【2021年】イイダコ釣りにおすすめのロッド9選!選び方やコスパ最強商品をご紹介

イイダコ釣りには秋から冬にかけて楽しめる人気の釣りです。専用のロッドを使えば、初心者でも釣果アップ間違いなし!今回、釣りラボでは、釣り方のコツやロッドの選び方、口コミ評価が高い商品を釣り方別に紹介していきます。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもイイダコ釣りってどんな釣り?

プロマリン(PRO MARINE) CB パワフルテトラDX 150

イイダコは大きくても30cmほどにしかならない小型のタコです。
マダコよりも簡単に釣れるため、人気の釣りとなっています。

イイダコは貝や甲殻類を捕食するため、貝を模した白い疑似餌やタックルを使用して釣り上げることができます。
初心者でも簡単釣れる確率の高い、おすすめの釣りです。

イイダコの生態

イイダコは日本各地に分布しており、特に沿岸部に多く生息しています。
夜行性であり、日中は岩陰や砂泥底など身を隠せるところに潜んでいます。
しかし日中でもエサとなる貝や甲殻類が近づいてくると捕食するため、日中でもイイダコが動く姿を見ることはできます。

イイダコ釣りにおすすめの時期

イイダコの釣りにおすすめの時期は9月~12月にかけてです。
この時期は産卵期の前状態となり、より浅瀬に近づいてくるようになります。
そのため岸からでも釣りやすく、狙いやすくなります。

味としても産卵期のイイダコは身が締まっており美味しいといわれているため、秋から冬にかけてがおすすめです。

イイダコ釣りにおすすめの時間帯

イイダコは夜行性のため、動きがあるのは夜になります。
そのため日の出・日の入りの前後を含む夜釣りがおすすめです。

夜間のみならず、昼間でも釣ることが可能です。
潜んでいる岩場の影などを狙うと釣れることがあります。

イイダコにはどんな釣り方がある?

イイダコの釣り方について、テンヤ釣りとスッテ釣りの2つを紹介します。

イイダコの釣り方1:テンヤ釣り

テンヤ釣りとは、オモリと針が一体となった仕掛けを使用した釣り方法になります。
テンヤは専門性が高く、タコ専用のものはタコテンヤと呼ばれます。

オモリはイイダコの主食である貝類に似た白い色を使用します。
ラッキョウでも代用可能でよく利用されます。

オモリを海の底まで沈めた後、ゆっくり小刻みに動かしてイイダコを誘い出します。
激しく動かすと警戒されてしまうため、オモリだけを動かすようなイメージでやるとヒットしやすいです。
イイダコが抱き着いてきたら、一気にリールを巻いて釣り上げます。

イイダコの釣り方2:スッテ釣り

スッテはイカ釣りで使われる疑似餌ですが、イイダコ釣りにも流用できます。
中通しオモリと一緒に5~6㎝程のスッテをつけて、底を探るように揺らしていくと掛かりやすいです。

スッテは様々なカラーがありますが、紅白のものを使用するとイイダコの好物である貝類や甲殻類と間違えて反応しやすいようです。
テンヤよりもアピール力は大きく、また針が細くついているため、少し触れただけでも掛かりやすいのが特徴となります。

スポンサーリンク

イイダコ釣りのロッドの選び方

タコGUN GUNセット2 180cm リール付 (糸付) タコ釣り タコロッド 蛸 釣竿 たこ専用ロッド タコジグ用タコテンヤ用

イイダコ釣りのロッドの選び方を紹介します。

釣り方に合わせた長さを選ぶ

イイダコは船釣りと陸からの釣りを楽しむことができます。

船釣りでは上から直接狙えるため、それほど長いロッドは必要ありません。
150㎝から170㎝程の長さのものを選びましょう。

逆に陸(おかっぱり)から釣る場合は遠投する必要があるので、200㎝から230㎝程度のものを選ぶと釣りやすくなります。

先調子のロッドを選ぶ

イイダコ釣りで重要なのはロッドの調子です。
7:3や8:2などのサオ先近くが軟らかく曲がりやすい先調子のロッドを選びましょう。
先調子のロッドだと、仕掛けのテンヤやスッテが動かしやすくなり、イイダコを誘い出しやすくなります。

また、イイダコは魚のようにつついてくるのではなく、仕掛けにのっかってくるため、やわらかい方がアタリが分かりやすくなります。

価格帯で選ぶ

イイダコは高いロッドでなければ釣れないというわけではありません。
イイダコ釣りを試してみたいという方は、1万円以下の格安のロッドでも手軽に楽しめます。

キス竿やフグ竿もイイダコ釣りには使用できるため、自分が扱いやすいのであればそちらを使用しても良いでしょう。
追加で買うのであれば、安いものでもコスパよく釣り上げられます。

人気メーカーから選ぶという手も

ロッドを決めかねている方は、有名な人気メーカーからロッドを選んでも良いでしょう。

ダイワやシマノなどの有名メーカーではイイダコ専用のロッドはでていませんが、サオ先近くが軟らかく曲がりやすい先調子のロッドはあります。
現在所持している釣り竿と同じラインで揃えると使い勝手が良くなります。

スポンサーリンク

【コスパ最強】イイダコ用ロッドおすすめ6選!

ダイワ(DAIWA) エギングロッド リバティークラブエギング 862M 釣り竿

ここではイイダコ用ロッドを初心者用と上級者用に分けておすすめします。
通販で買えるものばかりですので参考にしてください。

初心者向けのイイダコ用ロッド3選

初心者でも扱いやすいイイダコ用ロッドを紹介します。

【PRO MARINE】パワフルテトラDX 150

全長150㎝の船釣りやテトラポットなどの上から狙うのに特化したロッドです。
感度がよく、イイダコが絡みつく重さも感じやすいため初心者でも釣り上げやすくなっています。
低価格なのでまずは試してみたいという人にもおすすめです。

【プロトラスト】タコGUN GUNセット2 180cm リール付 (糸付)

タコ釣り用のロッドです。
投げ釣りには使用できませんが、船や防波堤から使用することができます
張り付いているイイダコをはがせるパワーがあります。

【ダイワ】リバティークラブ エギング 862M

元々はアオリイカやスミイカを釣り上げるロッドですが、イイダコも釣り上げることができます。
飛距離が出るのでサーフから狙うのに適しています
固めのロッドなので、やや重めのテンヤを使用してもブレずに楽しめます。

上級者向けのイイダコ用ロッド3選

上級者向けのイイダコ用ロッドを紹介します。

【シマノ】ベイゲーム X

タコ用ロッドです。
グラスソリッドを採用しており、さわりやモタレを繊細に察知することができます。
マダコを釣り上げられるロッドなので、パワーは十分。

【ダイワ】ワンフグ X 180

フグ竿ですが、イイダコ釣りに使用できます。
フグ用の軽いオモリを想定しているため、重めのテンヤは使いづらいかもしれませんが、8:2の先調子でアタリが分かりやすい仕様になっています。

【アルファタックル】海人 カットウフグ 150

こちらもフグ用のロッドになります。
上記で紹介したものよりもさらにやわらかい9:1の極先調子です。
アタリを見逃さずにイイダコを引き上げることが可能です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめイイダコ用ロッド3選!

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 ベイゲーム X タコエギ 175

2020年以降に発売された新作のイイダコ用ロッドを紹介します。
2021年シーズンに向けて、ぜひ参考にしてみてください。

【Goture】Warrior コンパクト

長めの竿なので、陸からの釣りに向いています
コンパクトとの名の通り、携帯用袋に入るほど小さくなるので持ち運びに便利です。

【ベイシックジャパン】タコVX2150 & タコ両軸リール PEライン付き

波止場・船両方で使えるタコ用ロッドです。
硬めのロッドなのでボトムの感覚や衝撃が手に伝わりやすくなっています。

【ダイワ】アナリスター エギタコ

ダイワのアナリスターエギダコはエギでタコを釣りために開発されたロッドです。
2021年に新モデルとして1.75mの長さのモデルが追加されました。

ロッドの感度が高く、イイダコ特有の小さな乗りの感覚を掴むことができるロッドです。

スポンサーリンク

おすすめのイイダコ用ロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) 船竿 ワンフグ X 180 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】イイダコ釣りにおすすめのロッド9選!選び方やコスパ最強商品をご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもイイダコ釣りってどんな釣り?
  • イイダコ釣りのロッドの選び方
  • 【コスパ最強】イイダコ用ロッドおすすめ6選!
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめイイダコ用ロッド3選!

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド16選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】シマノのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
シマノのエギングロッドは、エギング初心者から上級者までに支持される人気の製品です。今回、釣りラボでは、シマノのエギングロ…
【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッド…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド11選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ11選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン