【初心者必見】釣り糸の結び方を徹底解説|簡単・最強の基本ノットをご紹介

釣り糸の結び方には、実に様々な種類があり、それぞれ異なる特徴(強度・難易度)を持ちます。今回、釣りラボでは、釣り糸の結び方について絶対に覚えておくべき必須の基本ノットを全てご紹介。また、簡単かつ最強の結び方もご紹介します。ぜひご覧ください。

初心者
スポンサーリンク

釣り糸の結び方・基本ノットをご紹介【初心者必見】

釣り糸

出典:写真AC

今回は、釣りを始めたばかりの初心者が最初に直面する壁と言っても良い、「ノット(結び方)」について解説していきます。

自分がやろうとしている釣り方によって、当然タックルは変わってきますので、これから紹介するノットすべてを習得しなければならないということはありませんが、中にはいくつか「必修課題」のノットがあります。

こうした「必修課題」のノットは、釣りのシーンだけでなく、日常生活でも必ず役に立つものですので、完璧に習得したいものです。

自分で練習する際は、太い紐のようなものを使うとやりやすく、頭での理解もしやすいと思います。
何度も何度も練習して、身体で覚えましょう。

ルアー・フック・オモリ・サルカン・スナップの結び方

ノットとは、結ぶ対象物の材質、結ぶ糸の太さ、要求される締結強度などにより様々なものがあります。

また、「より簡単で、より強度の高いノット」が日々開発され、ネット上で手順動画などが紹介されていますので、一度ご覧になることをおすすめ致します。

なお、実際に結ぶ時は、締め付けを確実に行ってください。
締め付けが甘いと本来の強度が発揮できません。

また、締め付ける際の摩擦熱にも十分注意してください。
熱でラインの強度が著しく低下します。

とくにPEラインとショックリーダーの締め付けの際は、結び目を水や唾液で湿らせてから締め付けるようにしましょう。

パロマーノット

パロマーノットは、ルアーのアイにリーダーを締結する際に使われるノットです。

ルアーフィッシングをやるなら是非覚えておくべき必修課題のノットで、簡単で非常に強度があるノットです。

太いリーダーの場合は結び目が固くなり、結びづらくなるのが難点ですが、太いリーダーになればなるほど使いたいノットです。

ビッグベイトを使うヘビーなジギングにも対応でき、ヒラマサ、ワラサ、ギンガメアジなど、大物を狙うなら必須です。

パロマーノット(田辺 哲男)

クリンチノット

クリンチノットは、リーダーどルアーアイを結ぶ、リーダーとスナップを結ぶ、道糸とサルカンを結ぶなど、使う場面が大変多い必修課題のノットです。

金具にラインを結ぶ際に、金具のリング部分にラインを1回通して結ぶものをクリンチノット、2回通して結ぶものをダブルクリンチノットといいます。
ダブルクリンチノットの方が当然強度は高いです。

非常に汎用性が高く、ハゼなどの小物釣りからソウダやイナダなどのライトジギングまで、幅広く対応できます。

VARIVAS TV 「ダブルクリンチノット」

完全結び(漁師結び)

ここで言う完全結び(漁師結び)とは、針とハリスを結ぶ漁師結び(とっくり結び)とは違うので注意してください。

リング金具とラインを結ぶ、非常に簡単で強度の高いノットです。
ラインが太いと結び目もかなり太くなり、締め込みが大変なのが難点です。

必ずラインを濡らしながら締め込みましょう。

完全結びは必修課題ではありませんが、細いラインを使用する際には簡単に強度を上げられるので、覚えておきましょう。

【簡単解説】漁師結び(完全結び)の結び方【最強】

ユニノット

釣りは「フナに始まりフナに終わる」と言われることがありますが、ノットはまさに「ユニノットに始まりユニノットに終わる」とも言えます。

釣りをはじめたばかりの人間が最初に覚えるべき、基本のキと言えるノットで、これができなければ何もはじまらないと言える必修課題です。

一度コツを覚えれば、日常生活の様々な場面で役に立ちます。
締め付ける際は、結び目を濡らしてから締め込みましょう。

エギング入門者の方に!釣りの基本 – 糸とスナップの結び方【ユニノット】

ライン同士の結び方|道糸・リーダー

金具との締結よりも、ライン同士の結束はより気を使わなければなりません。
締結したいラインの材質により、ノットを使い分ける必要があります。

また、キャスト時に結び目がガイドに触れてパワーロスになってしまわないよう、できるだけ結び目を小さくするなどの配慮が必要です。

あまりに太さが違うものを締結すると、結束強度が著しく低下するので、太さはなるべく揃えることをおすすめします。

FGノット

結節強度が低いPEラインと、フロロカーボンやナイロンのョックリーダーを締結するには、「摩擦系」と呼ばれるノットが必須になります。
このFGノットは、摩擦系ノットの代表格で、リーダー本線に、PEラインを編み込むように巻きつけて行くノットです。

正しく締結できていれば強度は高く、大物にも対応できるノットです。

逆に、きつく、密に巻けていないと強度が出ないため、何度も何度も練習しましょう。
FGノットをやりやすくするためのアシスト工具も売っていますので、なれないうちは使ってみるのも手です。

[初心者オススメ] 素早く簡単最強ノット!【堀田式FGノット】※公式最新版

>>>こちらの記事も読まれています
FGノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

SCノット

FGノットと同じく、PEラインとショックリーダーを締結するための摩擦系ノットです。

PEラインをダブルラインにして、リーダー本線にぐるぐる巻きにして摩擦力を高めて行きます。
練習し、一度慣れてしまえば、FGノットより強度があり、手順も簡単です。

失敗もFGノットより少ないでしょう。

こちらも締め込むときに結び目が重なり、ダンゴにならないよう、気をつけながら締め込みましょう。

【Fishing Knot】2020BRAID TO MONO・SC Knot

>>>こちらの記事も読まれています
SCノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

電車結び

ナイロン同士、フロロカーボン同士、ナイロンとフロロカーボンを締結するときにおすすめの電車結びは、一昔前までは、釣りをするなら必ず覚えなければならないノットでした。

しかし、近年は、強度の高いノットが続々と開発され、それに伴い、重要性が低下してきています。

締結強度はあまり高くないので、PEラインとリーダーの締結には使えません。

エギング入門者の方に!道糸とリーダーの結び方【電車結び】 YAMASHITA

>>>こちらの記事も読まれています
電車結びの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】|巻き回数

ファイヤーノット

エギングのシーンで使われることが多いファイヤーノットの最大の特徴は、結び目が小さく仕上げられることです。
摩擦系ノットの中では最も簡単な部類になります。

2つ折りにしたショックリーダーの輪に、PEラインを巻きつけて締め込むという、手順さえ覚えてしまえば現場でも素早く結べます。

ただし、締め込む際は注意深く、結び目を濡らしながら少しずつ行いましょう。
太目のラインより細目のライン同士の結束に向いています。

ファイアーノット・釣り場で簡単に結べる

エイトノット

もともと登山のロープワークとして、クライミングや沢登りなどの際にハーネスとロープを締結するなど、人の安全を確保するために必須のノットです。

釣りのシーンでは、メインラインとショックリーダーを重ねて輪を作り一回ひねって8の字形状にしたモノを、左右に締め込むだけのノットですが、意外なほど強度があり、結び目もとても小さくできます。

エイトノットには派生系がたくさんあります。
トリプルエイトノットやノーネームノットの原形となるエイトノットは是非覚えましょう。

リーダーとメインラインの直結「エイトノット」

>>>こちらの記事も読まれています
エイトノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】

針との結び方

針は魚と直接コンタクトする唯一パーツです。
その針はハリスで結ばれているだけです。

せっかくフッキングに成功しても、ランディングさせるまでの間で針からハリスが外れてしまったらすべてが台無しになってしまいます。

針とハリスの結び方はさして多くはありません。
自分が完璧に結べる方法をひとつ習得しましょう。

外掛け結び

針の胴の部分にハリスで輪を作り、針の胴からチモトに向かって5回〜7回ほど巻き上げたあと、ハリスの端の部分を胴の下にある輪に通し、ハリスを締め込みます。

必ずハリスの本線(道糸に繋がる線)が、針の内側から出るように位置を調整してから締め込みます。

外掛け結び

内掛け結び

針の胴に沿ってハリスで大きな輪を作り、チモト側から腰(針の軸の曲がりはじめ部分)に向かって輪と針の軸をハリスの端糸を5回〜7回ほどくぐらせ、ハリスを締め込みます。

内掛け結びは別名本結びとも呼ばれます。
外掛け結びと比較すると、強度は内掛け結びの方が強いですが、結びやすいのは外掛け結びです。

内掛け結び
スポンサーリンク

釣りで最強の結び方はどれ?

釣り糸

出典:写真AC

釣りで最強の結び方はどれ? と聞かれたら、あのノットが強い、いや、このノットの方が強いなど、喧々諤々の議論となるでしょう。

実際に何度も破断試験を行い、平均値を出して検証する動画などもたくさんありますが、本当の強度が分かるのは、ノットが完璧に結ばれ、完璧に締め込まれた、「100点満点の締結」ができたときだけです。

いろんなノットがありますが、あまり難しく考えず、自分が「100点満点」に近い完成度をいつも出せるノットをいくつか持っていることが大切です。

最も簡単な結び方

手順が複雑な結び方が強い結び方とは限りません。

逆に簡単で強度がある結び方はたくさんあります。

しつこいようですが、結びの完成度が一番大事ですので、簡単な結び方の方が習得完成度をを上げやすいのでおすすめです。

ルアー・フック・オモリ・サルカン・スナップの場合

金具とラインの締結の場合は、クリンチノット、ダブルクリンチノットが一番簡単でしょう。

ルアーとリーダー、スナップとリーダーの締結の場合で強度が必要な場合はパロマーノットが良いでしょう。

ライン同士の場合

ライン同士の場合は、エイトノットが簡単で強度があります。
また、一昔前の定番であったブラッドノットも非常に簡単で、太さが同じライン同士ならば今だに強度充分のノットです。

最も強度が強い結び方

締結されていない真っすぐのラインの引張り破断強度を100とした場合、締結後のラインの引張り破断強度は当然低下します。

この、締結後の破断強度が、ライン単体の引張り破断強度に対して90%以上あれば、強い結び方と言えます。

その中でも最近は95%を超えるノットが続々と紹介されています。

ルアー・フック・オモリ・サルカン・スナップの場合

ルアーとスナップ、ルアーアイへの直結などの用途で比較的最近紹介されたノットにイモムシノットというのがあります。
リーダーをひたすらハーフヒッチで10回程度編み上げるノットです。

締結後の結節強度が100%を超えるという実験データも報告されています。
手間はかかりますが手順は非常に簡単で、びっくりするほどの強度に驚くことでしょう。

このノットは、リングにラインを通した際の最初の締め込みが何よりも重要となります。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説

ライン同士の場合

締結後の結節強度98%前後と言われる、非常に強度の高いノットです。

2本のラインで輪を作り、輪の交差部を3回輪に通し、2本のラインが均等に締まるように、ゆっくり、確実に締め込みます。
その後、メインライン側の端糸をハーフヒッチで補強します。

手順自体は非常に簡単で、風があったり、薄暗かったり、コンディションの悪い現場でも難なく組めるラインシステムでしょう。

サージェンスノット+ハーフヒッチノット
スポンサーリンク

釣り糸の結び方まとめ

釣り糸

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【初心者必見】釣り糸の結び方を徹底解説|簡単・最強の基本ノットをご紹介」というテーマに沿って、「釣り糸の結び方・基本ノットをご紹介【初心者必見】」「釣りで最強の結び方はどれ?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【初心者必見】釣り針の結び方を徹底解説|簡単かつ強度が最強の結び方とは
釣り針の結び方には、様々な種類があり、それぞれ異なる特徴があります。今回、釣りラボでは、釣り針の結び方についてそのコツや…
【初心者必見】ルアーの結び方を徹底解説|簡単・最強の基本ノットをご紹介
ルアーとラインの結び方には、実に様々な種類があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。今回、釣りラボでは、ルアーの結び方につい…
FGノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
FGノットは、PEラインとリーダーの結束方法として人気があります。今回、釣りラボでは、FGノットのやり方(堀田式・自動ア…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
エイトノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
エイトノット(八の字結び)は、釣り・登山など様々な場面で活躍する結び方です。今回、釣りラボでは、エイトノットのやり方(ダ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン