【2020年】チヌ(クロダイ)釣り用ルアーおすすめ7選!カラーの選び方や釣り方を解説

ルアーフィッシングでチヌ(クロダイ)を釣ることをチニングと呼びます。チニングはお手軽・簡単に釣れることから人気が高まってきています。そこで今回釣りラボでは、チニングにおすすめなルアーやルアーの選び方などを徹底解説します。ぜひご覧ください。

ルアー
スポンサーリンク

チヌ(クロダイ)釣りで主に用いられるルアーの種類

スミス(SMITH LTD) チヌペン FW 07 チャートヘッドブラック

初心者でも比較的入り込みやすいチヌ(クロダイ)釣りは、春、夏、秋、冬とシーズンを問わず楽しめる人気の海釣りです。

チヌ釣りで人気のあるルアーフィッシング(チニング)で主に用いられるルアーの種類をご紹介します。

トップウォーター

トップウォーターは、水面に浮くことを特徴としているルアーで、ベイトフィッシュの形状に似せて作られています。
ポッパーやペンシルベイトが代表的ですが、スイッシャーやノイジーなども含まれます。

チヌ・クロダイ釣りでは定番のルアーになります。

ホッパー

ポッパーは、前面に開いた大きな口が出すポコポコという音で、チヌ・クロダイ等の魚を呼び寄せることができるルアーです。
アクションとしてはロッドを動かすポッピングやドッグウォークなどがあります。

ペンシルベイト

ペンシルベイトは、魚に似せた棒状のルアーにフックを付けたものでポッパーのような音を出すのではなく、ルアーの動かし方でチヌを誘います。

ポッパーよりも、チヌに警戒心を与えにくいのですが、チヌを呼ぶ効果は若干低く、テクニックの必要なルアーです。
広範囲にアタリを見る際にも使われます。

竿の動かし方にリールの巻き方を加え、ウォーキング・ザ・ドッグやスキーイングというアクションでチヌ・クロダイを狙います。

ミノー

ミノーは、小魚の形をしたルアーで、顔の部分にリップと呼ばれる少し湾曲した板がついています。

チヌ・クロダイだけでなく、シーバスや根魚のメバル等も狙えるオールマイティなルアーです。
シンキングタイプ、フローティングタイプ、サスペンドタイプの3種類があります。

チヌのいる深さによって使い分けることができ、ボトムからシャロー(浅い層)までミノーで対応することができます。
チヌ・クロダイへのアピール力も比較的高いので、チニングに人気のルアーのひとつとなっています。

バイブレーション

バイブレーションは、名前のように細かく振動することを特徴としており、背中の部分が少し曲がったベイトフィッシュのような形状をしています。

重さのあるものが多く、使い方としてはボトムのズル引きが主となっています。
遠距離のキャストも可能で、チヌ釣りにおいて広い範囲をサーチする際にも使用されます。

ラバージグ(ワーム)

ラバージグとは、シンカーのついたフック(ジグヘッド)に細いひも状のスカート(ラバー)が取り付けられたものです。

ラバージグのみで使われることはあまりなく、トレーラーと呼ばれるワームを取り付けて使用します。

トレーラーには、ベイトフィッシュに似せたものや甲殻類のカニの形状を模したものなどがあります。
そして、基本的にはズル引きというアクションでボトムを引っ張って、チヌ・クロダイにアピールします。
チヌ・クロダイ以外にもバスやマゴチ等の幅広い魚種に対応できるルアーです。

スポンサーリンク

チニングでのルアーカラーの選び方

メガバス(Megabass) ルアー POPPING DUCK(ポッピング ダック) GLX ラムポップ

チニングでのルアーカラーの選び方について解説していきます。

ルアーのカラーは、水が澄んでいたり、昼間のデイゲームなどルアーが良く見える場合と、水に濁りがあったり、夜釣り(ナイトゲーム)など状況で使いわければ良いでしょう。

ナチュラルカラー

ナチュラルカラーは、チヌ・クロダイが捕食するベイトフィッシュの色や自然界にある色で、比較的目立たないのですが、チヌに警戒心を与えることが少ないため、昼間や、水が澄んでいるシチュエーションに向いています。

アピールカラー

アピールカラーは、自然界にあまりないオレンジやグリーンなどで水に濁りのある場合や夜でもチヌ・クロダイが認識できチヌにアピールします。
グロー系やケイムラ系も夜間や濁りの中で目立つのでアピールカラーに分類する場合もあります。

クリア系カラー

クリア系カラーは、透明な樹脂を基本としており、無色透明なものや、着色したりあるいはラメを入れたりしたものを呼びます。
アピールカラーに比べて目立たないので、視認性の良い昼間や水が澄んでいる際におすすめです。

クリア系に発光や蛍光素材を練りこんだり、塗装したものは、アピールカラーに近いアピール力をチヌ・クロダイに発揮します。

実際の釣りでは、これらのカラーを何種類か持ち、状況に応じて取り替えて使うのをおすすめします。
もちろん、自分の好みのカラーのみでチニングを楽しむこともできます。

スポンサーリンク

チヌ(クロダイ)釣り用ルアー人気5選

Rapala(ラパラ) ミノー カウントダウン ジャパンスペシャルカラー 5cm 5g レッドヘッド RH CD5/J ルアー

チヌ・クロダイ釣り用ルアー人気の5選をご紹介します。

【スミス】チヌペンFW

タングステンウェイトを搭載しており、飛距離を稼ぐことができるトップウォーター(ペンシルベイト)です。

浮力を極限まで抑えることで、水面に飛び出すということが少なく、水面直下で安定した動きを再現しています。
チヌペンFWは河口や汽水域にも適した比重を実現しています。

【メガバス】ポッピングダック

チヌ・クロダイに特化した専用設計のポッパーで、ポコポコという独特のサウンドでチヌを効率的に誘い出し、フッキングさせることができるプラグです。

少ない移動距離でも、サウンドを発する独特の形状で、チヌ・クロダイを狙います。
フックを取り付けるアイにはスイベルを基本装備し、フックの動きに自由度を与えています。

【ラパラ】カウントダウン

ランキングでも常に上位にはいるラパラのカウントダウンは、多くのアングラーから最強と評判のミノーです。

素材のバルサ材は、強度が高く、かつ高い浮力と加工のしやすさを兼ね備えており、俊敏な動きを実現しています。

【ジャクソン】チヌコロ バイブ

エビに似せたジャクソンのバイブレーションで、ダブルフックとおきあがりこぼし構造を採用し、根掛かりしにくいのが特徴です。

圧倒的に飛距離を稼ぐことができ、また飛行時の姿勢が極めて安定しているため、狙ったポイントに確実にキャストすることができます。

【メジャークラフト】ジグラバー タイプ2

チヌ(クロダイ)や根魚をターゲットにしたラバージグでズル引きやリフト&フォールのアクションでチヌを誘います。

ラバージグ単体でも釣果を期待できますが、トレーラーを装着することで更にチヌへのアピール力を増すことができます。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめチヌ(クロダイ)釣り用ルアー2選!

Jackson(ジャクソン) バイブレーション ちぬころバイブ 36mm 8g クリアボイルシュリンプ CBS ルアー

2020年に販売が開始された新作のおすすめチヌ(クロダイ)釣り用ルアー2選をご紹介します。

【シマノ】ブレニアス ライズウォーク65F XH-T65S

シマノの新作のペンシルポッパーで、短い移動距離で、首振りアクションとポコポコという独特の音を実現しています。

シマノ独自のリアル鱗デザインである強鱗はチヌ・クロダイに強烈にアピールし、広い範囲の魚を集めてくるのが特徴です。

【メジャークラフト】ブラックポーギーチヌブレード

ブラックポーギーチヌブレードは、ボトムに落とした後は、ズル引きあるいはリフト&フォールを行うことでチヌにアピールするルアーです。

低い重心となっていることとダブルフックが、ルアーの根掛かりを低減し快適なチニングを楽しめます。
チヌ・クロダイの他、根魚にも有効なルアーです。

スポンサーリンク

チヌ(クロダイ)釣り用ルアーのオススメ収納ケース

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグラバー 14g #205 レッドゴールド JR-14

チヌ(クロダイ)釣り用ルアーのおすすめ収納ケースをご紹介します。

【ダイワ】ルアーケース マルチケース 210T

ダイワはルアーの他にタックルも保管できるマルチケースを、色々なサイズで提供しています。

マルチケースは、蓋をワンタッチで開いたり閉じたりすることができる構造になっており、表面は透明になっているので、中のルアーが一目でわかり、使いやすくなっています。

仕切り版を使って、区分けできるようになっているので、ルアーのサイズによって仕切り版の位置を変更することができます。

【ティクト】スタメンケース

スリットスポンジにジグヘッド等を保管できるほか、ワームやハードルアーなどを一式保管できるルアーケースです。

仕切りの調整で、異なったルアーやワームを保管することができ汎用性の高いケースです。
色が3色あるので、好みに応じて使い分けることもできます。

スポンサーリンク

チニングの釣り方・ポイント

シマノ(SHIMANO) ペンシルポッパー ブレニアス ライズウォーク 65F 010 キョウリンアカキン XH-T65S

チニング、つまり、チヌ(クロダイ)の釣り方・ポイントについて解説していきます。

おすすめの時期・時間帯

チニングは、一年中楽しむことができるルアーフィッシングですが、チニングに適した時期というのはあります。
チニングにおすすめの時期・時間帯について解説します。

チニングは春から夏にかけてが特におすすめです。
春(3月~5月)には、産卵が近いチヌ(クロダイ)が浅瀬に近寄ってきて餌をもとめて活性度があがってきます。
また夏(6月~8月)には水温も高くなり浅瀬付近で補食活動も活発になりますので、チニングには最も良い時期となります。

チニングに向いている時間は夕マズメです。
特に夏の夕マズメ時はチヌ(クロダイ)の警戒心も低くなるため釣果が期待できます。

チニングに向いている時間は夕マズメ時ですが、デイゲームやナイトゲームでも楽しむことができます。
ルアーやワームなどを工夫し挑戦してみてください。

チヌ(クロダイ)のルアー釣りにおすすめのタックル・仕掛け

チヌのルアー釣り(チニング)におすすめのタックル・仕掛けについてご紹介します。
チニングではロッド、リール、ライン、ルアーが主な仕掛けとなりエサ釣りであるフカセ釣りのようなウキやガン玉を組み合わせた仕掛けではありません。

チニングのタックルはシーバス等に比べてライトゲームに近いタックルで行うのがおすすめです。
おすすめのタックルをリール、ロッド、ラインの順にご紹介していきます。

リールは中型のベイトリールやスピニングリールを用いれば良いでしょう。

【ダイワ】レブロスLT

価格も比較的手ごろなダイワのスピニングリールです。
チニング用であれば2500番程度の番手を選んでおくと良いでしょう。

PEラインも十分に巻くことができ、ライン切れを起こした際にも余裕があります。
シーバスフィッシングも行う可能性がある場合はもう少し大きな3000番手程度でも良いでしょう。

チニングにおすすめのロッドをご紹介します。

【メジャークラフト】ソルパラSPX-782ML/黒鯛

初心者や女性にもおすすめのソルパラのクロダイ専用モデルで、ズル引きの際にもチヌのアタリを感度良く感じることができるティップを搭載しています。

安価な価格設定となっているほか、適合するルアーの重さも比較的広く、始めてチニングを始める人にもおすすめです。

チニングで比較的よく使われるPEラインをご紹介します。

【メジャークラフト】弾丸ブレイドx4

4本編みPEラインの弾丸ブレイドx4は低伸度により操作性を向上させるとともに、高感度でチヌのアタリを敏感に感じ取ることができるラインです。

表面コーティングにより、糸がらみのようなトラブルを低減して初心者にも使いやすく仕上げられています。
単色に加えマーカータイプもラインナップされています。

チヌ(クロダイ)釣り用ルアーの付け方・結び方

チヌ釣り用ルアー(プラグ)の付け方・結び方についてご紹介となりますが、スプリットリングにラインを直に結ぶ方法、リングを介してラインを付ける方法、スナップを介してラインを取り付ける方法があります。
チヌ(クロダイ)釣り専用というわけではありませんが、ラインへのプラグの付け方の一例をyoutubeでご紹介します。

ルアーのつけ方、スナップとスプリットリングの連結ってあり?

チヌの基本的な釣り方

チヌ・クロダイの基本的な釣り方をご紹介します。
チヌ(クロダイ)釣りには、ルアーフィッシングであるチニングの他に、エサ釣りとしてウキフカセ釣りや落とし込み釣りなどがあります。

ウキフカセ釣りは、ウキの下にオモリを付けないでハリを漂わせてチヌ・クロダイを釣る釣り方です。
オモリは付けたとしても小さなガン玉と呼ばれる物のみです。
エサにはオキアミやさなぎ等を用い、撒き餌も用います。

落とし込み釣りは、堤防などにいるカラスガイなどを捕食しに来るチヌ・クロダイを狙う釣りで、ウキは使わずラインの先に結んだハリとオモリで釣ります。
エサはカラス貝やフジツボなどです。

チヌのフカセ釣りのやり方を動画で確認したいという場合は、こちらの動画をご覧ください。

大阪南港・波止フカセ釣りでチヌを狙う!【ガッ釣り関西#029】

スポンサーリンク

チヌ(クロダイ)釣り用ルアーのまとめ

メジャークラフト チヌ プラックポーギー チヌブレード10 BKP-BLADE ダークコーラ 10 g 6 ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】チヌ(クロダイ)釣り用ルアーおすすめ7選!カラーの選び方や釣り方を解説」というテーマに沿って、「チヌ(クロダイ)釣りで主に用いられるルアーの種類」「チニングでのルアーカラーの選び方」「チヌ(クロダイ)釣り用ルアー人気5選」「【2020年新作】おすすめチヌ(クロダイ)釣り用ルアー2選!」「チヌ(クロダイ)釣り用ルアーのオススメ収納ケース」「チニングの釣り方・ポイント」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

チヌ(クロダイ)の釣り方・コツを徹底解説!おすすめの仕掛け・餌・タックルもご紹介
様々な料理に利用でき、釣りの対象魚としても人気のあるクロダイ(チヌ)。今回、釣りラボでは、クロダイ・チヌ釣りについて、初…
チヌ釣りでおすすめの餌をご紹介!選ぶポイントや付け方も解説
チヌ釣りは、釣り人の中でも人気の高い、とてもポピュラーな釣り方のひとつです。今回、釣りラボでは、そんなチヌ釣りに使う餌に…
【クロダイ(チヌ)の基本知識】レシピ・釣り方/おすすめ仕掛け・さばき方を解説
【人気の魚図鑑】クロダイ(チヌ)は、釣りの人気のターゲットです。今回、釣りラボでは、クロダイの特徴、生態、呼び名、生息地…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン