最新ヒラメロッドを紹介します。

【アブガルシア】20ソルティステージ KR-X フラットフィッシュ SXFS-1033MH-KR3

新来のソルティステージシリーズより、3ピースのフラットフィッシュ用モバイルロッドが出ました。
30gまでのメタルジグをフルキャストするため、カーボンテープで締め上げたブランクスで強度を上げています。

【ダイワ】20ライトヒラメ BB 220

船上での操作性に優れた、全長2.2mのヒラメ用ベイトロッドです。
グラスソリッドティップを使用し、非常に感度の良い、コスパにも優れたロッドです。

スポンサーリンク

ヒラメ釣りに最適な代用ロッドをご紹介

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスターヒラメ M-255 釣り竿

ヒラメ釣り専用ロッドでなくても、ヒラメ釣りができるロッドはたくさんあります。

例えば、ショアからヒラメを狙うのであれば、パワーのあるシーバスロッド、エギングロッドが代用可能なロッドです。
また、オフショアの泳がせ釣りでヒラメを狙うのであれば、タイラバロットが代表的な代用ロッドです。

代用ロッド1:シーバスロッド

シーバスロッドは、ヒラメなどのフラットフィッシュのショアスロージギングに適しています。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFS-1032M

長さ、パワー、硬さ、どれをとっても、サーフでのヒラメ釣りに最適なシーバスロッドです。
ロッドの表面に塗装を施さないアンサンドフィニッシュで、感度の向上と全体の軽量化に寄与しています。

代用ロッド2:エギングロッド

エギングロッドはショアではやや長さが足りないかも知れませんが、ヒラメのポイントが遠くなければ十分闘えます。

【シマノ】セフィア BB S89MH ストロングモデル

パワーは十分ヒラメを獲れる実力を持っています。
ロッドの反発力をうまく利用してキャストが出来れば、飛距離もそこそこ出ます。

代用ロッド3:タイラバロッド

タイラバロッドもティップの感度が重要で、かつ、大物のマダイを海底から引き上げるバットパワーが求められる点で、ヒラメ釣りに適しています。

【ジャッカル】ビンビンスティック RB BSS-RB66L-TT2

落とし込みはもちろん、軽いキャスティングにも対応できるタイラバロッドです。
感度の良いティップとしなやかに曲がるブランクスはヒラメ釣りにも適しています。

スポンサーリンク

ヒラメロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 ベイゲーム X ヒラメ M300 自然に喰わせる6:4調子

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ヒラメロッドおすすめ8選!コスパ最強の製品や代用ロッドもご紹介」というテーマに沿って、「ヒラメ釣りの特徴」「ヒラメロッドの選び方・ポイント」「ヒラメロッドおすすめ人気6選」「【2020年新作】おすすめヒラメロッド2選!」「ヒラメ釣りに最適な代用ロッドをご紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラメ釣りのコツや仕掛けを徹底解説!ルアー/泳がせ釣りの攻略方法・時期
ヒラメは、釣期が長く、ほぼ一年中釣れる魚です。今回、釣りラボでは、そんなヒラメの釣り方について、ルアー・泳がせ釣りの釣り…
【2020年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル…
【2020年】ヒラメワームおすすめ8選!選び方や人気のジグヘッド・リグをご紹介
ヒラメ釣りにワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなヒラメワームの選び方、おすす…
ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や選び方もご紹介
ヒラメ釣りは堤防やテトラポットなど身近な場所で釣ることができ、気軽に楽しむことができます。そんなヒラメ釣りにはどんな餌を…
ヒラメ釣りに最適な時期はいつ?季節ごとの攻略方法やおすすめのルアーもご紹介
地域によっては1年中釣ることができるヒラメ釣りですが、最も釣れる時期はいつなのでしょうか?今回釣りラボでは、そんなヒラメ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン