【ミノカサゴの基本知識】絶品レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、ミノカサゴの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

ミノカサゴとは?その特徴・生態をご紹介

ミノカサゴ

出典:写真AC

ミノカサゴは体長25cmほどの海水魚で、左右に広がった胸ビレと長い背ビレが特徴です。
胸ビレ・背ビレ・尻ビレに毒を持っていて、素手で触れると大変危険です。

ミノカサゴは夜行性で、昼は岩場の隙間などに身を潜めています。

食欲が旺盛で、貝や甲殻類、他の魚類を捕食します。
天敵はなく、繁殖力も高いため数が増えて、生態系に与える影響が問題になっている場所もあります。

左右の胸ビレをヒラヒラと動かしながら泳ぐ姿は優雅ですが、好奇心が高く攻撃的な性格をしています。
ダイバーにしつこくつきまとわれると、怒って逆に追いかけてくることもあります。
過剰な刺激を与えることは控えましょう。

ミノカサゴの繁殖期は8月です。
孵化した稚魚は成魚とほとんど同じ姿をしていますが、体が透き通っていて美しいのでダイバーに人気があります。

ミノカサゴは観賞用のペットとして飼育することができます。
海水魚の中では飼育が容易で、病気にもかかりづらいため、初心者にもおすすめの魚です。
体が小さいので小さい水槽での飼育も可能ですが、ヒレを広げて泳ぐ姿を楽しむためには90cm以上の大きな水槽が推奨されます。

ミノカサゴのヒレにある毒針に刺されると、患部が腫れ上がり激痛が走ります。
人によっては吐き気やめまいを起こすこともあります。

もし刺されてしまったら、

  • 真水で洗い、可能な限り毒を絞り出す。
  • 45℃程度の湯に患部を浸して、痛みを和らげる。
  • なるべく早く病院へ行って処置を受ける

などの対処をしてください。

ミノカサゴの呼び方

ここではミノカサゴの呼び方についてまとめました。

漢字名

ミノカサゴは漢字で「蓑笠子」と書きます。
特徴的なヒレが蓑や笠のようにも見えることが由来です。

別称・別名

ミノカサゴの別名は、地域によって様々です。

  • ヤマノカミ
  • ナヌカバシリ(広島)
  • マテシバシ(三重)

などがあります。

水中を優雅に泳ぐ姿から、「海の貴婦人」と呼ばれることもあります。

英語・外国名

ミノカサゴは英語では「Luna lionfish」といいます。
lionfishはミノカサゴの仲間のことです。

学名

ミノカサゴの学名は「Pterois lunulata」です。
Pteroisはミノカサゴ類という分類をさします。

種類

日本国内で見られるミノカサゴ属の魚は、

  • ミノカサゴ
  • ハナミノカサゴ
  • ネッタイミノカサゴ
  • キミオコゼ

の4種類です。
中でも、ミノカサゴとハナミノカサゴはよく似ていて、見分けるのが困難です。

生息地

ミノカサゴは太平洋からインド洋にかけての暖かい地域の浅い岩礁やサンゴ礁に生息しています。
日本国内では、北海道南部より南の岩の多い沿岸で見ることができます。

ミノカサゴに出会うことができる水族館は、

  • 美ら海水族館(沖縄県本部町)
  • 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)
  • 浅虫水族館(青森県青森市)

などです。

値段・相場価格

水揚げされる量が少なく、一般に出回ることはほとんどありません。
そのため非常に安価で、地魚を扱うスーパーなどで、1パック100円から350円程度で販売されていることがあります。

スポンサーリンク

ミノカサゴを使った料理・食べ方

ミノカサゴ

出典:写真AC

ここでは、絶品だと評判のミノカサゴを使った料理や食べ方をご紹介します。

どんな味がするの?毒があるって本当?

ミノカサゴは脂の少ないあっさりした白身の魚です。
肉質は柔らかく、水分が多いのが特徴です。

胸・背中・尻尾のヒレには毒があるので調理する際には取り除くようにしてください。

栄養素・カロリー

ミノカサゴのカロリーは100gあたり80kcalです。
ほとんどがタンパク質で、脂質は少なく糖質はほとんど含まれていません。

旬な時期・季節

ミノカサゴの旬は、春の終わり頃から秋にかけてです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

ここではミノカサゴのレシピやおすすめの調理法をご紹介します。

刺身

毒針のあるヒレを切り落とし、3枚におろして食べやすい大きさに切ります。
軽く炙って食べるのもおすすめです。

魚には寄生虫が付いていることがあるので、

  • 目視で確認する
  • 内臓を生で食べない
  • 冷凍処理して寄生虫を死滅させる

などの対策をとって食中毒を防いでください。

また、ミノカサゴのヒレには毒がありますので、取り外す際には十分に注意してください。

唐揚げ

まず毒のあるヒレを切り落とします。
鱗を落として内臓を取ったら、下味をつけて丸ごと唐揚げにします。

煮付け

こちらは、だし汁・醤油・酒・みりんを使ったシンプルな煮つけのレシピです。

ミノカサゴの煮つけ✿ by フシッチェ
クセがなく煮つけにすると旨みアップ♥ 簡単に和みの味が仕上がります。 …

しゃぶしゃぶ

刺身にする要領で3枚におろしたら薄くスライスして、しゃぶしゃぶにします。
あっさりしたミノカサゴの味に合わせてポン酢で食べるのがおすすめです。

ミノカサゴを楽しめる人気のお店・レストラン

伊豆にある、地魚が食べられる食堂です。

伊豆の旅③ みなと食堂で昼食を・・・(^0^)(デラホーヤ)-福浦漁港 みなと食堂
伊豆の旅③ みなと食堂で昼食を・・・(^0^)…
スポンサーリンク

ミノカサゴにおすすめの釣り方・仕掛け

ミノカサゴ

出典:写真AC

ミノカサゴを釣るには、穴釣りがおすすめです。
ミノカサゴを狙って釣るのは難しいですが、穴釣りは高級なタックルや難しいテクニックが不要で、初心者にも楽しめる方法です。

穴釣りでは、ブラクリというオモリと針が一緒になった仕掛けを使って、岩場やテトラポットなどの障害物の間にいるメバルやカサゴといった魚を釣り上げます。
ブラクリはロストに備えて多めに用意しておきましょう。

また、ミノカサゴはヒレに毒を持っているため素手で持ってはいけません。
メゴチバサミを準備しておきましょう。

釣竿・ロッド

長さが1.2m~1.5m程の短めのロットが適しています。
アタリが分かりやすい穂先が柔らかいものがよいでしょう。

【OGK】万能先調子 BSC130M

初めての穴釣りにおすすめの釣竿です。
先端が白く着色されていてアタリが分かりやすくなっています。

リール

スピニングリールでも両軸リールでも小型のものであれば使用できます。
価格は安いもので構いません。

【シマノ】ベイトリール クラブデミ 10RL

穴釣りに適した小型のベイトリールです。
素早く巻き上げることが可能で、かかった魚を逃しません。

ルアー・ワーム

穴釣りではエサを使うことが多いですが、ワームでもよく釣れます。
ターゲットの大きさに合わせた小さめのものがおすすめです。

【マルキュー】パワーイソメ(中)

穴釣りで人気のあるパワーイソメです。
フルーティーな香りが付けられていて扱いやすいワームです。

釣り餌

虫エサやイカの切り身も使いますが、よく釣れると言われているのはオキアミです。

【ヒロキュー】PRO真空オキアミ

持ち運びしやすい真空パックされたおきあみです。
ターゲットに合わせて3種類からサイズを選べます。

スポンサーリンク

ミノカサゴの捌き方(さばき方)

ミノカサゴ

出典:写真AC

ミノカサゴの捌き方の手順は、

  1. 毒針に注意してヒレを全て切り取る
  2. 鱗を落とす
  3. 内臓を取りだす
  4. 3枚におろす

です。
ヒレはキッチンバサミを使うと切りやすいです。

こちらの動画ではミノカサゴの捌き方を丁寧に解説してくれています。

【三枚おろし】魚屋が「蓑笠子」をさばく動画。隔週水曜日に配信。
スポンサーリンク

ミノカサゴの基本情報まとめ

ミノカサゴ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【ミノカサゴの基本知識】絶品レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!」というテーマに沿って、「ミノカサゴとは?その特徴・生態をご紹介」「ミノカサゴを使った料理・食べ方」「ミノカサゴにおすすめの釣り方・仕掛け」「ミノカサゴの捌き方(さばき方)」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

穴釣りのやり方を徹底解説!おすすめのロッド・リール・仕掛け・餌もご紹介
穴釣りはテトラポットの隙間に仕掛けを落として魚を釣る釣り方で、色々な種類の魚が釣れることから人気の釣り方の一つです。今回…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
釣り針の種類と選び方を徹底解説!おすすめ5選や自作方法、結び方もご紹介
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン