【2021年】シマノのショアジギングロッドおすすめ11選!特徴や選び方も解説

近年、ショアジギングは身近なフィールドで手軽に大物が狙えるので大人気!専用ロッドも多く販売されていますが、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。今回、釣りラボでは、釣り具で人気のシマノに注目し、おすすめショアジギングロッドを紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもショアジギングとは?

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス ショアジギング S100M

ショアジギングとは、岸からメタルジグを遠投して行うシンプルな釣り方です。

ショアジギングはどんな釣り?

ショアジギングは、近年大人気の釣り手法です。

元々は、船上で深場の大青物などを釣る「ジギング」という名前でした。
そこから、釣り場が船上から岸(ショア)に変わり、メタルジグなどのルアーを用いて魚を狙うショアジギングに派生しました。
小魚を捕食する魚であれば釣れる魚は様々で、多くの魚と出会えます。

ショアジギングロッドの特徴は?

ショアジギングロッドは、耐久性と遠投性に優れているのが特徴です。
先に説明した通り釣れる魚は様々なため、大物をターゲットにできるよう魚に負けないパワーを有しています。

スポンサーリンク

ショアジギングロッドの選び方とは?

シマノ(SHIMANO) ショアジギングロッド コルトスナイパー BB S1000MH サーフ 防波堤 磯

ショアジギングロッドは、硬く長いものは扱いが難しいため、初心者の場合は少し短いものを選ぶと操作しやすいです。
店頭で実際に持って確かめると、自分に合うショアジギングロッドを見つけやすいです。

ロッドの長さで選ぶ

メタルジグを遠投するためには、ロッドの長さが必要です。
ショアジギングロッドは、基本的には9フィート前後がおススメです。
極端に短すぎると飛距離が出づらく、長すぎると今度は重くなり振り回し続けるのが困難になります。

ロッドの硬さで選ぶ

ショアジギングロッドの硬さ表記ですが、L(ライト)→M(ミディアム)→H(ヘビー)の3つを基本として「柔らかい→普通→硬い」となります。
硬い=重さにも繋がり、H(ヘビー)の方が重くなるため自身の体力を考えながら選ぶことも大切です。
また、使うメタルジグによっても硬さが変わるため、使用したいメタルジグの重さもチェックしてみてください。

ロッドが扱えるルアーの重量で選ぶ

ルアー(メタルジグ)の重量からショアジギングロッドを選ぶ場合は、30g前後=硬さL、60g前後=硬さM、80g前後=硬さHをもとにロッドを選んでください。
軽いメタルジグは、潮の流れが穏やかな場所で小型の魚が釣れるなど手軽にショアジギングを楽しめます。
重いメタルジグは反対に、潮の流れが速く中型以上の魚が期待できます。

力があまり強くない方や初心者の方、女性の方はまずは30g前後のメタルジグを使用し、慣れてきてから徐々にサイズをUPするという方法が良いと思います。

ショアジギングロッドに合わせるリールの番手で選ぶ

リールの番手とは、大きさ(サイズ)・糸巻量のことで、リールに記載されています。
番手の数字が大きくなると、その分サイズもUPします。

2500~7000番程度がショアジギングロッドで一般的に使用する番手です。
ダイワ、シマノではサイズが異なりますので、ロッドと自身の好みに合わせてお選びください。
スピニングリールとベイトリールでも番手に違いがありますので、店頭で実際に確認して購入することをお勧めします。

また、どの魚を狙うのかによっても選ぶことができます。
小型の魚を狙う場合、3500番手あたりだと軽量のため疲れにくく比較的に扱いやすいです。
ブリなどの大型を狙う場合は4500番手あたりがパワーがあり人気です。

オフショアジギング、ライトジギングともに、船の上での釣りで海水にさらされやすいことを考慮して選ぶことも大切です。
価格は上がりますが防水性、耐久性が高いものもありますのでおススメです。

メーカーで選ぶ

ロッドはメーカーによっても様々な違いがあり、それぞれの良さがあります
特性を理解し、自分に合ったものを購入すると更にジギングが楽しめます。

今回は、大手メーカー「ダイワ」と「シマノ」の特徴を載せていきます。

ダイワの特徴は、用途に合わせたロッドが多数開発されていることです。
強度や耐久性、リールのゆるみ防止などショアジギングならではの部分を強化し、独自の製品を作り上げています。
追及し開発されたものですが、価格は手に取りやすいものから揃えており初心者も購入しやすいメーカーです。

シマノの特徴は、自転車メーカーとしても有名な点で、高性能なギアを開発していることから特にリールが特化しています。
ギアの技術を活かし、巻き心地がとても優れているため「釣る楽しさ」をより感じることができます。

ロッドの構造は「軽さ」を意識して開発されています。
先にも記載しましたが、体力にあまり自信ない方や女性にもおススメです。

スポンサーリンク

【シマノ】ショアジギングロッドのおすすめ8選!

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96MH ショアキャスティング スタンダード 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯 沖磯

これまで、様々なパーツからロッドを選ぶ際の基準を記載してきましたが、ここからはおすすめを紹介していきます。
どこから、何を狙うのかによっても変わってくるため、まずはそこをハッキリすると決めやすくなります。

どこからを決めることにより、ピースをどうするかも絞れてきます。
持ち運びが便利な2ピースや3ピースも耐久性では1ピースに劣るため、使用範囲が決まってきます。
同じく振出(テレスコ)も持ち運びに便利な一方、2ピースや3ピースに劣ってしまう点もあります。

また、ベイトリールにするのか、スピニングリールにするのかも、そもそもロッドが変わってくるため決めておくと良いです。

【初心者におすすめ】ショアジギングロッド2選

まずは、初心者におすすめのショアジギングロッドをご紹介します。

【シマノ】ソルティーアドバンス ショアジギング S100M

価格も手頃ですが、軽い設計のため初心者が持つ初めの1本にはピッタリです。
女性の方でも楽しむことができる商品の一つです。

【シマノ】コルトスナイパーBB S1000MH

ショアジギングで必要となる遠投性、パワーを備えています。
女性も扱える重さなので初心者にもおすすめです。

【人気おすすめ】ショアジギングロッド6選

続いて、定番人気のシマノのショアジギングロッドを6つご紹介します。

【シマノ】ロッド 20 コルトスナイパー XR S96MH

独自のテクノロジーを駆使し、高強度を実現しています。
様々な場所で使用でき、バランスの良い商品となっております。

【シマノ】コルトスナイパー SS S100H

必要な要素がしっかり備わっているため、船の上や岸など様々な場所で使用できます。
「ハイパワーX」を使用した2ピース設計で、安定した強度と曲がりを実現しています。

【シマノ】コルトスナイパー エクスチューン S100XH

シマノの技術を盛り込んだ、大物狙いにはピッタリの商品です。
パワーがあるため当然重く、慣れた方や力に自信のある方にお勧めです。

【シマノ】モバイルロッド 20 ルアーマチック

軽量に優れており安価なため、最初の1本におススメです。
コンパクトに収納でき、移動手段に困りません。

【シマノ】ソルティアドバンス ショアジギング S906MH

こちらも大物狙いに適している商品です。
専用設計となっており、狙いたい魚に合わせて購入することができます。

【シマノ】ネッサ BB S1102MMH

大物狙い用として遠投性を追求した商品です。
3ピースを採用していますが、シマノ独自技術の「ハイパワーX」を搭載することにより強化しています。

スポンサーリンク

【2021年最新】おすすめのシマノのショアジギングロッド3選

シマノ(SHIMANO) ロッド コルトスナイパー SS S100H 本格的ショアジギング 地磯 沖磯 沖堤 青物(〜10kg)

最後に、2021年シーズンに向けて、2020年以降に発売された最新のシマノのショアジギングロッドを2つご紹介します。

【シマノ】シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S106M

2020年以降に発売されたものです。
軽量化に成功するも、失われがちな高い強化を維持することに成功しています。
柔軟性を備えるため、2ピース設計を採用し、「ハイパワーX」により強化しています。

【シマノ】振出 ロッド フリーゲーム

2020年以降に発売されたものです。
これまでの振出のような不自然さをなくすことに成功しています。
2ピースのような自然な曲がりを実現しています。
様々なシーンで活躍でき、どこにでも携帯していきたい商品です。

【シマノ】コルトスナイパー SS S100M-T

こちらは2021年にシマノから発売されたショアジギングロッドになります。
大型の青物を想定したロッドとなっており、防波堤やサーフ、磯など幅広いフィールドで活躍することでしょう。

遠投性能や操作性能も従来のモデルに比べ格段に上がっています。
大型の青物とのパワーファイトでは魚に主導権を握らせないほどスムーズなファイトを可能にしてくれます。

スポンサーリンク

シマノおすすめショアジギングロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ショアジギング 19 コルトスナイパー エクスチューン S100XH 大型青物 マグロ エクストラヘビーロッド

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】シマノのショアジギングロッドおすすめ11選!特徴や選び方も解説」というテーマに沿って、

  • そもそもショアジギングとは?
  • ショアジギングロッドの選び方とは?
  • 【シマノ】ショアジギングロッドのおすすめ8選!
  • 【2021年最新】おすすめのシマノのショアジギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シマノのショアジギングロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】オフショアジギングロッドおすすめ13選!初心者〜上級者向け人気商品をご紹介
オフショアジギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、オフショアジギングロッドの…
【2021年】スーパーライトショアジギングロッドおすすめ10選!代用ロッドもご紹介
スーパーライトショアジギング(SLS)では、初心者でもショアから気軽にジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは…
【2021年】ハイエンドのショアジギングロッドおすすめ人気8選!上級者向け製品をご紹介
ショアジギングに慣れてきたら、ハイエンドの高級ロッドを使ってみるのも良いかもしれません。今回、釣りラボでは、上級者向けに…
【2021年】ショアジギングロッドおすすめ人気14選!ダイワ・シマノのコスパ最強商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン